研究者
J-GLOBAL ID:200901056732594780   更新日: 2021年10月26日

鰐渕 英機

ワニブチ ヒデキ | Wanibuchi Hideki
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): 実験病理学 ,  環境政策、環境配慮型社会 ,  環境影響評価
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 環境化学物質の発癌リスク評価
  • がんの化学予防
  • ヒ素の発癌性
  • 腫瘍血管新生
  • Cancer chemoprevention
全件表示
論文 (178件):
もっと見る
MISC (68件):
書籍 (4件):
  • Differences of promoting activity and loss of heterozygosity between dimethylarsinic acid and sodium L-ascorbate in F1 rat urinary bladder carcinogenesis. In: Arsenic exposure and health effects.
    ELSEVIER 1999
  • Characteristics of diabetes cardiac and renal complications in the OLETF rat.
    Obesity and niddm. -Lessons from the oletf rat. 1999
  • Urinary bladder cancer.
    MARCEL DEKKER, INC 1999
  • Development of medium-term bioassays for detection of chemopreventive agents In : Food Factors for Cancer Prevention
    Springer 1997
講演・口頭発表等 (26件):
  • O-Acetoacetoluidide(AAOT)の毒性影響の検討
    (第34回日本毒性病理学会総会及び学術集会 2018)
  • NASHの肝臓組織や肝臓癌におけるプロテオーム解析
    (第34回日本毒性病理学会総会及び学術集会 2018)
  • マウス経胎盤ばく露による有機ヒ素化合物Dimethylarsinic acidの発がん性およびその機序
    (第34回日本毒性病理学会総会及び学術集会 2018)
  • 2つのNASHモデルマウスにおける病理組織学的所見の違い
    (第34回日本毒性病理学会総会及び学術集会 2018)
  • 遺伝毒性肝発がん物質超短期検出法の開発
    (第34回日本毒性病理学会総会及び学術集会 2018)
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1989 大阪市立大学 病理
  • - 1989 大阪市立大学
  • - 1984 大阪市立大学 医
  • - 1984 大阪市立大学
学位 (1件):
  • 医学博士
経歴 (7件):
  • 2006 - 大阪市立大学 教授
  • 2001 - 大阪市立大学 助教授
  • 2001 - Associate Professor
  • 1993 - 大阪市立大学 講師
  • 1993 - Lecturer
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2007 - 2010 日本毒性病理学会 試験委員会委員
  • 2007 - 2010 日本毒性病理学会 編集委員会委員
  • 2007 - 2010 日本毒性病理学会 会員委員会委員
  • 2007 - 2009 日本癌学会 評議員
所属学会 (3件):
日本毒性病理学会 ,  日本癌学会 ,  日本病理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る