研究者
J-GLOBAL ID:200901057922718440   更新日: 2020年09月01日

小山田 耕二

コヤマダ コウジ | Koyamada Koji
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.viz.media.kyoto-u.ac.jp/
研究分野 (2件): 計算科学 ,  情報学基礎論
研究キーワード (2件): 可視化 シミュレーション ,  Visualization Simulation
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2002 - 2006 協調ビジュアルデータマイニングのためのテレイマージョン環境の構築
  • 2002 - 2006 Optimization technologies for developing mobile products
  • モバイル製品開発のための最適化設計技術
  • インターネット上での可視化技術
  • Web-based Visualization Technologies
全件表示
論文 (57件):
  • Koji Koyamada, Yosuke Onoue, Miki Kioka, Tomoya Uetsuji, Kazutaka Baba. Visualization of JOV abstracts. Journal of Visualization. 2018. 21. 2. 309-319
  • 尾上 洋介, 坂本 尚久, 小山田 耕二. 評価構造可視化のための源点沈点整列制約付き階層割当. 応用数理. 2018. 27. 4. 16-23
  • Junxiong Ni, Tie Shen, Yasuo Ebara, Koji Koyamada, Yoichi Kawakami, Yuichi Nakamura. Reduction of the blue light hazard by adding a cyan light LED. JOURNAL OF ADVANCED SIMULATION IN SCIENCE AND ENGINEERING. 2018. 4. 1. 44-63
  • Hideo Miyachi, Isamu Kuroki, Daisuke Matsuoka, Koji Koyamada. Development of Integrated Visual Analytic Tool with 3D Visualization. ADVANCES IN NETWORK-BASED INFORMATION SYSTEMS, NBIS-2017. 2018. 7. 690-696
  • Yasuo Ebara, Yuma Hayashida, Tomoya Uetsuji, Koji Koyamada. Study on category classification of conversation document in psychological counseling with machine learning. Studies in Computational Intelligence. 2018. 726. 109-121
もっと見る
MISC (465件):
特許 (15件):
  • Method and apparatus for computing and visualizing volume data values
  • Method and device for volume rendering using concentric spherical slicing isosurfaces
  • Method and system for displaying vector data as stream lines in a space represented by tetrahedral cells
  • Data visualizer utilizing exterior selected and depth sorted polyhedron faces
  • Method and apparatus for generating isosurfaces
もっと見る
書籍 (41件):
  • 漁場形成における海流の影響の可視化
    日本流体力学会 学会誌ながれ(特集・注目研究 in CFD28) 2015
  • シミュレーション技術の効能(30周年記念随想)
    日本シミュレーション学会 2011
  • 可視化・シミュレーション技術研究委員会(研究委員会紹介)
    日本シミュレーション学会 2011
  • 研究ベース学習
    コロナ社 2011 ISBN:4339077933
  • 「見える化」特集にあたって
    可視化情報学会誌, Vol.31, No.121;p.47 2011
もっと見る
講演・口頭発表等 (6件):
  • Particle modeling for fluid simulation and visualization
    (Future Mind-International Symposium 2017)
  • Scientific Visualization in open data era
    (The 12th annual Scientific and Technological Conference 2017)
  • Visual Causality Exploration and its Applications
    (JSST2017 2017)
  • Data-driven?analysis of the mechanism of animal development
    (Big Data Application Symposium 2017)
  • Visual Causality Exploration and its Applications
    (The 1-st China-Japan Joint Visualization Workshop 2017)
もっと見る
Works (2件):
  • 熱設計用コンパクトモデル開発に関する研究
    2000 -
  • 複合領域最適化に関する研究
    1999 -
学歴 (4件):
  • - 1985 京都大学 電気工学
  • - 1985 京都大学
  • - 1983 京都大学 電気系
  • - 1983 京都大学
学位 (3件):
  • 博士(工学) (京都大学)
  • 工学修士 (京都大学)
  • 工学士 (京都大学)
経歴 (4件):
  • 1998 - 2001 岩手県立大学,助教授
  • 1998 - 2001 岩手県立大学
  • 1985 - 1998 日本IBM,研究員
  • 1985 - 1998 IBM Japan, Researcher
委員歴 (2件):
  • 2006 - 日本シミュレーション学会 副会長 編集委員長
  • 2006 - 可視化情報学会 編集担当理事 論文誌編集委員長
受賞 (1件):
  • 1998 - IEMT/IMC Outstanding Paper Award
所属学会 (8件):
情報処理学会 ,  日本シミュレーション学会 ,  可視化情報学会 ,  IEEE Computer Society ,  Information Processing Society of Japan ,  Japan Society for Simulation Technology ,  The Visualization Society of Japan ,  IEEE Computer Society
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る