研究者
J-GLOBAL ID:200901056321542011   更新日: 2020年11月12日

今村 寿子

イマムラ ヒサコ | TAKIGAWA-IMAMURA Hisako
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (3件): 生物物理学 ,  発生生物学 ,  形態、構造
研究キーワード (3件): 計算機シミュレーション ,  数理生物学 ,  発生生物学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2018 - 2021 実験ー理論相互連動による肺の階層構造形成メカニズムの解明
  • 2014 - 2017 植物表皮細胞壁のジグソーパズル構造形成メカニズム
  • 2014 - 2016 分岐形成を生み出す細胞挙動を実験ー理論相互連動によって解明する
  • 2009 - 2013 曲率効果に起因する心筋細胞での螺旋波形成機構
  • 2006 - 2008 シアノバクテリアの概日リズムメカニズムを数理モデルを用いて解析する
論文 (21件):
  • Shizuka Gunji, Yoshihisa Oda, Hisako Takigawa-Imamura, Hirokazu Tsukaya, Ali Ferjani. Excess Pyrophosphate Restrains Pavement Cell Morphogenesis and Alters Organ Flatness in Arabidopsis thaliana. Frontiers in plant science. 2020. 11. 31-31
  • Katsumi Fumoto, Hisako Takigawa-Imamura, Kenta Sumiyama, Shige H Yoshimura, Natsumi Maehara, Akira Kikuchi. Mark1 regulates distal airspace expansion through type I pneumocyte flattening in lung development. Journal of cell science. 2019. 132. 24
  • Tomoko Hirano, Hiroki Konno, Seiji Takeda, Liam Dolan, Mariko Kato, Takashi Aoyama, Takumi Higaki, Hisako Takigawa-Imamura, Masa H Sato. PtdIns(3,5)P2 mediates root hair shank hardening in Arabidopsis. Nature plants. 2018. 4. 11. 888-897
  • Yuji Nashimoto, Tomoya Hayashi, Itsuki Kunita, Akiko Nakamasu, Yu-suke Torisawa, Masamune Nakayama, Hisako Takigawa-Imamura, Hidetoshi Kotera, Koichi Nishiyama, Takashi Miura, et al. Integrating perfusable vascular networks with a three-dimensional tissue in a microfluidic device. INTEGRATIVE BIOLOGY. 2017. 9. 6. 506-518
  • Katsumi Fumoto, Hisako Takigawa-Imamura, Kenta Sumiyama, Tomoyuki Kaneiwa, Akira Kikuchi. Modulation of apical constriction by Wnt signaling is required for lung epithelial shape transition. Development. 2017. 144. 1. 151-162
もっと見る
特許 (1件):
講演・口頭発表等 (9件):
  • 気管支の階層構造を生み出すメカニズムを実験と数理モデルから考える
    (第92回日本生化学会 2019)
  • 肺の形態形成II: 細胞形状制御による組織形成の分子機構
    (反応核酸系と実験の融合 2019)
  • FGFとWntの共同による肺分岐のヒエラルキー構造形成
    (第15回生物数学の理論とその応用 -次世代の数理科学への展開- 2018)
  • FGFとWntの協同による肺分岐のヒエラルキー構造形成
    (第27回日本数理生物学会年会 2017)
  • Observation of FGF response in lung epithelium and modeling for branching morphogenesis
    (The Second International Meeting for Epithelial Tubulology 2015)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2004 - 2007 総合研究大学院大学
  • 1997 - 1999 東京大学 大学院 応用動物科学専攻
  • 1993 - 1997 東京大学 農芸化学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (総合研究大学院大学)
経歴 (5件):
  • 2013/03 - 現在 九州大学 医学研究院 助教
  • 2008/04 - 2013/02 京都大学 博士研究員
  • 2006/04 - 2008/03 日本学術振興会 特別研究員(CD2)
  • 2002/11 - 2004/02 Centre National de Genotypage Researcher
  • 1999/04 - 2002/03 大正製薬株式会社 研究員
所属学会 (3件):
日本分子生物学会 ,  日本発生生物学会 ,  日本数理生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る