研究者
J-GLOBAL ID:200901055443916560   更新日: 2022年07月01日

柿澤 昌

kakizawa sho
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (6件): 生理学 ,  神経機能学 ,  栄養学、健康科学 ,  体育、身体教育学 ,  神経科学一般 ,  薬理学
研究キーワード (46件): 記憶学習 ,  可塑性 ,  シナプス ,  小脳 ,  プルキンエ細胞 ,  平行線維 ,  長期抑圧 (LTD) ,  長期増強 (LTP) ,  カルシウム ,  リアノジン受容体 ,  レドックスシグナル ,  一酸化窒素 ,  活性酸素 ,  抗酸化物質 ,  老化 ,  イメージング ,  電気生理学 ,  パッチクランプ法 ,  登上線維 ,  シナプス除去 ,  グルタミン酸受容体 ,  生後発達 ,  発達期可塑性 ,  活動依存性 ,  慢性投与 ,  Elvax ,  テトロドトキシン ,  成長因子 ,  IGF-I ,  インタ-ロイキン6 ,  カルシニューリン ,  FK-506 ,  カンナビノイド ,  遺伝子導入 ,  ウィルス ,  脳・神経 ,  発達 ,  シグナル伝達 ,  脳科学 ,  生理学 ,  薬理学 ,  統合脳・分子脳科学 ,  包括脳ネットワーク ,  下垂体 ,  ホルモン ,  ソマトラクチン
競争的資金等の研究課題 (29件):
  • 2021 - 2025 運動の学習に伴う脳内誤差信号の情報表現の変容とそれを基盤とした学習指導方法の開発
  • 2021 - 2023 記憶を担う活性酸素種ー連合性検出機としての8-ニトロ-cGMP系の研究ー
  • 2019 - 2023 活性酸素シグナルの脳機能への正負の作用機構の解明
  • 2018 - 2021 活性酸素種の神経活動依存的な産生と記憶学習への関与
  • 2019 - 2021 活性酸素シグナルー毒性物質から脳内生理活性物質へのパラダイムシフトー
全件表示
論文 (63件):
  • Yuu Miyazaki, Atsuhiko Ichimura, Ryo Kitayama, Naoki Okamoto, Tomoki Yasue, Feng Liu, Takaaki Kawabe, Hiroki Nagatomo, Yohei Ueda, Ichiro Yamauchi, et al. C-type natriuretic peptide facilitates autonomic Ca2+ entry in growth plate chondrocytes for stimulating bone growth. eLife. 2022. 11
  • Toshiko Yamazawa, Takuya Kobayashi, Nagomi Kurebayashi, Masato Konishi, Satoru Noguchi, Takayoshi Inoue, Yukiko U. Inoue, Ichizo Nishino, Shuichi Mori, Hiroto Iinuma, et al. A novel RyR1-selective inhibitor prevents and rescues sudden death in mouse models of malignant hyperthermia and heat stroke. Nature Communications. 2021. 12. 1. 4293-4293
  • Ryosuke Tsumagari, Kenta Maruo, Sho Kakizawa, Shuji Ueda, Minoru Yamanoue, Hiromitsu Saito, Noboru Suzuki, Yasuhito Shirai. Precise Regulation of the Basal PKCγ Activity by DGKγ Is Crucial for Motor Coordination. International journal of molecular sciences. 2020. 21. 21
  • Sho Kakizawa, Yasushi Kishimoto, Shinichiro Yamamoto, Kazuko Onga, Kunihiko Yasuda, Yoshiaki Miyamoto, Masahiko Watanabe, Ryuichi Sakai, Nozomu Mori. Functional maintenance of calcium store by ShcB adaptor protein in cerebellar Purkinje cells. Scientific reports. 2020. 10. 1. 14475-14475
  • Ryosuke Tsumagari, Sho Kakizawa, Sakiko Kikunaga, Yoshitaka Fujihara, Shuji Ueda, Minoru Yamanoue, Naoaki Saito, Masahito Ikawa, Yasuhito Shirai. DGKγ Knock-Out Mice Show Impairments in Cerebellar Motor Coordination, LTD, and the Dendritic Development of Purkinje Cells through the Activation of PKCγ. eneuro. 2020. 7. 2. ENEURO.0319-19.2020
もっと見る
MISC (67件):
書籍 (25件):
  • Handbook of Hormones 2nd Ed. "Elabera"
    Elsevier 2021
  • Handbook of Hormones 2nd Ed. "Apelin"
    Elsevier 2021
  • Handbook of Hormones 2nd Ed. "Neurotrophin-3"
    Elsevier 2021
  • Handbook of Hormones 2nd Ed. "Brain-derived neurotrophic factor"
    Elsevier 2021
  • Handbook of Hormones 2nd Ed. "Nerve growth factor"
    Elsevier 2021
もっと見る
講演・口頭発表等 (57件):
  • C型ナトリウム利尿ペプチドは軟骨細胞内Ca2+シグナル経路を活性化し骨伸長を促進する
    (日本薬学会第142年会 2022)
  • 活性酸素の小脳シナプスの老化と可塑性への関与
    (第99回日本生理学会大会 2022)
  • 8-ニトロ-cGMP - ERKシグナル系のマウス小脳長期抑圧への関与
    (第95回日本薬理学会年会 2022)
  • C型ナトリウム利尿ペプチドは成長板軟骨細胞において自発的なCa2+流入を介して骨伸長を促進する
    (第95回日本薬理学会年会 2022)
  • リアノジン受容体のレドックス修飾の運動学習と脳機能老化への関与
    (第64回日本神経化学会大会 2021)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東京大学)
経歴 (9件):
  • 2010/04 - 現在 京都大学 薬学研究科生体分子認識学分野 准教授
  • 2008/04 - 2010/03 長崎大学 医歯薬学総合研究科 講師
  • 2007/04 - 2008/03 東京大学 医学系研究科 助教
  • 2000/09 - 2007/03 東京大学 医学系研究科 助手
  • 2000/04 - 2000/08 科学技術振興事業団戦略的基礎研究推進事業 研究員 (脳を知る)
全件表示
委員歴 (6件):
  • 2021/05 - 現在 日本基礎老化学会 第45回大会プログラム委員長
  • 2021/04 - 現在 日本基礎老化学会 理事、学術交流委員長
  • 2015/04 - 現在 日本基礎老化学会 評議員
  • 2015/03 - 現在 日本生理学会 評議員
  • 2006/04 - 現在 日本薬理学会 学術評議員
全件表示
所属学会 (9件):
日本NO学会 ,  日本基礎老化学会 ,  日本解剖学会 ,  日本薬理学会 ,  日本生理学会 ,  北米神経科学会 ,  Society for Neuroscience ,  日本神経科学会 ,  日本比較内分泌学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る