研究者
J-GLOBAL ID:200901057547433068   更新日: 2021年10月26日

柏田 祥策

カシワダ ショウサク | Kashiwada Shosaku
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (4件): 応用生物化学 ,  化学物質影響 ,  水圏生命科学 ,  生物分子化学
研究キーワード (6件): 糖鎖生物学 ,  免疫学 ,  動物プランクトン ,  メダカ ,  ナノ毒性学 ,  生態毒性学
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2014 - 2019 人為由来環境変化に対する生物の適応戦略と小進化
  • 2014 - 2017 銀ナノ粒子のメダカ発生毒性および自然免疫機能阻害に関する糖鎖科学研究
  • 2011 - 2013 個体群理論に基づく銀ナノ粒子の水環境生態リスク評価
  • 2011 - 2013 銀ナノ粒子の魚類生態毒性に関する網羅的な詳細リスク評価
  • 2006 - 2008 透明メダカを用いたナノ物質の生体内挙動と毒性に関する研究
全件表示
論文 (46件):
  • Kaori Shimizu, Daisuke Kotajima, Kensuke Fukao, Futaba Mogi, Risa Horiuchi, Chisato Kataoka, Yoshihiro Kagami, Misato Fujita, Nobumitsu Miyanishi, Shosaku Kashiwada. Exposure of silver nanocolloids causes glycosylation disorders and embryonic deformities in medaka. Toxicology and Applied Pharmacology. 2021. 115714-115714
  • Chisato Kataoka, Shosaku Kashiwada. Ecological Risks Due to Immunotoxicological Effects on Aquatic Organisms. International Journal of Molecular Sciences. 2021. 22. 15. 8305-8305
  • Chisato Kataoka, Kenji Yoshino, Shosaku Kashiwada, Megumi Yamamoto. Do Polystyrene Beads Contribute to Accumulation of Methylmercury in Oysters?. Archives of Environmental Contamination and Toxicology. 2021. 81. 1. 36-45
  • Masato Shindo, Seiji Nagasaka, Shosaku Kashiwada, Koichiro Shimomura, Mikihisa Umehara. Shoot has important roles in strigolactone production of rice roots under sulfur deficiency. Plant signaling & behavior. 2021. 16. 4. 1880738-1880738
  • Tomomi Matsukura, Chisato Kataoka, Yohei Kawana, Misato Fujita, Shosaku Kashiwada. Silver nanocolloid affects hindbrain vascular formation during medaka embryogenesis. Environmental Toxicology. 2020
もっと見る
MISC (56件):
書籍 (5件):
  • Chapter 19. Case Studies of Particulate Plastic Distribution and Ecotoxicity - Japan
    CRC Press 2020
  • Encyclopedia of Good Health and Well-Being in the UN Sustainable Development Goals
    Springer 2020
  • AQUACULTURE WATER REUSE AND HEALTH, in Environmental and Health Aspects of Water Treatment and supply, from Encyclopedia of Life Support Systems (EOLSS), Developed under the Auspices of the UNESCO
    Eolss Publishers, Oxford, UK, [http://www.eolss.net] 2005
  • 生態影響試験ハンドブック,日本環境毒性学会編(分担執筆),5.5 メダカ(特異タンパク~Vtgバイオマーカー)
    朝倉書店 2003
  • 動物プランクトンの有機リン殺虫剤分解能に関する環境科学的研究
    鳥取大学 博士(農学)学位論文 1996
Works (4件):
  • 廃棄物処分場の周辺水環境への安全性評価に関する研究
    2000 - 2005
  • メダカCYP3Aに関する分子毒性研究
    2003 -
  • 抗メダカ・ビテロジェニン抗体の作製とELISAシステムの開発
    1998 - 2000
  • 水環境における内分泌攪乱化学物質リスク評価のためのメダカに関する研究
    1998 - 2000
学歴 (3件):
  • - 1996 鳥取大学大学院 生物環境科学専攻
  • - 1993 島根大学大学院 環境保全学専攻
  • - 1991 島根大学 環境保全学科
学位 (1件):
  • 博士(農学) (鳥取大学)
経歴 (7件):
  • 2010/04 - 2021/03 東洋大学 生命科学部 教授
  • 2014/07 - 2019/03 東洋大学生命環境科学研究センター センター長
  • 2007/05 - 2010/03 米国サウスカロライナ大学客員教授・研究教授
  • 2006/04 - 2007/03 独立行政法人国立環境研究所 博士研究員
  • 2003/04 - 2005/03 独立行政法人国立環境研究所 任期付き研究員
全件表示
委員歴 (11件):
  • 2020/05 - 現在 経済産業省 化学物質審議会(化管法物質選定小委員会)委員
  • 2019/10 - 現在 Environmental Toxicology Japan and Asia regional associate editor
  • 2018/08 - 現在 Mapping marine litter in the Norwegian and Russian Arctic Seas (Forskerprosjekt - NORRUSS) Advisory Board
  • 2018/04 - 現在 経済産業省 化学物質審議会(安全対策部会)委員
  • 2016/01 - 現在 日本環境毒性学会 学会誌編集委員長
全件表示
受賞 (5件):
  • 2006 - 平成18年度財団法人河川環境管理財団 第13回河川整備基金助成事業 優秀賞
  • 2004 - 第15回廃棄物学会中国四国支部研究発表会 最優秀賞
  • 2003 - 第14回廃棄物学会中国四国支部研究発表会 奨励賞
  • 2001 - 第12回廃棄物学会研究発表会 優秀プレゼンテーション賞
  • 2000 - 第34回日本水環境学会年会 第一回クリタ賞
所属学会 (4件):
米国化学会 ,  日本環境毒性学会 ,  Society of Environmental Toxicology and Chemistry ,  日本水環境学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る