研究者
J-GLOBAL ID:200901058034700342   更新日: 2020年10月21日

田中 雅博

タナカ マサヒロ | Tanaka Masahiro
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
  • 甲南大学  自然科学研究科 知能情報学(情報システム工学)専攻   教授
  • KONAN UNIVERSITY  Graduate School of Natural Science (Masters Degree Program) Graduate School of Natural Science Deprtment of Intelligent Systems and Informatics (Masters Degree Program)   Professor
ホームページURL (1件): http://carnation.is.konan-u.ac.jp/
研究分野 (4件): 知覚情報処理 ,  制御、システム工学 ,  制御、システム工学 ,  ソフトコンピューティング
研究キーワード (4件): 移動ロボット ,  パターン認識 ,  ニューラルネット ,  -遺伝的アルゴリズム
競争的資金等の研究課題 (15件):
  • 2012 - 現在 移動ロボット向けソフトコンピューティングライブラリの開発
  • 2020 - 2021 物流現場における深層学習技術の活用論の検討並びに検証
  • 2019 - 2020 物流現場における深層学習技術の活用論の検討並びに検証
  • 2018 - 2019 物流現場における深層学習技術の活用論の検討並びに検証
  • 2016 - 2019 深度センサによる人体および環境のリアルタイム計測を基にした生活支援技術の研究
全件表示
論文 (202件):
  • 大西智也, 田中雅博. 深度センサーを用いた脳卒中機能評価法における体幹機能と関節可動域の自動判定. 電気学会論文誌C. 2020. 140. 3. 375-383
  • Tomohiro Iwasaki, Masahiro Tanaka. Application of depth data to physical movement screening. 2020 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing. 2020. 2020. 1. 258-261
  • Tomoya Ohnishi, Masahiro Tanaka. Evaluation of Movability of Shoulder Abduction and Ankle Joints from Depth Images and Its Application to Diagnosis of Hemiplegia. 2020 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing. 2020. 2020. 1. 250-253
  • 岩崎智宏, 田中雅博, 小池琢也, 峯岡郁弥. 身体の可動域や運動性を調べるテストFMSの自動化 ーKinect v2の応用ー. 甲南大学紀要知能情報学編. 2019. 12. 2. 31-51
  • Masahiro Tanaka. Estimation of the Posture of Mobile Depth Sensor for Detecting the Ground and Walls in Terms of Initial Values. システム制御情報学会論文誌. 2019. 32. 1. 39-46
もっと見る
MISC (34件):
  • 田中雅博. 私の確率システムシンポジウムとの関わり. システム/制御/情報 「確率システムシンポジウム50回記念」特集号 (別冊). 2020. 69-70
  • 田中雅博. 身近な移動体への非線形カルマンフィルタの実応用 ー距離センサの利用ー. システム/制御/情報 「確率システムシンポジウム50回記念」特集号 (別冊). 2020. 64B. 1B. 15-26
  • 田中雅博. 知能情報処理研究室の10年を振り返って. 甲南大学紀要知能情報学編. 2018. 11. 2. 133-153
  • 田中雅博. 深度センサのモデルとその応用. システム/制御/情報. 2014. 58. 8. 339-344
  • 和田昌浩, 田中雅博, 梅谷智弘, 伊藤稔. 倒立振子型移動ロボットにおける問題点の解決策とこれからの展望について. 甲南大学紀要知能情報編. 2013. 6. 2. 375-384
もっと見る
特許 (3件):
  • 障害物検出装置
  • 物体検知システム、物体検知システムの制御方法、制御プログラム、および記録媒体
  • 手書き文字の対応点マッチング方法、装置及びプログラム
書籍 (17件):
  • 深度センサーによる身体自動計測システムの開発
    甲南大学 2019
  • ソフトコンピューティングの基礎と応用
    共立出版 2012 ISBN:9784320123083
  • ソフトコンピューティングの基礎と応用
    共立出版 2012
  • 21世紀の情報英語 The Adventure of ROBO-TA
    講談社サイエンティフィク 2004
  • 21世紀の情報英語The Adventure of ROBO-TA
    講談社サイエンティフィク 2004
もっと見る
講演・口頭発表等 (104件):
  • Kinectを用いたFMS自動評価システム -ショルダーモビリティリーチング及びアクティブ・ストレートレッグレイズの場合-
    (2019年電気学会 電子・情報・システム部門大会 2019)
  • Kinectを用いた関節運動範囲の計測システムと臨床応用
    (第20回計測自動制御学会システムインテグレーション部門 講演会 2019)
  • デプスカメラを用いたFMSインラインランジ自動評価システム
    (2019年電気学会 電子・情報・システム部門大会 2019)
  • 深度センサーによるSIASの自動評価と管理システム
    (2019年電気学会 電子・情報・システム部門大会 2019)
  • デプスカメラを用いたFMSハードルステップ自動評価システム
    (第63回 システム制御情報学会研究発表講演会 2019)
もっと見る
Works (6件):
  • ラジオ体操採点システム
    2013 - 現在
  • 距離センサを用いた安全歩行・走行確認装置
    2012 - 現在
  • 歩行者カウンタの開発
    2008 - 現在
  • 甲南キャンパスロボットKoRoプロジェクト
    2008 - 現在
  • 大学図書館と危機管理-ふたつの大震災に学ぶ
    2012 -
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1979 - 1981 京都大学 数理工学
  • - 1979 京都大学 数理工学科
学位 (2件):
  • 工学博士 (京都大学)
  • 工学修士 (京都大学)
経歴 (16件):
  • 2008/04/01 - 現在 甲南大学 知能情報学部 知能情報学科 教授
  • 1999/09/01 - 現在 甲南大学 自然科学研究科 知能情報学(情報システム工学)専攻 教授
  • 2014/04/01 - 2016/03/31 甲南大学 知能情報学部 知能情報学科 知能情報学部 部長
  • 2012/04/01 - 2014/03/31 甲南大学 サイバーライブラリ 所長
  • 2012/04/01 - 2014/03/31 甲南大学 図書館 館長
全件表示
委員歴 (7件):
  • 2004/04 - 現在 システム制御情報学会 確率システムシンポジウム組織委員
  • 2013/04/16 - 2015/03/31 研究成果最適展開支援プログラム専門委員 委員
  • 2013/07/29 - 2014/03/31 公益財団法人新産業創造研究機構技術顧問 技術顧問
  • 2006/04/01 - 2011/05/17 システム制御情報学会 評議員
  • 2009/11/13 - 2009/11/14 システム制御情報学会 第41回確率システムシンポジウム実行委員長
全件表示
受賞 (4件):
  • 2019/12/14 - 計測自動制御学会システムインテグレーション部門 SI2019優秀講演賞 Kinectを用いたFMS自動評価システム
  • 2019/03/05 - 計測自動制御学会システムインテグレーション部門 SI2018優秀講演賞 上下肢運動時における関節角度の深度センサによる計測
  • 2014/12/17 - 計測自動制御学会システムインテグレーション部門 SI2014優秀講演賞
  • 1989/05 - システム制御情報学会 システム制御情報学会椹木記念賞論文賞
所属学会 (10件):
システム制御情報学会 ,  計測自動制御学会(国内) ,  IEEE(アメリカ電気電子学会)(国外) ,  日本知能情報ファジィ学会 ,  日本ロボット学会(国内) ,  電気学会 ,  高速信号処理応用技術学会 ,  公益財団法人新産業創造研究機構技術顧問 ,  進化計算学会 ,  日本機械学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る