研究者
J-GLOBAL ID:200901057997688694   更新日: 2020年10月26日

藤田 雅也

フジタ マサヤ | Fujita Masaya
所属機関・部署:
職名: ユニット長
ホームページURL (2件): https://www.naro.affrc.go.jp/laboratory/nics/introduction/chart/0801/index.htmlhttp://www.naro.affrc.go.jp/english/nics/index.html
研究分野 (1件): 遺伝育種科学
研究キーワード (8件): 大麦 ,  出穂性 ,  遺伝資源 ,  耐病性 ,  穂発芽 ,  品質 ,  育種 ,  小麦
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2020 - 2025 耐病性に優れた府県向け高品質安定多収小麦品種育成に向けた有望系統の開発
  • 2018 - 2021 環境ストレスによる染色体組み換え制御の解明とその育種的利用
  • 遠縁イネ科栽培植物のいもち病抵抗性遺伝資源 としての相互利用法の開発
論文 (75件):
もっと見る
MISC (41件):
もっと見る
特許 (37件):
  • コムギ種「くまきらり」品種登録
  • コムギ種「ニシハルカ」品種登録
  • オオムギ種「くすもち二条」品種登録
  • コムギ種「タマイズミR」品種登録
  • オオムギ種「しらゆり二条」品種登録出願
もっと見る
書籍 (5件):
  • 麦の高品質多収技術 品種・加工適性と栽培
    農山漁村文化協会 2013 ISBN:454013101X
  • 品種改良の日本史-作物と日本人の歴史物語
    悠書館 2013 ISBN:4903487717
  • 稲、麦、大豆の研究開発 (農林水産・研究開発シリーズ)
    草土文化 2007 ISBN:4794509626
  • 『発酵と醸造IV』
    光琳 2006 ISBN:4771200343
  • 『ケンブリッジ 世界の食物史大百科事典2』
    朝倉書店 2005 ISBN:4254435312
講演・口頭発表等 (111件):
  • 粒の赤味が弱い新規コムギ変異体の農業特性
    (育種学研究22(別2),171 2020)
  • コムギの3Bおよび7A染色体に座乗する製粉性QTL領域における組み換え型固定系統群の作出
    (育種学研究22(別2),159 2020)
  • コムギ品種「ユメシホウ」の秋播型準同質遺伝子系統におけるPCL1遺伝子の効果
    (育種学研究22(別2),182 2020)
  • コムギ系統「谷系小5121CD」由来の子実カドミウム低蓄積性に関するQTL解析
    (育種学研究22(別1),181 2020)
  • クラブコムギ由来のグルテニンサブユニット遺伝子を導入した温暖地向け軟質コムギ系統の育成
    (育種学研究22(別1),159 2020)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(農学) (京都大学)
経歴 (6件):
  • 2016/04 - 現在 次世代作物開発研究センター ユニット長
  • 2013/10 - 2016/03 作物研究所 上席研究員
  • 2007/04 - 2013/09 九州沖縄農業研究センター 上席研究員
  • 2001/01 - 2007/03 作物研究所 研究室長
  • 1995/04 - 2000/12 四国農業試験場 主任研究官
全件表示
受賞 (3件):
  • 2015 - 日本育種学会 論文賞 Molecular and genealogical analysis of grain dormancy in Japanese wheat varieties, with specific focus on MOTHER OF FT AND TFL1 on chromosome 3A
  • 2002 - 日本育種学会賞 低アミロース系統「関東107号」の開発と高製めん適性小麦品種の育成
  • 1998 - 日本育種学会賞 「イチバンボシ」及び多用途向け裸麦品種の育成
所属学会 (2件):
日本作物学会 ,  日本育種学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る