研究者
J-GLOBAL ID:200901055481705395   更新日: 2021年03月24日

青木 美紀子

アオキ ミキコ | Aoki Mikiko
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): https://luke-gn.com/
研究分野 (3件): 臨床看護学 ,  生涯発達看護学 ,  基礎看護学
研究キーワード (9件): 出生前診断 ,  遺伝教育 ,  遺伝医療 ,  遺伝カウンセリング ,  意思決定 ,  女性 ,  プログラム評価 ,  出生前検査 ,  母体血清マーカー
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2014 - 2017 遺伝性乳がん卵巣がん遺伝子検査受検者および遺伝子検査陽性者のサポートツールの開発
  • 2009 - 2010 一般市民を対象とした遺伝教育プログラムの開発
  • 2007 - 2008 出生前検査の選択を考慮する女性をエンパワメントする包括的意思決定支援の介入研究
  • 2006 - 2007 出生前遺伝カウンセリングのクライエントの満足度と関連要因
  • 出生前検査、遺伝カウンセリングに関する意思決定
論文 (32件):
MISC (34件):
もっと見る
書籍 (9件):
  • 事例で考えよう! HBOCカウンセリングの進め方
    医学と看護社 2020
  • 看護学テキストNiCE 病態・治療論〔14〕小児疾患
    南江堂 2019
  • がんサバイバーシップ第2版 がんとともに生きる人びとへの看護ケア
    医歯薬出版 2019
  • 遺伝/ゲノム看護
    医歯薬出版 2018 ISBN:9784263236994
  • 出生前診断 受ける受けない誰が決めるの?ーー遺伝相談の歴史に学ぶ
    生活書院 2017 ISBN:4865000747
もっと見る
講演・口頭発表等 (73件):
  • 先天性筋強直性ジストロフィーと診断された児と産後筋力低下が進行した母親、そのご家族への支援
    (日本遺伝看護学会誌 2020)
  • Scope and Standards of Practice Genetics/Genomics Nursing 2006年版と2016年版の比較
    (日本遺伝看護学会誌 2020)
  • 出生前検査で胎児の性染色体異常を指摘された夫婦に対する遺伝カウンセリング2例の経験
    (日本遺伝カウンセリング学会誌 2020)
  • 助産師養成課程における遺伝医療・遺伝看護に関する教育の実態調査
    (日本遺伝看護学会第18回学術大会 2019)
  • 地域の遺伝相談に対する住民のニーズと意義
    (日本遺伝看護学会第18回学術大会 2019)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(保健学) (東京大学)
経歴 (3件):
  • 2015 - 現在 帝京大学 助産学専攻科 非常勤講師
  • 2015 - 現在 人間総合科学大学 非常勤講師
  • 2015 - 現在 聖路加国際大学 看護学部 准教授
委員歴 (9件):
  • 2020/01 - 現在 日本遺伝性腫瘍学会 評議員
  • 2019/11 - 現在 日本人類遺伝学会 教育推進委員会
  • 2019/07 - 現在 日本遺伝看護学会 査読委員
  • 2019/04 - 現在 日本遺伝看護学会 渉外委員
  • 2017/04 - 現在 日本遺伝カウンセリング学会 評議員
全件表示
所属学会 (5件):
日本家族性腫瘍学会 ,  日本人類遺伝学会 ,  International Society of Nursing in Genetics(国際遺伝看護学会) ,  日本遺伝カウンセリング学会 ,  日本遺伝看護学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る