研究者
J-GLOBAL ID:200901056900611149   更新日: 2020年10月15日

高木 素紀

タカギ モトノリ | Takagi Motonori
所属機関・部署:
職名: 主任研究員
研究分野 (1件): 植物保護科学
研究キーワード (6件): 微小害虫 ,  化学的防除 ,  総合防除 ,  天敵 ,  植物寄生性線虫 ,  生物防除
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2014 - 2018 ゲノム情報等を活用した薬剤抵抗性管理技術の開発
  • 2012 - 2014 太陽熱消毒と温湯処理を核とした省力的なレンコン土壌病害虫防除体系の確立
  • 2008 - 2011 農業に有用な生物多様性の指標及び評価手法の開発
  • 2004 - 2005 昆虫病原性糸状菌によるアザミウマ防除
論文 (11件):
  • Hazuki Kurashita, Kyohei Kuroda, Takashi Narihiro, Motonori Takagi, Maki Goto, Shoji Ikeda, Yuga Hirakata, Masashi Hatamoto, Shinya Maki, Takashi Yamaguchi, et al. Accurate evaluation of blackening disease in lotus (Nelumbo nucifera Gaertn.) using a quantitative PCR-based assay for Hirschmanniella diversa Sher and H. imamuri Sher. Crop Protection. 2021. 139. 105380-105380
  • David Wari, Ryo Okada, Motonori Takagi, Masato Yaguchi, Tetsuro Kashima, Takashi Ogawara. Augmentation and compatibility of Beauveria bassiana with pesticides against different growth stages of Bemisia tabaci (Gennadius); an in vitro and field approach. Pest management science. 2020
  • Motonori Takagi, Maki Goto, David Wari, Mina Saito, Roland N. Perry, Koki Toyota. Screening of Nematicides against the Lotus Root Nematode, Hirschmanniella diversa Sher (Tylenchida: Pratylenchidae) and the Efficacy of a Selected Nematicide under Lotus Micro-Field Conditions. AGRONOMY-BASEL. 2020. 10. 3
  • Motonori Takagi, Maki Goto, David Wari, Tetsuro Kashima, Koki Toyota. Seasonal occurrence and life cycle of lotus root nematode Hirschmanniella diversa (Tylenchida: Pratylenchidae) in lotus roots in paddy fields. APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY. 2019. 54. 4. 465-471
  • Sanae Asano, Kohei Aoki, Yuna Kaizuka, Yuhi Kobayashi, Kenta Watanabe, Chizuko Kato, Chihiro Saito, Syuichi Nishimura, Toshiaki Kato, Motonori Takagi, et al. In situ ruminal degradation and in vitro fermentation characteristics, and antioxidative activities of the lotus rhizome. Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho. 2019. 90. 11. 1453-1459
もっと見る
MISC (10件):
  • 高木 素紀, 假屋 哲朗. レンコンに発生するセンチュウに対する総合防除法の開発 : 石灰窒素の活用を中心に (特集 最近の土壌病害、センチュウ害の診断と対策(その3)根菜類). 土づくりとエコ農業. 2018. 50. 6. 23-28
  • 高木素紀. 作物に寄生するセンチュウの種・被害・防除法. 農業いばらき. 2018
  • 高木素紀. レンコンネモグリセンチュウに対する総合防除法 どんな生き物? 被害は?. 農業いばらき. 2017
  • 高木 素紀, 宮本 拓也, 鹿島 哲郎, 後藤 万紀, 久恒 和雅, 柏木 優, 豊田 剛己. 茨城県のレンコン生産におけるレンコンネモグリセンチュウ防除対策の取り組み. 植物防疫 = Plant protection. 2017. 71. 12. 760-765,図巻頭1p
  • 高木素紀. 病害虫スクミリンゴガイの生態と防除. 農業いばらき. 2016
もっと見る
講演・口頭発表等 (19件):
  • PCR-RFLPを利用したネギハ モグリバエLiriomyza chinensis 種内系統の診断法 および茨城県内での発生状況
    (日本応用動物昆虫学会大会 2020)
  • 茨城県のネギアザミウマに対する散布薬剤とスピノシ ン系抵抗性遺伝子頻度の推移の関係
    (日本応用動物昆虫学会大会 2020)
  • 茨城 県のレタス圃場におけるネ グサレセンチュウ種の分布
    (日本応用動物昆虫学会大会 2019)
  • レタス露地圃場で栽培される輪作作物及び対抗植物に対するキタネグサレセ ンチュウの寄生性
    (日本応用動物昆虫学会大会 2019)
  • 茨城県の夏ネギ栽培におけるネギアザミ ウマの合成ピレスロイド剤抵抗性個体の割合の推移
    (日本応用動物昆虫学会大会 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2018 - 2020 東京農工大学
  • - 2003 東京農工大学 生物生産科学
  • - 2003 東京農工大学
学位 (1件):
  • 博士(農学) (東京農工大学)
経歴 (2件):
  • 2010/04 - 2020/03 茨城県農業総合センター 園芸研究所 病虫研究室
  • 2004/04 - 2006/03 - 生物工学研究所 流動研究員
所属学会 (4件):
日本応用動物昆虫学会 ,  茨城県病害虫研究会 ,  関東東山病害虫研究会 ,  日本線虫学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る