研究者
J-GLOBAL ID:200901056182868128   更新日: 2020年11月30日

伊藤 武男

イトウ タケオ | Ito Takeo
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www.seis.nagoya-u.ac.jp/~take/
研究キーワード (3件): 地殻変動 ,  地震 ,  地球潮汐
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2013 - 2017 巨大海台衝突に伴う北部琉球弧のプレート間固着の研究
  • 2013 - 2016 プレート不連続のマッピングと力学特性の解明
  • 2012 - 2016 スマトラ巨大地震発生後のスマトラ断層:余効変動の収束と新たな歪み蓄積過程の解明
  • 2011 - 2015 モンテカルロ法による最適なモデル解像度を得る逆解析手法の開発とその応用
  • 2008 - 2011 地殻応力臨界状態トモグラフィー手法の開発
全件表示
論文 (64件):
MISC (61件):
書籍 (4件):
  • スマトラ地震による津波災害と復興
    古今書店 2014 ISBN:9784772241717
  • 日本地方地質誌(近畿地方)
    朝倉書店 2009
  • 巨大地震がやってきた-スマトラ沖地震から学べ
    時事通信社 2006
  • 「いま活断層が危ない」-中部の内陸直下型地震-
    中日新聞 2006
講演・口頭発表等 (155件):
  • Estimation of Interplate Mechanical Coupling Distribution along the Chishima and Japan Trench in Northeast Japan based on Onshore and Seafloor Geodetic Observations
    (AGU Fall Meeting 2019 2019)
  • インドネシアバンダアチェ近郊におけるGNSS 観測に基づくブロック運動モデル
    (日本測地学会第132回講演会 2019)
  • 陸上および海底地殻変動観測データから推定される千島~日本海溝沿いのプレート間力学的固着分布
    (日本測地学会第132回講演会 2019)
  • Towards better understanding active tectonics in the subduction
    (2019 ITB Seminar 2019)
  • The kinematic model along the Sumatran fault using a new dense GNSS observation (AGNeSS+) in Banda Aceh
    (2019 Gadjah Mada University Seminar 2019)
もっと見る
Works (12件):
  • 海洋潮汐から地球の構造を診る
    2012 -
  • サイエンス誌に載った日本人研究者
    2012 -
  • 災害時の危険箇所は 瀬戸・水南小 名大助教に学ぶ
    2012 -
  • 知の先端 新たな地球像の創造
    2011 -
  • 東日本大震災について
    2011 -
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 2003 京都大学 地球惑星科学専攻
  • - 2003 京都大学 地球惑星科学専攻
  • - 2000 九州大学 地球惑星科学専攻
学位 (2件):
  • 京都大学博士(理学) (京都大学)
  • PhD. Kyoto Univ. (Kyoto University)
経歴 (16件):
  • 2016/10/01 - 現在 名古屋大学大学院環境学研究科附属地震火山研究センター・准教授
  • 2016/10/01 - 現在 名古屋大学大学院環境学研究科附属地震火山研究センター・准教授 大学院環境学研究科 附属地震火山研究センター 准教授
  • 2015/10/01 - 2016/09/30 名古屋大学大学院環境学研究科附属地震火山研究センター・講師
  • 2015/10/01 - 2016/09/30 名古屋大学 大学院環境学研究科 附属地震火山研究センター 講師
  • 2012/01/01 - 2015/09/30 名古屋大学大学院環境学研究科附属地震火山研究センター・助教
全件表示
委員歴 (10件):
  • 2018/01/01 - 2022/12/31 Earth, Planets and Space, Editorial Board Editors
  • 2018/01/01 - 2022/12/31 Earth, Planets and Space, Editorial Board Editors
  • 2020/06/01 - 2021/05/31 日本測地学会 海外渡航旅費助成金審査委員
  • 2020/06/01 - 2021/05/31 日本測地学会 日本地球惑星科学連合連絡委員
  • 2020/06/01 - 2021/05/31 日本測地学会 庶務委員長
全件表示
受賞 (4件):
  • 2013/10/30 - 日本測地学会 日本測地学会賞坪井賞(個人賞)
  • 2013/10/24 - The 34th Asian Conference on Remote Sending (ACRS) JSPRS AWARD, outstanding paper JAKARTA LAND SUBSIDENCE AND INUNDATION VULNERABILITY
  • 2008/01/17 - 独立行政法人情報通信研究機構 JGN2アワード「アプリケーション賞」
  • 2001 - 日本測地学会第96回講演会にて「学生による講演会優秀発表」受賞題目:移動性地殻変動の検出の試み
所属学会 (3件):
American Geophysical Union ,  日本測地学会 ,  日本地震学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る