研究者
J-GLOBAL ID:200901055443916560   更新日: 2020年08月28日

柿澤 昌

kakizawa sho
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (5件): 体育、身体教育学 ,  神経科学一般 ,  神経科学一般 ,  神経科学一般 ,  薬理学
研究キーワード (32件): 発達期可塑性 ,  FK-506 ,  Elvax ,  テトロドトキシン ,  慢性投与 ,  薬理学 ,  カルシニューリン ,  生後発達 ,  遺伝子導入 ,  カンナビノイド ,  機能分子 ,  シナプス可塑性 ,  成長因子 ,  インタ-ロイキン6 ,  ウィルス ,  生理学 ,  IGF-I ,  脳科学 ,  シグナル伝達 ,  発達 ,  カルシウム ,  イメージング ,  可塑性 ,  脳・神経 ,  活動依存性 ,  一酸化窒素 ,  登上線維 ,  プルキンエ細胞 ,  シナプス ,  小脳 ,  包括脳ネットワーク ,  統合脳・分子脳科学
競争的資金等の研究課題 (25件):
  • 2019 - 2023 活性酸素シグナルの脳機能への正負の作用機構の解明
  • 2019 - 2021 活性酸素シグナルー毒性物質から脳内生理活性物質へのパラダイムシフトー
  • 2015 - 2019 カルシウム放出チャネルのS-ニトロシル化及び酸化修飾を介した小脳機能制御機構
  • 2012 - 2014 内因性チャネルを用いた脳内レドックス環境イメージングと老化・病態脳研究への応用
  • 2014 - リアノジン受容体のS-ニトロシル化を介した神経機能制御機構の解明
全件表示
論文 (58件):
  • Ryosuke Tsumagari, Sho Kakizawa, Sakiko Kikunaga, Yoshitaka Fujihara, Shuji Ueda, Minoru Yamanoue, Naoaki Saito, Masahito Ikawa, Yasuhito Shirai. DGKγ Knock-Out Mice Show Impairments in Cerebellar Motor Coordination, LTD, and the Dendritic Development of Purkinje Cells through the Activation of PKCγ. eneuro. 2020. 7. 2. ENEURO.0319-19.2020
  • Nianchao Qian, Atsuhiko Ichimura, Daisuke Takei, Reiko Sakaguchi, Akihiro Kitani, Ryohei Nagaoka, Masato Tomizawa, Yuu Miyazaki, Hitoshi Miyachi, Tomohiro Numata, et al. TRPM7 channels mediate spontaneous Ca2+ fluctuations in growth plate chondrocytes that promote bone development. Science signaling. 2019. 12. 576. eaaw4847
  • 柿澤 昌. 脳におけるレドックスシグナルの生理的役割:シナプス可塑性・脳機能への関与. 日本薬理学雑誌. 2018. 152. 5. 227-232
  • Sho Kakizawa. [Physiological roles of redox signals in relation to synaptic plasticity and brain functions]. Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica. 2018. 152. 5. 227-232
  • 柿澤 昌. ホスホチロシンアダプターShcの脳における機能的役割. 日本薬理学雑誌. 2018. 152. 2. 84-89
もっと見る
MISC (60件):
  • 柿澤昌, 岸本泰司, 宮崎太輔, 田中碧, 村山尚, 渡辺雅彦, 飯野正光, 竹島浩. 新規カルシウム放出機構「一酸化窒素依存的カルシウム放出」と小脳依存性運動学習への関与. 日本NO学会学術集会プログラム抄録集. 2015. 15th. 52
  • Sho Kakizawa, Yasushi Kishimoto, Taisuke Miyazaki, Midori Tanaka, Takashi Murayama, Masahiko Watanabe, Masamitsu Iino, Hiroshi Takeshima. Involvement of Nitric oxide-induced calcium release in extinction of cerebellum-dependent motor learning. JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES. 2014. 124. 100P-100P
  • Yoshinori Mikami, Kazunori Kanemaru, Yasuhiro Oda, Akihiro Ito, Sho Kakizawa, Toshiko Yamazawa, Nobuhito Saito, Masamitsu Iino. Induction of neuronal cell death through S-nitrosylation of the type 1 ryanodine receptor. JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES. 2014. 124. 152P-152P
  • 柿澤昌, 岸本泰司, 山本伸一郎, 大神和子, 安田邦彦, 堺隆一, 竹島浩, 森望. ホスホチロシンアダプターShcB欠損マウスにおける小脳機能とプルキンエ細胞内カルシウムシグナル系の阻害. 基礎老化研究. 2013. 37. 2. 37-37
  • Sho Kakizawa, Yasushi Kishimoto, Shinichiro Yamamoto, Kazuko Onga, Kunihiko Yasuda, Ryuichi Sakai, Hiroshi Takeshima, Nozomu Mori. Regulation of Intracellular Calcium Store by a Phosphotyrosine Adaptor ShcB in Cerebellar Purkinje Cells. JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES. 2013. 121. 100P-100P
もっと見る
書籍 (16件):
  • 脳内環境辞典「レドックスシグナル」
    メディカルドゥ 2017
  • Essentials of the Cerebellum "Nitric Oxide"
    Springer 2016
  • Aging Mechanisms: Cells, Metabolism, Longevity, and Brain Aging "Critical Roles of Oxidative Signals in Age-Related Decline of Cerebellar Synaptic Plasticity"
    Springer 2015
  • Hormone Handbook "Apelin"
    Elsevier 2015
  • Hormone Handbook "Somatolactin"
    Elsevier 2015
もっと見る
講演・口頭発表等 (45件):
  • Possible Involvement ROS in Physiological Aging through Inhibition of Protein S-nitrosylation of calcium channel
    (The 19th Korea-Japan Joint Symposium for Basic Gerontology 2019)
  • 活性酸素種(ROS)によるS-ニトロシル化阻害を介したマウス小脳の生理的老化
    (第92回日本薬理学会年会シンポジウム 2019)
  • 記憶の維持・消去そして老化-成熟後の神経回路網における機能制御とシグナリング機構.
    (第190回 東京大学生命環境科学系セミナー 2019)
  • 活性酸素シグナルによる小脳シナプス機能制御
    (生理学研究所 研究会「シグナル動態の可視化と操作に基づく多階層機能解析の新展開」 2018)
  • Involvement of ROS/8-nitro-cGMP signals in cerebellar synaptic plasticity in mice
    (第91回日本薬理学会年会・第18 国際薬理学・臨床薬理学会議 2018)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(理学)
経歴 (9件):
  • 2010/04 - 京都大学 薬学研究科生体分子認識学分野 准教授
  • 2008/04 - 2010/03 長崎大学 医歯薬学総合研究科 講師
  • 2007/04 - 2008/03 東京大学 医学系研究科 助教
  • 2000/09 - 2007/03 東京大学 医学系研究科 助手
  • 2000/04 - 2000/08 科学技術振興事業団戦略的基礎研究推進事業 研究員 (脳を知る)
全件表示
所属学会 (7件):
日本解剖学会 ,  北米神経科学会 ,  日本比較内分泌学会 ,  日本薬理学会 ,  Society for Neuroscience ,  日本生理学会 ,  日本神経科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る