研究者
J-GLOBAL ID:200901055866667583   更新日: 2021年10月21日

山口 健哉

ヤマグチ ケンヤ | YAMAGUCHI Kenya
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 泌尿器科学
研究キーワード (2件): DNA断片化 アポトーシス 前立腺癌 予防 医療保険制度 転移性腎細胞癌 分子標的薬 ,  腎細胞癌 遺伝子欠失 嵌頓尿管結石 腎血管筋脂肪腫 ホルモンレセプター発現
論文 (44件):
MISC (2件):
  • 山口健哉,高橋 悟. 検査・診断の進歩:概論.VII.膀胱癌の検査・診断.新腎・泌尿器癌(下)-基礎・臨床研究の進歩-. 日本臨床. 2017. 75. 7. 1543-1546
  • 山口健哉,高橋 悟. 腎後性AKI 各種AKIの特徴と治療 特集:AKI診療の進歩2017. 腎と透析. 2017. 33. 3. 478-481
書籍 (7件):
  • Urologic Surgery Next No.8,陰茎・陰嚢・アンドロロジーの手術
    メジカルビュー社 2021 ISBN:9784758313377
  • ストーマリハビリテーション 基礎と実際 [第3版]
    金原出版 2016 ISBN:9784307701990
  • ストーマ手術アトラス
    へるす出版 2012
  • 腎・泌尿器癌 基礎・臨床研究のアップデート
    日本臨床社 2010
  • 緊急検査マニュアル
    へるす出版 2001
もっと見る
講演・口頭発表等 (54件):
  • CT Volumetry of Estimated Residual kindney for prediction of postoperative chronic kindney disease in patients with renal cell carcinoma
    (Annual Meeting of the American Urological Association 2019 2019)
  • CT volumetry of estimated residual kidney for prediction of postoperative chronic kidney disease in patients with renal cell carcinoma
    (ISTUA (International Symposium of Taiwan Urological Association) 2018)
  • Predictive factor of efficacy by Enzalutamide.
    (The International Section of Taiwan Urological Association Conference 2017 2017)
  • Predictive factor of effect by Enzalutamide.
    (第105回日本泌尿器科学会総会 2017)
  • Failure of prostate specific antigen decrease by fifty percent from baseline following 5 alpha reductase inhibitor is associated with high positive rate of prostate cancer at subsequent biopsy in real-life setting.
    (Annual meeting of the American Urological Association. 2015)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1991 日本大学 外科系泌尿器科学
  • - 1987 日本大学 医学科
経歴 (4件):
  • 2013/04 - 現在 日本大学附属板橋病院泌尿器科科長
  • 2009/04 - 現在 日本大学附属板橋病院泌尿器科教育医長
  • 2013/04/01 - 日本大学附属板橋病院泌尿器科科長
  • 2009/04/01 - 日本大学附属板橋病院泌尿器科教育医長
委員歴 (4件):
  • 2011/10 - 現在 日本泌尿器科学会 専門領域委員会医療制度・保険副部会長
  • 2010/06 - 現在 東京都社会保険診療報酬支払基金 東京都社会保険診療報酬請求書審査委員会審査委員
  • 2009/07 - 現在 日本泌尿器科学会 保険委員会実行委員
  • 2009/07 - 現在 日本泌尿器科学会 日本泌尿器科学会保険委員
所属学会 (2件):
American Urological Association ,  日本泌尿器科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る