研究者
J-GLOBAL ID:200901056670639430   更新日: 2020年09月05日

入江 憲治

Irie Kenji
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • -
論文 (44件):
  • Y. Takahashi, K. Iseki, K. kitazawa, C. Muto, P. Somta, K. Irie, K. Naito, N. Tomooka. A homoploid hybrid between wild vigna species found in a limestone karst. Frontiers in Plant Science. 2015. 6. 1-11
  • H. Shiwachi, H. Kikuno, J. Ohata, Y. Kikuchi, K. Irie. Growth of water yam (Dioscorea alata L.) under alkaline soil conditions. Tropical Agriculture and Development. 2015. 59. 2. 76-82
  • 香坂玲, 岩田まり, 入江憲治, 冨吉満之, 西川芳昭, 渡邉和男. ミャンマーにおける農林業の生物多様性・遺伝資源・伝統的知識に関わる政策:シードバンクの戦略的役割についての展望. 植物遺伝資源探索導入報告書. 2015. 30. 14. 145-157
  • Abebaw Dessie, Kenji Irie, Hironobu Shiwachi. Phenotypic expression in upland NERICA rice under low temperature condition at germination stage. International journal of agricultural sciences and natural resources. 2014. 1. 5. 107-114
  • Abebaw Dessie, Kenji Irie, Hironobu Shiwachi. Phenotypic expression in upland NERICA rice under low temperature condition at reproductive stage. International journal of agricultural sciences and natural resources. 2014. 1. 4. 88-95
もっと見る
MISC (10件):
  • 夏秋啓子, 入江憲治. 「食生活11 -再発見 稲とお米の新しい物語-」. 株式会社カザン. 2009
  • 入江 憲治. 平成21年度日本熱帯農業学会学会賞奨励賞特別講演要旨「ミャンマーにおけるイネ地方品種の遺伝的多様性と品種分化に関する研究」. 熱帯農業研究(第2巻第1号). 2009
  • 林長生, 入江憲治. 「ミャンマー連邦におけるいもち病菌の探索収集」. 微生物遺伝資源探索収集調査報告書(第21巻)農業生物資源研究所編. 2008
  • 小林裕三, 友岡憲彦, 入江憲治. 「ベニンにおける食品加工業の現状報告」. 国際農林業協力 Vol.30(1). 2007
  • 入江 憲治. 旅の空、時々、地の芋 -ミャンマー編-. 財団法人いも類振興会. 2005
もっと見る
書籍 (5件):
  • 食の検定 2級
    食の検定協会編/農文協 2008
  • Production, Processing and Marketing of Pulses in West Africa
    Japan Assoxiation for International Collaboration of Agriculture and Forestry 2007
  • 西アフリカにおけるマメ類の生産から流通まで-ベナン共和国の事例から域内市場と地域住民の生活向上を考える-
    (社)国際農林業協力・交流協会 2007
  • 国際農業協力に生きる
    東京農業大学出版会 2006
  • 「熱帯農業と国際協力」
    筑波書房 2006
講演・口頭発表等 (64件):
  • 陸稲NERICA品種間の交雑F1における半不稔性の遺伝解析
    (日本熱帯農業学会第109回講演会 2011)
  • ダイジョ(<i>Dioscorea alata</i>)の切部切片培養におけるコルヒチン処理による倍数体の効率的誘発
    (日本熱帯農業学会第109回講演会 2011)
  • 起源の異なる半矮性遺伝子<i>sd1</i>をもつイネの形質発現に関する研究-外生ジベレリンが半矮性同質遺伝子系統の節間伸長に及ぼす影響-
    (日本熱帯農業学会第109回講演会 2011)
  • Intra-specific ploidy variations observed in an Asian collection of water yam, <i>Dioscorea alata</i>
    (国際染色体学会第5回大会高知大会 2010)
  • カンボジア国Battambang州のイネ直播き栽培にみられる苗立ち不良の要因
    (日本熱帯農業学会第108回講演会 2010)
もっと見る
経歴 (2件):
  • 東京農業大学 国際食料情報学部 国際農業開発学科
  • 東京農業大学 国際食料情報学部 国際農業開発学科 その他
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る