研究者
J-GLOBAL ID:200901055455434049   更新日: 2022年01月19日

杉本 直己

スギモト ナオキ | Sugimoto Naoki
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (3件):
ホームページURL (2件): http://www.konan-fiber.jp/hp/sugimoto/http://www.konan-fiber.jp
研究分野 (3件): ナノ材料科学 ,  バイオ機能応用、バイオプロセス工学 ,  生体化学
研究キーワード (3件): 生命科学 ,  核酸化学 ,  生命機能工学
競争的資金等の研究課題 (81件):
  • 2018 - 現在 核酸の非二重らせん構造を調節し、がんの発症を制御するのは、カリウムイオンなのか
  • 2017 - 現在 細胞夾雑模倣系の構築と細胞内活性分子設計指針の構築 (計画研究)
  • 2017 - 現在 分子夾雑の生命化学 (総括班)
  • 2018 - 2021 細胞内環境で変化する非二重らせん構造の定量的機能解析と遺伝子発現制御
  • 2020 - イオンチャンネルは核酸の非二重らせん構造の形成と遺伝子発現を制御しているのか
全件表示
論文 (409件):
  • 高橋俊太郎, 杉本 直己. 細胞内での核酸の挙動を明らかにする熱力学的解析. 熱測定. 2022
  • S.Matsumoto, H. Tateishi-Karimata, T. Ohyama, N. Sugimoto. Effect of DNA modifications on the transition bet and non-canoncial DNA stransures in CpG islands during senescence. RSC Adv. 2021. 11. 37205-37217
  • W. Sugimoto, N. Kinoshita, M. Nakata, T. Ohyama, H. Tateishi-Karimata, T. Nishikata, N. Sugimoto, D. Miyoshi, K. Kawauchi. Intramolecular G-quadruplex-hairpin loop structure competition of a GC-rich exon region in the TMPRSS2 gen. Chem. Commun. 2021. 58. 38-51
  • Dipanwita Banerjee, Hisae Tateishi-Karimata, Tatsuya Ohyama, Saptarshi Ghosh, Tamaki Endoh, Shuntaro Takahashi, Naoki Sugimoto. Correction to 'Improved nearest-neighbor parameters for the stability of RNA/DNA hybrids under a physiological condition'. Nucleic acids research. 2021. 49. 18. 10796-10799
  • Shuntaro Takahashi, Anita Kotar, Hisae Tateishi-Karimata, Sudipta Bhowmik, Zi-Fu Wang, Ta-Chau Chang, Shinobu Sato, Shigeori Takenaka, Janez Plavec, Naoki Sugimoto. Chemical Modulation of DNA Replication along G-Quadruplex Based on Topology-Dependent Ligand Binding. Journal of the American Chemical Society. 2021
もっと見る
MISC (379件):
  • 松本咲, 杉本直己. 遺伝子発現における核酸の新機能. CSJカレントレビュー「進化を続ける核酸化学-ゲノム編集、非二重らせん、核酸医薬-」. 2021. 41. 146-154
  • 高橋俊太郎, 杉本直己. 細胞内の核酸物理化学. CSJカレントレビュー「進化を続ける核酸化学-ゲノム編集、非二重らせん、核酸医薬-」. 2021. 41. 14-21
  • 建石寿枝, 杉本直己. Roles of non-canonical structures of nucleic acids in cancer and neurodegenerative diseases. 2021. 49. 14. 7839-7855
  • 三好大輔, 杉本直己. がん関連mRNAと光線力学療法. CSJカレントレビュー「生体分子と疾患」(化学同人). 2021. 39. 75-83
  • Naoki Sugimoto, Tamaki Endoh, Shuntaro Takahashi, Hisae Tateishi-Karimata. Chemical Biology of Double Helical and Non-Double Helical Nucleic Acids: “To B or Not To B, That Is the Question”. Bulletin of the Chemical Society of Japan. 2021. 94. 7. 1970-1998
もっと見る
特許 (25件):
  • 核酸を用いた紫外線吸収剤
  • 核酸合成を促進する化合物を含む組成物およびその利用、並びに当該化合物の製造方法
  • プラセンタを用いた紫外線吸収剤
  • 核酸を用いた紫外線吸収剤
  • ヌクレアーゼ活性の促進法
もっと見る
書籍 (55件):
  • Chemistry and Biology of Non-canonical Nucleic Acids
    WILEY 2021
  • 核酸科学ハンドブック
    講談社 2020
  • 第IV部 生物学的相分離の理論
    相分離生物学の全貌(現代化学増刊46), 東京化学同人 2020
  • Quantitative Analysis of Stall of Replicating DNA Polymerase by G-Quadruplex Formation
    Methods in Molecular Biology (Methods Mol. Biol.)Springer 2019
  • Development and Application of a Highly Efficient Protein Synthesis Technique Using Riboswitches in Microorganisms
    Applied RNA Bioscience (Springer) 2018
もっと見る
講演・口頭発表等 (2,903件):
  • 非天然塩基含有PNAによる三重らせん構造を介したmiRNAの成熟阻害
    (第15回バイオ関連化学シンポジウム)
  • 神経変性疾患に係るリピートRNAとペプチドの相互作用解析
    (第15回バイオ関連化学シンポジウム)
  • トポロジー依存的なリガンド結合でグアニン四重鎖のDNA複製を制御する
    (第15回バイオ関連化学シンポジウム)
  • 細胞夾雑模倣系の構築と細胞内活性分子設計指針の構築(4)
    (分子夾雑の生命科学 第5回領域会議)
  • 脱ワトソン・クリックの核酸化学 (65): ベルベリンによるRNAバルジ構造の認識および安定化の微視的解析
    (日本化学会第101春季年会 2021)
もっと見る
Works (1件):
  • 私の自慢「知の系譜:挑戦するオストワルト・ギブスの末裔たち-物理化学は細胞の中へ,極限状態の生命へ」
    2013 -
学歴 (2件):
  • - 1982 京都大学 化学
  • - 1979 京都大学 化学
学位 (3件):
  • 理学士 (京都大学)
  • 理学修士 (京都大学)
  • 理学博士 (京都大学)
経歴 (9件):
  • 2012/08 - 現在 学校法人 甲南学園 理事
  • 2012/08/01 - 現在 甲南大学 フロンティアサイエンス学部 生命化学科 理事
  • 2009/04/01 - 現在 甲南大学 フロンティアサイエンス学部 生命化学科 教授
  • 2004/04/01 - 現在 甲南大学 先端生命工学研究所 所長
  • 1994/04/01 - 2009/03/31 甲南大学 理学部 教授
全件表示
委員歴 (16件):
  • 2005/04/01 - 現在 社団法人 兵庫工業会 産業学術委員会
  • 2001/03/01 - 現在 日本化学会 生命化学研究会監事
  • 2001/03/01 - 現在 日本化学会 バイオテクノロジー部会幹事
  • 2000/04/01 - 現在 近畿化学協会 研究会運営委員
  • 1992/04/01 - 現在 近畿化学協会 部会幹事
全件表示
受賞 (15件):
  • 2020/03/23 - 公益社団法人日本化学会 第72回日本化学会賞 分子クラウディング環境における非二重らせん核酸の化学
  • 2020/03 - 日本化学会 第72回日本化学会賞
  • 2018/08/28 - IS3NA(International Society for Nucleosides, Nucleotides, and Nucleic Acids) The Imbach-Townsend Award
  • 2016/06/18 - European Chemistry Congress (Euro Chemistry2016) Keynote Lecture賞
  • 2015/10 - 公益財団法人 井植記念会 第39回井植文化賞(科学技術部門)
全件表示
所属学会 (16件):
錯体化学会 ,  日本核酸化学会 ,  環境科学会 ,  希土類学会 ,  社団法人 兵庫工業会 ,  兵庫県科学技術会 ,  社団法人 日本学術振興会 ,  ACS学会 ,  近畿化学協会 ,  生命化学研究会 ,  日本生化学会 ,  日本生物物理学会 ,  日本薬学会 ,  日本分析化学会 ,  高分子学会(国内) ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る