研究者
J-GLOBAL ID:200901056297481898   更新日: 2020年08月31日

西村 治

ニシムラ オサム | Nishimura Osamu
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.nagano-nct.ac.jp/teacher/nishi/
研究分野 (1件): 天文学
研究キーワード (2件): 中性子星 ,  neutron star
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2019 - 2022 PCクラスタを用いた光度と位相変化に伴う中性子星のサイクロトロン線の研究
  • 1988 - 高密度星における輻射輸送の研究
  • 1988 - Study of radiative transfer around compact stars
論文 (20件):
  • Iwakiri, Wataru B, Chuo University, Pottschmidt, Katja(NASA/GSFC, Nishimura, Osamu (NIT, C, et a. Spectral and Timing Analysis of the Accretion-powered Pulsar 4U 1626-67 Observed with Suzaku and NuSTAR. アメリカ天文学会誌. 2019. 878. 121-140
  • 西村 治. Influence of bulk motion of an infalling plasma in line-forming region on cyclotron line in accreting X-ray pulsars. 日本天文学会誌. 2019. 71. 42. 1-9
  • 西村 治. Superposition of a number of cyclotron lines in a line-forming region injected by an anisotropic continuum in accreting X-ray pulsars. 国際天文学会総会. 2015
  • Osamu Nishimura. PROPERTIES OF CYCLOTRON LINES IN A LINE-FORMING REGION INJECTED BY AN ANISOTROPIC CONTINUUM IN ACCRETING X-RAY PULSARS. ASTROPHYSICAL JOURNAL. 2015. 807. 2. 164-177
  • 西村 治. VARIATIONS OF CYCLOTRON LINE ENERGY WITH LUMINOSITY IN ACCRETING X-RAY PULSARS. アメリカ天文学会誌. 2014. 781. 30-42
もっと見る
MISC (11件):
講演・口頭発表等 (10件):
  • 降着X線パルサーでのサイクロトロン線への重力レンズ効果
    (「~中性子星の観測と理論~研究活性化ワークショップ 2019」 2019)
  • 降着X線パルサーにおけるサイクロトロン線へのバルクモーションの影響
    (~中性子星の観測と理論~研究活性化ワークショップ 2017 2017)
  • NuSTAR衛星による降着駆動型パルサー4U 1626-67の観測(2)
    (日本天文学会2018年秋季年会 2017)
  • 降着X線パルサーにおける降着物質のバルクモーションのサイクロトロン線への影響
    (日本天文学会2017年春季年会 2017)
  • X-ray properties of the accretion powered pulsar 4U 1626-67 during the spin-up phase observed by NuSTAR
    (the NuSTAR science meeting 2016)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1993 東京大学大学院 広域科学
学位 (2件):
  • 博士(学術) (東京大学)
  • 理学修士
所属学会 (1件):
日本天文学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る