研究者
J-GLOBAL ID:200901055984075976   更新日: 2019年12月18日

川添 嘉徳

カワゾエ ヨシノリ | KAWAZOE Yoshinori
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究キーワード (4件): 天然物 ,  化合物ライブラリー ,  化合物スクリーニング ,  生理活性物質
論文 (21件):
  • Omura Sachikazu, Kawazoe Yoshinori, Uemura Daisuke. Development of a novel adhesive composed of all-natural components. INTERNATIONAL JOURNAL OF ADHESION AND ADHESIVES. 2017. 74. 35-39
  • Koyama T, Kawazoe Y, Iwasaki A, Ohno O, Suenaga K, Uemura D. Anti-obesity activities of the yoshinone A and the related marine γ-pyrone compounds. The Journal of antibiotics. 2016. 69. 4. 348-351
  • Inuzuka Toshiyasu, Kawazoe Yoshinori, Kobayashi Satomi, Matsumoto Rie, Yabe Jouto, Ohmura Sachikazu, Uemura Daisuke. Haebaruol, a 9,11-Secosteroid Isolated from the Soft Coral Clavularia sp. CHEMISTRY LETTERS. 2016. 45. 1. 81-82
  • Hanif Novriyandi, Yamada Kaoru, Kitamura Makoto, Kawazoe Yoshinori, de Voogd Nicole J., Uemura Daisuke. New Indole Alkaloids from the Sponge Plakortis sp. CHEMISTRY OF NATURAL COMPOUNDS. 2015. 51. 6. 1130-1133
  • Inuzuka Toshiyasu, Yamamoto Keita, Iwasaki Arihiro, Ohno Osamu, Suenaga Kiyotake, Kawazoe Yoshinori, Uemura Daisuke. An inhibitor of the adipogenic differentiation of 3T3-L1 cells, yoshinone A, and its analogs, isolated from the marine cyanobacterium Leptolyngbya sp. TETRAHEDRON LETTERS. 2014. 55. 49. 6711-6714
もっと見る
MISC (3件):
  • 川添 嘉徳;上村 大輔. エリブリン(ハラヴェン) : 海洋天然物からの創薬展開 (特集 アカデミアの創薬スクリーニング : 分子標的からリード化合物発見への戦略). 2013. 32. 6
  • 川添 嘉徳;上杉 志成. 合成化合物ライブラリーによるケミカルゲノミクスの潮流 (特集 ケミカルゲノミクスの誕生). 2005. 50. 9
  • 中井 彰;田辺 真佐子;川添 嘉徳. ストレス蛋白質の発現調節機構 (ストレス蛋白質<特集>). 1995. 46. 4
学歴 (3件):
  • 1989 - 1993 京都大学 薬学部
  • 1993 - 1995 京都大学大学院 薬学研究科 修士課程
  • 1995 - 1999 京都大学大学院 医学研究科 博士課程
学位 (1件):
  • 博士(医) (京都大学)
経歴 (6件):
  • 2001/03 - 2005/04 ベイラー医科大学 博士研究員
  • 2005/05 - 2012/04 京都大学 助教
  • 2012/05 - 2015/09 神奈川大学 研究員
  • 2015/10 - 2017/05 株式会社 日本生物製剤 課長
  • 2017/06 - 2019/06 佐賀大学 特任准教授
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る