研究者
J-GLOBAL ID:200901055455434049   更新日: 2020年09月24日

杉本 直己

スギモト ナオキ | Sugimoto Naoki
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (3件):
  • 甲南大学  先端生命工学研究所   所長
  • 学校法人 甲南学園  理事
  • KONAN UNIVERSITY  Frontier of Institute for Biomolecular Engineering Research in Science and Technology Department of Nanobiochemistry   Director in General
ホームページURL (2件): http://www.konan-fiber.jp/hp/sugimoto/http://www.konan-fiber.jp
研究分野 (3件): ナノ材料科学 ,  バイオ機能応用、バイオプロセス工学 ,  生体化学
研究キーワード (3件): 生命科学 ,  核酸化学 ,  生命機能工学
競争的資金等の研究課題 (77件):
  • 2018 - 現在 核酸の非二重らせん構造を調節し、がんの発症を制御するのは、カリウムイオンなのか
  • 2017 - 現在 細胞夾雑模倣系の構築と細胞内活性分子設計指針の構築 (計画研究)
  • 2017 - 現在 分子夾雑の生命化学 (総括班)
  • 2018 - 2021 細胞内環境で変化する非二重らせん構造の定量的機能解析と遺伝子発現制御
  • 2016 - 2019 分子クラウディングワールドを活用した変異導入不要の酵素機能変換システムの開発
全件表示
論文 (395件):
  • Saki Matsumoto, Hisae Tateishi-Karimata, Shuntaro Takahashi, Tatsuya Ohyama, Naoki Sugimoto. Effect of Molecular Crowding on the Stability of RNA G-Quadruplexes with Various Numbers of Quartets and Lengths of Loops. Biochemistry. 2020. 59. 28. 2640-2649
  • Dipanwita Banerjee, Hisae Tateishi-Karimata, Tatsuya Ohyama, Saptarshi Ghosh, Tamaki Endoh, Shuntaro Takahashi, Naoki Sugimoto. Improved nearest-neighbor parameters for the stability of RNA/DNA hybrids under a physiological condition. Nucleic acids research. 2020
  • Saptarshi Ghosh, Shuntaro Takahashi, Tatsuya Ohyama, Tamaki Endoh, Hisae Tateishi-Karimata, Naoki Sugimoto. Nearest-neighbor parameters for predicting DNA duplex stability in diverse molecular crowding conditions. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 2020. 117. 25. 14194-14201
  • Tamaki Endoh, Naoki Sugimoto. Signaling Aptamer Optimization through Selection Using RNA-Capturing Microsphere Particles. Analytical chemistry. 2020. 92. 11. 7955-7963
  • Ye Teng, Hisae Tateishi-Karimata, Naoki Sugimoto. RNA G-Quadruplexes Facilitate RNA Accumulation in G-Rich Repeat Expansions. Biochemistry. 2020. 59. 21. 1972-1980
もっと見る
MISC (357件):
  • 高橋俊太郎, 杉本直己. 平成の化学キーワード 核酸の多様性を生みだすもう一つの塩基対相互作用 フーグスティーン塩基対. 化学. 2019. 70. 5. 24-25
  • 小畠一起, 川内敬子, 杉本直己, 杉本直己, 三好大輔. 脱ワトソン・クリックの核酸化学(53):RNAグアニン四重らせん構造とカチオン性ペプチドによる特異的相分離現象. 日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM). 2019. 99th. ROMBUNNO.2G4-15
  • 長野香穂, 衣笠紫野, 萩原伸也, 佐藤綾人, 川内敬子, 建石寿枝, 杉本直己, 杉本直己, 三好大輔. 脱ワトソン・クリックの核酸化学(55):DNA四重らせん選択的リガンドのワンポットスクリーニング. 日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM). 2019. 99th. ROMBUNNO.2G4-32
  • 高橋俊太郎, 杉本直己. 分子夾雑系の生命化学(2)-遺伝子発現のデジタル挙動とアナログ挙動-. 現代化学. 2019. 575. 34-38
  • 高橋俊太郎, 遠藤玉樹, BHOWMIK Sudipta, 杉本直己. 高圧力を用いた遺伝子発現を制御する核酸構造遷移の反応解析. 高圧討論会講演要旨集. 2018. 59th. 159
もっと見る
特許 (25件):
  • 核酸を用いた紫外線吸収剤
  • 核酸合成を促進する化合物を含む組成物およびその利用、並びに当該化合物の製造方法
  • プラセンタを用いた紫外線吸収剤
  • 核酸を用いた紫外線吸収剤
  • ヌクレアーゼ活性の促進法
もっと見る
書籍 (52件):
  • Quantitative Analysis of Stall of Replicating DNA Polymerase by G-Quadruplex Formation
    Methods in Molecular Biology (Methods Mol. Biol.)Springer 2019
  • Development and Application of a Highly Efficient Protein Synthesis Technique Using Riboswitches in Microorganisms
    Applied RNA Bioscience (Springer) 2018
  • 15章 新しい核酸医薬システムの構築, CSJカレントレビュー「生命機能に迫る分子化学」
    化学同人 2018
  • 生体分子化学 基礎から応用まで
    講談社 2017 ISBN:9784061568068
  • 第4章 遺伝子診断の新手法, CSJカレントレビュー「医療・診断・創薬の化学」
    化学同人 2017
もっと見る
講演・口頭発表等 (1,498件):
  • Adventure on the World of Noncanonical Nucleic Acids
    (The Department seminar of Padova University 2019)
  • Adventure on the World of Noncanonical Nucleic Acids
    (The Symposium on Nucleic Acid Chemistry 2019)
  • Adventure on the World of Noncanonical Nucleic Acids
    (The Department seminar of Sogang University 2019)
  • Adventure on the World of Noncanonical Nucleic Acids
    (The Department seminar of Konkuk University 2019)
  • Adventure on the World of Noncanonical Nucleic Acids
    (The Department seminar of Sungkyunkwan University School of Medicine 2019)
もっと見る
Works (1件):
  • 私の自慢「知の系譜:挑戦するオストワルト・ギブスの末裔たち-物理化学は細胞の中へ,極限状態の生命へ」
    2013 -
学歴 (3件):
  • - 1985 京都大学 化学
  • - 1982 京都大学 化学
  • - 1979 京都大学 化学
学位 (3件):
  • 理学士 (京都大学)
  • 理学修士 (京都大学)
  • 理学博士 (京都大学)
経歴 (9件):
  • 2012/08 - 現在 学校法人 甲南学園 理事
  • 2012/08/01 - 現在 甲南大学 フロンティアサイエンス学部 生命化学科 理事
  • 2009/04/01 - 現在 甲南大学 フロンティアサイエンス学部 生命化学科 教授
  • 2004/04/01 - 現在 甲南大学 先端生命工学研究所 所長
  • 1994/04/01 - 2009/03/31 甲南大学 理学部 教授
全件表示
委員歴 (16件):
  • 2017/11 - 現在 日本核酸化学会 会長
  • 2013/03/01 - 現在 日本化学会 生体機能関連部会監事
  • 2010/04/01 - 現在 社団法人 日本学術振興会 研究成果の社会還元、普及事業推進委員会委員
  • 2010/04/01 - 現在 社団法人 日本学術振興会 学術システム研究センター専門研究員
  • 2005/04/01 - 現在 社団法人 兵庫工業会 産業学術委員会
全件表示
受賞 (14件):
  • 2020/03 - 日本化学会 第72回日本化学会賞
  • 2018/08/28 - IS3NA(International Society for Nucleosides, Nucleotides, and Nucleic Acids) The Imbach-Townsend Award
  • 2016/06/18 - European Chemistry Congress (Euro Chemistry2016) Keynote Lecture賞
  • 2015/10 - 公益財団法人 井植記念会 第39回井植文化賞(科学技術部門)
  • 2014/09 - 錯体化学会 平成26年度 錯体化学会 貢献賞
全件表示
所属学会 (16件):
錯体化学会 ,  日本核酸化学会 ,  環境科学会 ,  希土類学会 ,  社団法人 兵庫工業会 ,  兵庫県科学技術会 ,  社団法人 日本学術振興会 ,  ACS学会 ,  近畿化学協会 ,  生命化学研究会 ,  日本生化学会 ,  日本生物物理学会 ,  日本薬学会 ,  日本分析化学会 ,  高分子学会(国内) ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る