研究者
J-GLOBAL ID:200901056731213309   更新日: 2017年03月01日

宮崎 隆義

ミヤザキ タカヨシ | Miyazaki Takayoshi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): 文学一般 ,  中国文学 ,  ヨーロッパ文学
研究キーワード (4件): 谷崎潤一郎 ,  トマス・ハーディ ,  TANIZAKI Jun'ichiro ,  Thomas Hardy
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • トマス・ハーディと谷崎潤一郎
  • トマス・ハーディの小説における時間意識の研究
  • Thomas Hardy and TANIZAKI Jun'ichiro
  • A Study of Time Consciousness in Thomas Hardy's Novels
MISC (64件):
  • 宮崎隆義. 不釣り合いな結婚の生態(6):「初代ウェセックス伯爵夫人」の場合-「共感の通路」を求めて-. 徳島大学総合科学部言語文化研究. 2007. 15. 1-14
  • 宮崎隆義. ハーディの魅力と影響力. 日本ハーディ協会ニュース. 2007. 61. 4-6
  • 宮崎隆義. ハーディの『恋の霊』と谷崎の『痴人の愛』-プラトニズムの周辺-. 徳島大学総合科学部言語文化研究. 2006. 14. 1-16
  • 宮崎隆義. 「共感の通路」を求めて-『塔上のふたり』に見られる時間のトリック-. 日本ハーディ協会会報 ハーディ研究. 2006. 32. 1-14
  • 宮﨑隆義. 不釣り合いな結婚の生態(5):「リールのバイオリン弾き」の場合-「共感の通路」を求めて-. 徳島大学総合科学部言語文化研究. 2005. 13. 1-18
もっと見る
書籍 (11件):
  • 文藝禮讃-イデアとロゴス-
    大阪教育図書 2016
  • 東京府のマボロシ
    社会評論社 2014
  • 英語教育への新たな挑戦-英語教師の視点から-
    英宝社 2010 ISBN:9784269640122
  • 英文学の地平-テクスト・人間・文化-
    音羽書房鶴見書店 2009 ISBN:9784755302503
  • トマス・ハーディ研究-時間意識と二重性の自己-
    青山社 2008
もっと見る
講演・口頭発表等 (4件):
  • 「共感の通路」を求めて-『塔上のふたり』に見られる時間のトリック-
    (日本ハーディ協会第48回大会 2005)
  • 理想の女性像を求めて-HardyのThe Well-Belovedと谷崎の『痴人の愛』-
    (日本比較文学会第40回記念関西大会 2004)
  • 『帰郷』における「故郷喪失」と「時」について
    (日本英文学会中国四国支部第39回大会 1986)
  • 「君待つ晩餐」考-語りの手法と時間について-
    (日本英文学会中国四国支部第37回大会 1984)
Works (11件):
  • ふたつの部屋-谷崎の『痴人の愛』-
    2004 -
  • 家族のかたち-『流しのしたの骨』江國香織-
    2003 -
  • 変身と台所-吉本ばなな『キッチン』から-
    2002 -
  • 迷路と秘密の空間-谷崎潤一郎の『秘密』から-
    2001 -
  • おしげ婆さんの道
    2000 -
もっと見る
学位 (2件):
  • 文学修士
  • 博士(文学) (広島大学)
経歴 (1件):
  • 2016/04 - 現在 徳島大学 教養教育院 教授
委員歴 (6件):
  • 2015 - 現在 日本ハーディ協会 運営委員
  • 2014 - 現在 日本英文学会中国・四国支部 理事
  • 2014 - 2016 「中国四国英文学研究」 編集委員長
  • 2003 - 2015 日本比較文学会 関西支部幹事
  • 2009 - 2013 「中国四国英文学研究」 編集委員
全件表示
受賞 (1件):
  • 1998 - 康楽賞
所属学会 (11件):
ハーディ協会 ,  ディケンズ・フェローシップ ,  The George Eliot Fellowship ,  谷崎潤一郎研究会 ,  日英・英語教育学会 ,  広島大学英文学会 ,  日本ジョージ・エリオット協会 ,  日本比較文学会 ,  日本ハーディ協会 ,  日本英文学会中国・四国支部 ,  日本英文学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る