研究者
J-GLOBAL ID:200901056002747174   更新日: 2020年10月03日

丸山 優

マルヤマ ユウ | Maruyama Yu
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (2件): 高齢者看護学、地域看護学 ,  高齢者看護学、地域看護学
研究キーワード (5件): インタープロフェッショナルワーク ,  療養型病床 ,  看護基礎教育 ,  長期療養施設 ,  老年看護
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2018 - 2022 認知症高齢者と家族の質の高い継続的な暮らしを目指した研修の社会実装と評価
  • 2015 - 2018 急性期病床から高齢患者を受け入れる療養病床における多職種情報共有包括ケアモデルの開発
  • 2014 - 2018 認知症高齢者の長期療養を専門職連携実践で支える研修プログラムの開発
  • 2014 - 2017 都市型診療所における看護師のコンピテンシーとその構造化
  • 2012 - 2014 看護師の役割機能に焦点を当てた療養病床における専門職連携実践のあり様に関する研究
論文 (15件):
  • 丸山優, 田中敦子, 水間夏子, 大塚眞理子. 認知症高齢者の生活の継続を見据えた急性期病院における看護の構造. 老年看護学. 2020. 25. 1. 87-96
  • 杉山 智子, 湯浅 美千代, 丸山 優. 一般病院における高齢患者の家族に対する観点を含んだ身体拘束に関する看護師の認識. 医療看護研究. 2019. 16. 1. 13-20
  • 丸山 優, 伊藤 善典, 嶌末 憲子, 井上 和久, 柴山 志穂美, 新井 麻紀子. 在宅医療・介護を推進する多職種連携研修プログラム「三郷モデル」の開発プロセスと評価. 保健医療福祉科学. 2019. 8. 53-60
  • 丸山優. 急性期病床から医療療養病床に移行した高齢患者への転入時ケア実践モデルの開発. 千葉看護学会誌. 2018. 23. 2. 21-30
  • 田中敦子, 大塚眞理子, 丸山優. 認知症に伴う行動・心理症状がみられた高齢者の歩行および排泄の介護度の変化-開放型病床から退院した患者の後向視的解析-. 日本自立支援介護学会誌. 2017. 10. 2. 152-161
もっと見る
講演・口頭発表等 (32件):
  • A町の認知症連携ケアリーダーが考える認知症連携ケアの理想に対する活動の検討 実効性と実現性の視点から
    (日本認知症ケア学会誌 2020)
  • A町における認知症連携ケアリーダーの連携実践力
    (日本認知症ケア学会誌 2020)
  • A町で実施した認知症連携ケアリーダー研修会の成果と課題
    (日本認知症ケア学会誌 2020)
  • 高齢患者の急性期病床退院時における医療療養病床との情報共有に関する看護師の認識
    (日本看護科学学会学術集会講演集 2019)
  • 地域における認知症高齢者の長期療養を支えるIPWに向けた研修の効果 介護支援専門員へのIPWコンピテンシー自己評価尺度を用いた評価
    (保健医療福祉連携 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2014 - 2017 順天堂大学大学院
  • 2002 - 2004 千葉大学大学院
  • 1995 - 1999 千葉大学
学位 (1件):
  • 博士(看護学) (順天堂大学)
委員歴 (1件):
  • 2020/06 - 日本老年看護学会 編集委員会
受賞 (1件):
  • 2016/06 - 日本認知症ケア学会 石崎賞 開放型病床に入院した認知症高齢者の様相(第2報) - 内科的治療目的で自宅から入院した認知症群と非認知症群の比較 -
所属学会 (5件):
日本プライマリ・ケア連合学会 ,  日本看護科学学会 ,  認知症ケア学会 ,  千葉看護学会 ,  日本老年看護学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る