研究者
J-GLOBAL ID:200901056963777586   更新日: 2024年02月01日

武内 恒成

タケウチ コウセイ | Takeuchi Kosei
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
ホームページURL (1件): https://www.take-lab.org
研究分野 (5件): 細胞生物学 ,  生体材料学 ,  整形外科学 ,  分子生物学 ,  神経科学一般
研究キーワード (11件): 神経科学 ,  再生医療 ,  核酸医薬 ,  細胞生物学 ,  創薬化学 ,  糖鎖化学 ,  細胞接着 ,  細胞骨格 ,  蛋白質化学 ,  RNAi ゲノム編集 ,  包括脳ネットワーク
競争的資金等の研究課題 (44件):
  • 2022 - 2025 末梢神経損傷により途切れた神経回路の人工シナプスコネクターによる感覚再生への挑戦
  • 2022 - 2025 損傷神経機能と感覚受容を超回復させるシナプスコネクトとAI機械学習解析系の開発
  • 2022 - 2025 人為的シナプス架橋による失われた中枢神経機能の回復
  • 2022 - 2025 悪性グリオーマの遺伝子細胞治療に向けたヒト歯髄幹細胞の加工と製剤化
  • 2020 - 2025 細胞外足場タンパク質によるシナプス・非シナプス機能制御機構の解明
全件表示
論文 (69件):
  • Natsuki Matsushita, Shigeki Kato, Kayo Nishizawa, Masateru Sugawara, Kosei Takeuchi, Yoshiki Miyasaka, Tomoji Mashimo, Kazuto Kobayashi. Protocol for highly selective transgene expression through the flip-excision switch system by using a unilateral spacer sequence in rodents. STAR protocols. 2023. 4. 4. 102667-102667
  • Natsuki Matsushita, Shigeki Kato, Kayo Nishizawa, Masateru Sugawara, Kosei Takeuchi, Yoshiki Miyasaka, Tomoji Mashimo, Kazuto Kobayashi. Highly selective transgene expression through the flip-excision switch system by using a unilateral spacer sequence. Cell Reports Methods. 2023. 3. 2. 100393-100393
  • Natsuki Matsushita, Kayo Nishizawa, Shigeki Kato, Yoshio Iguchi, Ryoji Fukabori, Kosei Takeuchi, Yoshiki Miyasaka, Tomoji Mashimo, Kazuto Kobayashi. Catecholaminergic cell type-specific expression of Cre recombinase in knock-in transgenic rats generated by the Combi-CRISPR technology. Journal of Neuroscience Methods. 2022. 381. 109707-109707
  • Hiroko Ida-Yonemochi, Kosei Takeuchi, Hayato Ohshima. Role of chondroitin sulfate in the developmental and healing process of the dental pulp in mice. Cell and tissue research. 2022. 388. 1. 133-148
  • 鈴木 邦道, 武内 恒成, 柚崎 通介. ニューロサイエンスの最新情報 途切れた神経回路を再びつなぐ人工シナプスコネクター. Clinical Neuroscience. 2022. 40. 2. 260-262
もっと見る
MISC (37件):
もっと見る
特許 (6件):
もっと見る
書籍 (3件):
  • カラー図解 人体の細胞生物学【電子書籍付き】
    日本医事新報社 2018 ISBN:4784932321
  • 目的別で選べる遺伝子導入プロトコール〜発現解析とRNAi実験
    羊土社 2012 ISBN:4758101841
  • non-RI実験の最新プロトコール-蛍光の原理と実際:遺伝子解析からバイオイメージングまで (ザ・プロトコールシリーズ)
    羊土社 1999 ISBN:489706953X
学位 (2件):
  • 博士(学術)
  • 博士(医学)
経歴 (10件):
  • 2019 - 現在 愛知医科大学研究創出センター センター長(兼務)
  • 2014/01 - 現在 愛知医科大学医学部 教授(大学院 細胞生物学教授)
  • 2008 - 2013/12 新潟大学医学部生化学第二 准教授
  • 2006 - 2008 京都府立医科大学大学院医学研究科解剖学 講師~
  • 2004 - 2006 兼:エーザイ(株)KAN研究所グループリーダー
全件表示
委員歴 (7件):
  • 2019 - 現在 日本学術振興会 特別研究員審査表彰
  • 2018/04 - 現在 JST 事業研究評価委員
  • 2017 - 現在 日本神経化学会 評議委員
  • 2016 - 現在 日本学術振興会 科研費審査委員表彰
  • 2015/04 - 現在 農水省・食品産業科学技術研究推進事業 委員
全件表示
所属学会 (10件):
日本生化学会 ,  アメリカ細胞生物学会 (American society for cell biology) ,  ヨーロッパ神経科学連合(Federation of European neuroscience societies) ,  日本分子生物学会 ,  日本細胞生物学会 ,  米国神経科学会(Society for Neuroscience) ,  日本再生医療学会 ,  日本神経科学会 ,  日本核酸医薬学会 ,  日本神経化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る