研究者
J-GLOBAL ID:200901055867428191   更新日: 2021年06月22日

森田 猛

モリタ タケシ | Morita Takeshi
研究分野 (1件): ヨーロッパ史、アメリカ史
研究キーワード (2件): 史学史 ,  Modern Historiography
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 西洋史学史における「認識としての歴史」の形成と発展
  • ブルクハルト史学の史学史的研究
  • ブルクハルト文化史学の史学史的研究
論文 (6件):
  • 森田 猛. ブルクハルトの『チチェローネ」とイタリア建築-ゲーテの「イタリア紀行」との対比からー. 文化史学. 2019. 75. 183-208
  • 森田 猛. ブルクハルトの『チチェローネ』とドイツ教養層のイタリア旅行-初版索引と併読ハンドブックをてがかりとして-. 史林. 2019. 102. 2. 309-343
  • 森田猛. ブルクハルトの文化史学-市民教育から読み解く. 2014
  • 森田, 猛. 「ランケとブルクハルト」再論-普遍史をめぐって. 文化史学. 2009. 65. 65
  • 森田, 猛. ブルクハルトと歴史研究の社会的機能. 西洋史学. 1997. 187. 18-38
もっと見る
MISC (23件):
  • 森田 猛. 精神史としてのブルクハルト史学-意識と歴史. 紀要(弘前学院大学文学部). 2011. 47. 78-92
  • 森田猛. ブルクハルト史学におけるヨーロッパ的なもの-歴史学教育の観点から-. 弘前学院大学文学部紀要. 2010. 46. 75-90
  • Takeshi MORITA. Jacob Burckhardt und die Bildung Alteuropas. The Bulletin of Hirosaki Gakuin University. 2010. 46. 75-90
  • 森田猛. 「ランケとブルクハルト」再論-普遍史をめぐって. 文化史学. 2009. 65. 299-319
  • 森田 猛. 歴史術としての文化史学-ブルクハルト史学における実用主義. 紀要(弘前学院大学文学部). 2009. 45. 61-76
もっと見る
書籍 (4件):
  • ブルクハルトの文化史学-市民教育から読み解く
    ミネルヴァ書房 2014
  • 「ランケとブルクハルト」再論-普遍史をめぐって
    文化史学 2009
  • ブルクハルトと歴史研究の社会的機能
    西洋史学 1997
  • ブルクハルトとドイツ諸大学における歴史学教育
    史林 1995
講演・口頭発表等 (4件):
  • ブルクハルトの文化史学-市民教育から読み解く
    (2014)
  • 「ランケとブルクハルト」再論-普遍史をめぐって
    (2009)
  • ブルクハルトと歴史研究の社会的機能
    (1997)
  • ブルクハルトとドイツ諸大学における歴史学教育
    (1995)
Works (2件):
  • 西洋史学史における「誤認としての歴史」の形成と発展
    1999 - 2003
  • Historical Study on Western Historiography
    1999 - 2003
学歴 (4件):
  • - 1990 同志社大学大学院文学研究科
  • - 1984 同志社大学文学部
  • 同志社大学
  • Graduate school of letters
学位 (1件):
  • 博士(文化史学)
経歴 (5件):
  • 2016/04 - 現在 兵庫教育大学 大学院学校教育研究科 教授
  • 2013/10 - 2016/03 兵庫教育大学 大学院学校教育研究科 准教授
  • 2012/04 - 弘前学院大学文学部教授
  • 1998/01 - 弘前学院大学文学部助教授(准教授)
  • 1993/04 - 弘前学院大学文学部講師
所属学会 (4件):
文化史学会 ,  史学研究会 ,  史学会 ,  日本西洋史学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る