研究者
J-GLOBAL ID:200901057936110487   更新日: 2020年08月30日

井上 勉

Inoue Tsutomu
所属機関・部署:
職名: 准教授
論文 (36件):
  • Tsutomu Inoue, Takeru Kusano, Hiroaki Amano, Hidetomo Nakamoto, HirokazuOkada. Cellular communication network factor 2 (CCN2) promotes the progression of acute kidney injury to chronic kidney disease. Biochem Biophys Res Commun. 2019. 0. 0
  • 井上 勉, 小澤 栄人, 石川 雅浩, 岡田 浩一. 【慢性腎臓病の管理と今後の展望-新しいガイドラインを考慮して】Functional MRIによる病態診断. カレントテラピー. 2019. 37. 5. 480-485
  • Sueyoshi K, Watanabe Y, Inoue T, Ohno Y, Nakajima H, Okada H. Predictors of long-term prognosis in acute kidney injury survivors who require continuous renal replacement therapy after cardiovascular surgery. PLoS One. 2019. e0211429
  • Sugiyama Kei, Inoue Tsutomu, Kozawa Eito, Ishikawa Masahiro, Shimada Akira, Kobayashi Naoki, Tanaka Junji, Okada Hirokazu. Reduced oxygenation but not fibrosis defined by functional magnetic resonance imaging predicts the long-term progression of chronic kidney disease. Nephrology, dialysis, transplantation : official publication of the European Dialysis and Transplant Association - European Renal Association. 2018. Nov. 12. in press
  • 佐古 まゆみ, 三浦 健一郎, 芦田 明, 石倉 健司, 井上 勉, 後藤 芳充, 小松 康宏, 重松 隆, 杉山 斉, 寺野 千香子, 中西 浩一, 西尾 妙織, 幡谷 浩史, 藤元 昭一, 向山 政志, 吉矢 邦彦, 本田 雅敬, 岩野 正之, 服部 元史. 「小児慢性腎臓病患者における移行医療についての提言」と「思春期・青年期の患者のためのCKD診療ガイド」の認知度、理解度、活用度に関するアンケート調査の報告. 日本腎臓学会誌. 2018. 60. 7. 972-977
もっと見る
所属学会 (7件):
日本臨床腎移植学会 ,  日本移植学会 ,  日本高血圧学会 ,  日本アフェレシス学会 ,  日本透析学会 ,  日本腎臓学会 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る