研究者
J-GLOBAL ID:200901057223756654   更新日: 2020年08月31日

つち山 明

ツチヤマ アキラ | Tsuchiyama Akira
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 固体地球科学
研究キーワード (4件): 鉱物学 ,  惑星物質科学 ,  Mirenalogy ,  Solid Planetary Science
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 1998 - 地球惑星物質の組織学
  • 1998 - Science of textures on Earth and Planetary Matenals
  • 1980 - 1995 鉱物の融解、溶解、結晶作用のカイネティクス
  • 1980 - 1995 Melting, dissolution and Crystallization Kinetics of Minerals
  • 1995 - 星周麈の鉱物学的研究
全件表示
論文 (103件):
もっと見る
MISC (7件):
もっと見る
書籍 (8件):
  • Sites and behaviors of noble gas atoms in MsO crystal simulated by the molecular dgnomics (MD) method
    "Noble Gas Geochemistry and Cosmochemistry" 1994
  • Wide range in-situ analysis of Mg and S isotopic analysis on inhomogeneous non-conductive materials
    Secondary Ion Mass Spectroscopy, SIMS, IX 1994
  • Effects of total gas pressure on Mg isotopic mass fractionation during condensation of Mg-silicates
    Secondary Ion Mass Spectroscopy, SIMS, IX 1994
  • Structures of amorphous silicate dusts simulated by molecular dynamics method
    Origin and Evolution of interplanetary Dust 1991
  • The infrared spectra of synthesized amorphous silicates with compositions of olivine and pyroxene
    Origin and Evolution of Interplanetary Dust 1991
もっと見る
Works (5件):
  • 岩石試料の段階的化学処理脱ガス装置の開発ー隕石中の希ガスの主要単体Qの徹底解明ー
    2006 -
  • 太陽系初期における揮発性元素の挙動ー隕石中の希ガスの主要単体Qの徹底解明ー
    2005 -
  • 岩石試料の段階的化学処理脱ガス装置の開発ー隕石中の希ガスの主要単体Qの徹底解明ー
    2005 -
  • 岩石試料の段階的化学処理脱ガス装置の開発ー隕石中の希ガスの主要単体Qの徹底解明ー
    2004 -
  • 太陽系初期における揮発性元素の挙動ー隕石中の希ガスの主要単体Qの徹底解明ー
    2004 -
学位 (2件):
  • 理学博士 (東京大学)
  • 理学博士
経歴 (11件):
  • 1983 - 1990 京都大学理学部 助手
  • 1983 - 1990 Kyoto University Associate Professor
  • 1990 - - 大阪大学教養部 講師・助教授 理学部 助教授 理学研究科 助教授・教授
  • 1990 - - Osaka University Professor
  • 1982 - 1983 オレゴン大学 研究員
全件表示
委員歴 (3件):
  • 1992 - 2000 日本惑星科学会 運営委員
  • 1998 - 日本岩石鉱物鉱床学会 評議員
  • 1991 - 1993 日本鉱物学会 評議員/行事幹事
受賞 (2件):
  • 2001 - 福井榮一郎学術賞
  • 2000 - 日本鉱物学会賞
所属学会 (7件):
形の科学会 ,  アメリカ鉱物学会Mineralogical Society of America ,  国際隕石学会 Meteoritical society ,  日本マイクログラビティ応用学会 ,  日本岩石鉱物鉱床学会 ,  日本惑星科学会 ,  日本鉱物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る