研究者
J-GLOBAL ID:200901056923106638   更新日: 2020年08月31日

塩谷 英之

シオタニ ヒデユキ | Shiotani Hideyuki
所属機関・部署:
職名: 教授
研究キーワード (1件): 循環器病学
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2018 - 2021 体表温度日内リズム評価に着目した高齢施設入所者の日内リズムの実態と関連要因の検討
  • 2017 - 2020 朝型生活・勤務が健康に及ぼす効果について
  • 2014 - 2017 気象の変化と生命徴候・自律神経活動に着目した新たな在宅高齢者への疾病予防対策
  • 2010 - 食事が心拍数、血圧に及ぼす影響 -自律神経活動及び酸化ストレスの検討を含めて-
  • 2007 - 糖尿病患者の食事・運動関連自己管理行動支援プロトコールを用いた看護支援の有効性
全件表示
論文 (32件):
  • Miyagi R, Sasawaki Y, 塩谷 英之. The influence of short-term sedentary behavior on circadian rhythm of heart rate and heart rate variability. Chronobiol Int. 2019. 36. 3. 374-380
  • Sasawaki Y, 塩谷 英之. The Influence of Chronotype and Working Condition on Sleep Status and Health Related Quality of Life of Daytime Office Workers. Kobe J Med Sci. 2019. 64. 5. E189-E196
  • Mitani Y, Oki Y, Fujimoto Y, Yamaguchi T, Yamada Y, Yamada K, Ito T, 塩谷 英之, 石川 朗. Relationship between the Functional Independence Measure and Mann Assessment of Swallowing Ability in hospitalized patients with pneumonia. Geriatr Gerontol Int. 2018. 18. 12. 1620-1624
  • 澤田 隆弘, 塩谷 英之, 金 秀植, 小出 昌伸, 横山 光宏. Comparison of effects of α-Glucosidase inhibitors and glinide drugs on endothelial dysfunction in diabetic patients with coronary artery disease. Circulatoin Journal. 2014. 78. 1. 248-255
  • 平田健一, 塩谷英之. 完全左脚ブロックを伴う拡張型心筋症患者のQRS幅と安静時99mTc-TF心筋シンチグラフィーの欠損スコアの関係. 核医学. 2012. 49. 3号. S270
もっと見る
書籍 (2件):
  • 循環器ストレス学
    南山堂 2010
  • 健康の鍵は生活リズムにあり -時間健康学の世界へようこそ-
    三恵社 2008
講演・口頭発表等 (37件):
  • relationship between quantitative T2 mapping in cardiac magnetic resonance imaging and wash out of 99mTc-tetrofosmin in patients with dilated cardiomyopathy
    (第78回日本循環器学会総会 2014)
  • Quantitative T2 mapping is useful to assess severity of heart failure and to predict left ventricular functional recovery
    (第78回日本循環器学会総会 2014)
  • CLBBBを伴うDCM患者におけるCRTの治療反応性と99mTc-TFの心筋集積の変化との関係
    (第53回日本核医学会総会 2013)
  • 食事摂取量が食後の心拍数、AI及び血圧に及ぼす影響とその規定因子について
    (第33回日本高血圧学会 2010)
  • Effect of meal amount on postorandial change in heart rate, blood pressure and augmentation index
    (第2回アジア血管脈波シンポジウム 2010)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1980 神戸大学 医学部卒業
学位 (1件):
  • 医学博士 (神戸大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る