研究者
J-GLOBAL ID:200901056963777586   更新日: 2021年06月15日

武内 恒成

タケウチ コウセイ | Takeuchi Kosei
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
ホームページURL (1件): https://www.take-lab.org
研究分野 (5件): 細胞生物学 ,  生体材料学 ,  整形外科学 ,  分子生物学 ,  神経科学一般
研究キーワード (10件): 再生医療 ,  核酸医薬 ,  細胞生物学 ,  創薬化学 ,  糖鎖化学 ,  細胞接着 ,  細胞骨格 ,  蛋白質化学 ,  RNAi ゲノム編集 ,  包括脳ネットワーク
競争的資金等の研究課題 (35件):
  • 2020 - 2022 細胞外環境とシナプスコネクトによる超適応機能-脊髄損傷後の超回復とAIトレースー
  • 2019 - 2022 成長円錐の膜動態を支えるイノシトールリン脂質制御分子群の統合的機能解析
  • 2019 - 2022 悪性グリオーマ治療の製剤化に向けたHSVtk遺伝子導入細胞株の構築
  • 2019 - 2022 補酵素PQQで惹起されるレドックスシグナルによる細胞外マトリックスリモデリング
  • 2018 - 2021 成長円錐のプロテオミクスで同定された分子の超解像観察による神経成長の包括的解析
全件表示
論文 (58件):
  • Kunimichi Suzuki, Jonathan Elegheert, Inseon Song, Hiroyuki Sasakura, Oleg Senkov, Keiko Matsuda, Wataru Kakegawa, Amber J Clayton, Veronica T Chang, Maura Ferrer-Ferrer, et al. A synthetic synaptic organizer protein restores glutamatergic neuronal circuits. Science (New York, N.Y.). 2020. 369. 6507
  • Rino Inada, Katsuichi Miyamoto, Noriko Tanaka, Kota Moriguchi, Kenji Kadomatsu, Kosei Takeuchi, Michihiro Igarashi, Susumu Kusunoki. Chondroitin sulfate N-acetylgalactosyltransferase-1 knockout shows milder phenotype in experimental autoimmune encephalomyelitis than in wild type. Glycobiology. 2020
  • Keiko Nakanishi, Hiroyuki Niida, Hidenori Tabata, Tsuyoshi Ito, Yuki Hori, Madoka Hattori, Yoshikazu Johmura, Chisato Yamada, Takashi Ueda, Kosei Takeuchi, et al. Isozyme-Specific Role of SAD-A in Neuronal Migration During Development of Cerebral Cortex. Cerebral cortex (New York, N.Y. : 1991). 2019. 29. 9. 3738-3751
  • Hiroko Ida-Yonemochi, Wataru Morita, Nobuo Sugiura, Ryosuke Kawakami, Yuki Morioka, Yuka Takeuchi, Toshiya Sato, Shunichi Shibata, Hideto Watanabe, Takeshi Imamura, et al. Craniofacial abnormality with skeletal dysplasia in mice lacking chondroitin sulfate N-acetylgalactosaminyltransferase-1. Scientific reports. 2018. 8. 1. 17134-17134
  • Michihiro Igarashi, Kosei Takeuchi, Sayaka Sugiyama. Roles of CSGalNAcT1, a key enzyme in regulation of CS synthesis, in neuronal regeneration and plasticity. Neurochemistry international. 2018. 119. 77-83
もっと見る
MISC (27件):
特許 (5件):
書籍 (3件):
  • カラー図解 人体の細胞生物学【電子書籍付き】
    日本医事新報社 2018 ISBN:4784932321
  • 目的別で選べる遺伝子導入プロトコール〜発現解析とRNAi実験
    羊土社 2012 ISBN:4758101841
  • non-RI実験の最新プロトコール-蛍光の原理と実際:遺伝子解析からバイオイメージングまで (ザ・プロトコールシリーズ)
    羊土社 1999 ISBN:489706953X
学位 (2件):
  • 博士(医学)
  • 博士(学術)
経歴 (10件):
  • 2019 - 現在 愛知医科大学研究創出センター センター長(兼務)
  • 2014/01 - 現在 愛知医科大学医学部 教授(大学院 細胞生物学教授)
  • 2008 - 2013/12 新潟大学医学部生化学第二 准教授
  • 2006 - 2008 京都府立医科大学大学院医学研究科解剖学 講師~
  • 2004 - 2006 兼:エーザイ(株)KAN研究所グループリーダー
全件表示
委員歴 (7件):
  • 2019 - 現在 日本学術振興会 特別研究員審査表彰
  • 2018/04 - 現在 JST 事業研究評価委員
  • 2016 - 現在 日本学術振興会 科研費審査委員表彰
  • 2015/04 - 現在 農水省・食品産業科学技術研究推進事業 委員
  • 2000 - 現在 日本細胞生物学会 代議員
全件表示
所属学会 (10件):
日本生化学会 ,  アメリカ細胞生物学会 (American society for cell biology) ,  ヨーロッパ神経科学連合(Federation of European neuroscience societies) ,  日本分子生物学会 ,  日本細胞生物学会 ,  米国神経科学会(Society for Neuroscience) ,  日本再生医療学会 ,  日本神経科学会 ,  日本核酸医薬学会 ,  日本神経化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る