研究者
J-GLOBAL ID:200901056377075840   更新日: 2020年09月01日

割田 克彦

ワリタ カツヒコ | Warita Katsuhiko
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (5件): 腫瘍生物学 ,  獣医学 ,  獣医学 ,  獣医学 ,  解剖学
研究キーワード (11件): 薬効評価 ,  スタチン ,  腫瘍生物学 ,  薬剤感受性 ,  エピジェネティクス ,  内分泌撹乱物質 ,  内分泌 ,  epigenetics ,  endocrine disrupter ,  endocrinology ,  reproductive
競争的資金等の研究課題 (17件):
  • 2019 - 2023 スタチンが効くがんを見極める予測因子の探索とがん転移抑制剤に向けたエビデンス構築
  • 2019 - 2022 母子分離モデルから紐解く発達障害発症に関わる脳領域
  • 2018 - 2022 腸内細菌叢と脳との双方向情報伝達機構の解明-ストレスによる肥満易発症の分子基盤
  • 2017 - 2020 ホルモンと糖鎖から迫る骨格筋組織の質的・量的制御のメカニズム
  • 2016 - 2019 スタチン系薬剤の制がん機構の解明と抗腫瘍効果を予測する新たな評価法への展開
全件表示
論文 (69件):
  • Ken-ichi Ohta, Shingo Suzuki, Katsuhiko Warita, Kazunori Sumitani, Chiaki Tenkumo, Toru Ozawa, Hidetoshi Ujihara, Takashi Kusaka, Takanori Miki. The effects of early life stress on the excitatory/inhibitory balance of the medial prefrontal cortex. Behavioural Brain Research. 2020. 379. 112306-112306
  • Mahdy MAA, Warita K, Hosaka YZ. Neutralization of transforming growth factor (TGF)-β1 activity reduced fibrosis and enhanced regeneration of glycerol-injured rat muscle. The Journal of veterinary medical science. 2020. 82. 168-171
  • Warita K, Aoki R, Kitamura N, Shibuya I, Hosaka YZ. The precursor osteoblast-like cell, MC3T3-E1 cell line, enhances sodium-calcium exchanger 1 (Ncx1) gene expression by stretch stimuli prior to osteoblast differentiation. The Journal of veterinary medical science. 2019. 81. 508-512
  • Mahdy MAA, Warita K, Hosaka YZ. Glycerol induces early fibrosis in regenerating rat skeletal muscle. The journal of veterinary medical science. 2018. 80. 11. 1646-1649
  • Singh M, Warita K, Warita T, Faeder JR, Lee REC, Sant S, Oltvai ZN. Shift from stochastic to spatially-ordered expression of serine-glycine synthesis enzymes in 3D microtumors. Scientific reports. 2018. 8. 1. 9388
もっと見る
MISC (29件):
  • 石川拓郎, 石川拓郎, 割田克彦, 割田克彦, 保坂善真, 保坂善真. スタチンが上皮系がん細胞の運動性に与える影響の検討. 日本獣医学会学術集会講演要旨集. 2019. 162nd. 334
  • 嶋倉弘晃, 割田克彦, 割田克彦, 石川拓郎, 保坂善真, 保坂善真. 上皮間葉転換(EMT)誘導前後におけるスタチンの制がん効果. 日本獣医学会学術集会講演要旨集. 2019. 162nd. 334
  • 鷲江壮太, 割田克彦, 保坂善真. 筋再生過程でのコンドロイチン硫酸合成・分解酵素の動態. 日本獣医学会学術集会講演要旨集. 2019. 162nd. 343
  • 石川拓郎, 石川拓郎, 割田克彦, 割田克彦, 保坂善真, 保坂善真. スタチン系薬剤とsiRNAの併用による相乗的制がん効果の検討. 日本獣医学会学術集会講演要旨集. 2018. 161st. 286-286
  • 伊藤慎治, 割田克彦, 保坂善真. アフリカツメガエル消化管のヒアルロニダーゼ発現解析. 日本獣医学会学術集会講演要旨集. 2018. 161st. 289
もっと見る
書籍 (4件):
  • 獣医組織学第8版
    学窓社 2020
  • 獣医組織学第7版
    学窓社 2017
  • カラーアトラス獣医解剖学 増補改訂第2版(下巻)
    緑書房 2016
  • Molecular cytogenetic aspects of sex differentiation anomalies in the field of obstetrics and gynecology
    Perspectives in Human Genetics 2008
講演・口頭発表等 (3件):
  • 発生由来の異なるがん細胞種のスタチン感受性に関する研究
    (第159回日本獣医学会学術集会(サテライトフォーラム)『上皮と間葉』を制御するキーファクター 〜発生・癌化の視点から〜 2016)
  • がん細胞のスタチン系薬剤感受性を決定する分子メカニズム-感受性マーカーの探索-
    (鳥取大学公開講演会 2015)
  • WGA結合タンパクがもたらすシナプス膜輸送機構の新展開
    (日本解剖学会 第64回中国・四国支部学術集会 2009)
学歴 (2件):
  • 2005 - 2008 神戸大学大学院 資源生命科学専攻
  • 1997 - 2003 北里大学 獣医学科
学位 (1件):
  • 博士(農学) (神戸大学)
経歴 (5件):
  • 2015/04 - 現在 鳥取大学 農学部共同獣医学科 准教授
  • 2014/04 - 2015/03 香川大学 医学部医学科 助教(復職)
  • 2011/04 - 2014/03 ピッツバーグ大学 医学部 博士研究員
  • 2007/04 - 2011/03 香川大学 医学部医学科 助教
  • 2007/03 - 香川大学 医学部医学科 助手
委員歴 (2件):
  • 2017 - 現在 Japanese Society of Veterinary Science Councilor
  • 2017 - 現在 日本獣医学会 評議員
所属学会 (6件):
日本癌学会 ,  日本毒性病理学会 ,  環境ホルモン学会 [正式名称;日本内分泌撹乱化学物質学会] ,  日本獣医学会 ,  日本エピジェネティクス研究会 ,  日本解剖学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る