研究者
J-GLOBAL ID:200901056020960390   更新日: 2021年06月21日

川勝 年洋

カワカツ トシヒロ | Kawakatsu Toshihiro
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.cmpt.phys.tohoku.ac.jp/~kawakatu/
研究分野 (1件): 数理物理、物性基礎
研究キーワード (3件): 統計物理学 ,  自己無撞着場理論 ,  高分子物理学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2000 - 現在 流動場中での高分子の動力学
  • 2000 - 現在 複雑液体の動力学に関する研究
論文 (171件):
MISC (10件):
  • 乗添 祐樹, 川勝 年洋, 陣内 浩司, 高原 淳. 8aAM-5 μ_Aμ_BPT一定の4つのreservoirに同時に接続した2成分剛体粒子系の粒子MCシミュレーション(8aAM コロイド・アクティブマター,領域12(ソフトマター物理・化学物理・生物物理)). 日本物理学会講演概要集. 2014. 69. 0
  • Yuka Sakuma, Masayuki Imai, Naohito Urakami, Michihiro Nagao, Shigeyuki Komura, Toshihiro Kawakatsu. Diffusion of Nano-Meter-Sized Domains on A Vesicle. BIOPHYSICAL JOURNAL. 2010. 98. 3. 220A-220A
  • Yuka Sakuma, Masayuki Imai, Takashi Taniguchi, Toshihiro Kawakatsu. Deformation of Vesicles Controlled by Local Spontaneous Curvatures of Membrane. BIOPHYSICAL JOURNAL. 2010. 98. 3. 665A-666A
  • 佐久間由香, 浦上直人, 緒方祐介, 長尾道弘, 好村滋行, 川勝年洋, 今井正幸. ベシクル膜面上でのナノドメインダイナミクス. 日本物理学会講演概要集. 2009. 64. 2. 248
  • 佐久間由香, 今井正幸, 浦上直人, 長尾道弘, 好村滋行, 川勝年洋. ナノスケールにおける脂質ドメインの拡散. 日本中性子科学会年会講演概要集. 2009. 9th. 58
もっと見る
書籍 (14件):
  • 高分子ナノテクノロジーハンドブック
    (株)エヌ・ティー・エス 2014
  • Understanding Soft Condensed Matter via Modeling and Computations
    World Scientific 2010 ISBN:9789814295581
  • 統計物理学
    朝倉書店 2008 ISBN:9784254137743
  • Computer Simulations of Nano-Scale Phenomena Based on the Dynamic Density Functional Theories; Applications of SUSHI in the OCTA System
    Springer-Verlag 2007
  • 物理学大事典
    朝倉書店 2005
もっと見る
講演・口頭発表等 (114件):
  • 高分子を含む複雑流動のマルチスケールシミュレーション
    (第68回高分子討論会 2019)
  • Multiscale Simulation Methods in Complex Fluids
    (10th International Conference of the Asian Consortium on Computational Materials Science (ACCMS-10) 2019)
  • 複雑流体のマルチスケールシミュレーション
    (研究会:原子・分子レベルから連続体レベルに至るマルチスケールの理論構築と実際運用 2019)
  • 高分子等の複雑流動のマルチスケールモデリング
    (公益社団法人新化学技術推進協会 先端化学部会 コンピュータケミストリ分科会 講演会 2019)
  • サブ課題B「相転移と流動」の全体概要と体制
    (第2回ポスト「京」萌芽的課題「基礎科学の挑戦」・「極限マテリアル」合同公開ワークショップ 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1989 京都大学 数理工学専攻
  • - 1983 京都大学 数理工学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (京都大学)
経歴 (4件):
  • 2001/05 - 現在 東北大学理学研究科物理学専攻 教授
  • 1998/03 - 2001/04 名古屋大学工学研究科計算理工学専攻 助教授
  • 1994/07 - 1998/02 東京都立大学理学研究科物理学専攻 助教授
  • 1988/10 - 1994/06 九州大学理学部物理学科 助手
委員歴 (54件):
  • 2015/11 - 現在 計算物質科学人材育成コンソーシアム(PCoMS) イノベーション創出人材育成(IPD)委員会 委員長
  • 2015/11 - 現在 計算物質科学人材育成コンソーシアム(PCoMS) イノベーション創出人材育成(IPD)委員会 委員長
  • 2015/01 - 現在 Academic advisory board member for the School of Mathematics and Physics, Universith of Loncoln, UK Internatrional Advisary Board member
  • 2015/01 - 現在 Academic advisory board member for the School of Mathematics and Physics, Universith of Loncoln, UK アドバイザリーボードメンバー
  • 2012/10 - 現在 Progress of Theoretical and Experimental Physics 編集委員
全件表示
受賞 (1件):
  • 2005/08/04 - IEEE / RSJ IEEE / RSJ IROS 2004 Best Paper Award
所属学会 (6件):
分子シミュレーション研究会 ,  日本中性子科学会 ,  日本化学会 ,  British Society of Rheology ,  American Physical Society ,  日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る