研究者
J-GLOBAL ID:200901056300487223   更新日: 2020年10月06日

成田 貴則

ナリタ タカノリ | Narita Takanori
所属機関・部署:
職名: 専任講師
研究分野 (3件): 常態系口腔科学 ,  遺伝学 ,  細胞生物学
研究キーワード (3件): 外分泌 ,  カルシウムシグナル ,  唾液腺
論文 (51件):
  • Kanai S, Shimada T, Narita T, Okabayashi K. Phosphofructokinase-1 and fructose bisphosphatase-1 in canine liver and kidney. J Vet Med Sci. 2019. 81. 10. 1515-1521
  • Narita T, Qi B, Murakami M, Sugiya H. Pilocarpine induces the residual secretion of salivary fluid in perfused submandibular glands of rats. PLoS One. 2019. 14. 8. e0221832
  • Shuichiro Kanai, Takuro Shimada, Takanori Narita, Ken Okabayashi. Phosphofructokinase-1 subunit composition and activity in the skeletal muscle, liver, and brain of dogs. J Vet Med Sci. 2019. 81. 5. 712-716
  • Shuichiro Kanai, Takuro Shimada, Takanori Narita, Ken Okabayashi. Regulation of Canine Skeletal Muscle Phosphofructokinase-1 by Adenine Nucleotides. The International Journal of Applied Research in Veterinary Medicine. 2019. 17. 1. 10-16
  • Okabayashi K, Narita T, Takashiro S, Nadaoka S, Kanai S, Ito D, Kitagawa M. mRNA expression of tumor-associated genes in canine grade I meningiomas. J Vet Med Sci. 2019. 81. 3. 369-372
もっと見る
MISC (1件):
  • Yusuke Takehana, Masato Sakai, Takanori Narita, Tadashi Sato, Kiyoshi Naruse, Mitsuru Sakaizumi. Origin of Boundary Populations in Medaka (Oryzias latipes Species Complex). ZOOLOGICAL SCIENCE. 2016. 33. 2. 125-131
書籍 (2件):
  • Oxidative Stress - Environmental Induction and Dietary Antioxidants
    InTech 2012 ISBN:9789535105534
  • 小型魚類における発生遺伝学とゲノミクス
    実験医学 2005
講演・口頭発表等 (36件):
  • イヌ骨格筋ホスホフルクトキナーゼ1のアデニンヌクレオチドによる活性調節
    (第15回 日本獣医内科学アカデミー学術大会 2019)
  • Irradiation Acutely Suppresses Intracellular Ca2+ Signaling in Mice Submandibular Gland.
    (Salivary Glands and Exocrine Biology, Gordon Research Conference 2019)
  • マウス耳下腺腺房細胞におけるβ受容体サブタイプのアミラーゼ分泌への関与
    (第60回日本唾液腺学会学術集会 2016)
  • 灌流ラット顎下腺の共焦点レーザー顕微鏡による3D観察:蛍光ビーズによるポンプアーチファクトの除去
    (第60回日本唾液腺学会学術集会 2016)
  • マウスアクアポリン6の5 ́末端の解析
    (第59回日本唾液腺学会学術集会 2014)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 2005 東京大学 大学院 生物科学専攻
  • - 1998 東京大学 生物科学専攻
  • - 1996 弘前大学 生物資源科学科
学位 (4件):
  • 修士(理学) (東京大学)
  • Master of Science (The University of Tokyo)
  • 博士(理学) (東京大学)
  • Doctor of Science (The University of Tokyo)
経歴 (5件):
  • 2017/08/06 - 2018/09/02 University of Rochester Medical Center Department of Pharmacology and Physiology Visiting assistant professor
  • 2015/04/01 - 日本大学生物資源科学部獣医学科 専任講師
  • 2010/04/01 - 2015/03/31 日本大学生物資源科学部獣医学科 助教
  • 2007/04/01 - 2010/03/31 日本大学松戸歯学部 助教
  • 2005/04/01 - 2007/03/31 国立遺伝学研究所生物遺伝資源情報総合センター プロジェクト研究員
委員歴 (1件):
  • 2014/12/06 - 日本唾液腺学会 評議員
受賞 (2件):
  • 2011/12/03 - 日本唾液腺学会奨励賞
  • 2010/12/04 - 日本唾液腺学会奨励賞
所属学会 (5件):
日本獣医学会 ,  日本分子生物学会 ,  歯科基礎医学会 ,  IADR ,  日本唾液腺学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る