研究者
J-GLOBAL ID:200901058060025092   更新日: 2021年03月03日

河内 和直

カワウチ カズナオ | Kawauchi Kazunao
所属機関・部署:
職名: 非常勤講師
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
研究分野 (1件): 教育心理学
研究キーワード (2件): パーソナリティ ,  統計教育
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2009 - 統計教育の役割について
  • 2006 - 文科系学生のための統計教育法
論文 (25件):
  • 河内和直. 文科系学生における推測統計の学習 -その理解感を中心に-. 文京学院大学人間学部研究紀要. 2019. Vol.20. 199-204
  • 河内和直. 文科系学生における統計学習を探る -その修学困難感と理解感-. 文京学院大学人間学部研究紀要. 2018. Vol.19. 179-184
  • 河内和直. 統計学の修学困難感と学習者特性の関連の検討 -「文科系学生」としての自己概念を中心に-. 文京学院大学人間学部研究紀要. 2017. Vol.18. 181-186
  • 河内和直. 統計教育実践における文科系学生の修学困難感の検討 -内発的価値の喚起を意図した教授実験から-. 明星大学通信制大学院研究紀要:教育学研究. 2015. Vol.15. 27-35
  • 河内和直. 学生ニーズに見る統計教育の介入手がかり -教授内容による評価と効果-. 文京学院大学人間学部研究紀要. 2015. Vol.16. 171-175
もっと見る
書籍 (5件):
  • 社会調査の基礎 第4版 (社会福祉士シリーズ5)
    弘文堂 2019 ISBN:9784335611933
  • 社会調査の基礎 第3版 (社会福祉士シリーズ 5)
    弘文堂 2016 ISBN:9784335611735
  • 社会調査の基礎 第2版 (社会福祉士シリーズ 5)
    弘文堂 2014 ISBN:9784335611599
  • 心理学いろいろ
    文化書房博文社 2011 ISBN:9784830111945
  • 社会調査の基礎 (社会福祉士シリーズ 5)
    弘文堂 2008 ISBN:9784335610752
講演・口頭発表等 (12件):
  • 学生ニーズに見る統計教育の介入手がかり -「教授内容へのニーズ」の再分析から-
    (日本応用心理学会第81回大会 2014)
  • 統計学の修学困難感を解く -その認識の構造-
    (日本応用心理学会第80回大会 2013)
  • ニーズ・アセスメントに及ぼす個人特性の影響 -文科系学生を対象とした統計教育の場合-
    (日本応用心理学会第78回大会 2011)
  • 文科系学生におけるデータ分布と平均値の理解 -統計教育の視点から-
    (日本応用心理学会第77回大会 2010)
  • ニーズ・アセスメントにおける社会的望ましさ反応の可能性 -統計学の授業の場合-
    (日本パーソナリティ心理学会第18回大会 2009)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2013 - 2015 明星大学大学院 教育学専攻
  • 2004 - 2007 立正大学大学院 心理学専攻
学位 (2件):
  • 修士(文学) (立正大学)
  • 修士(教育学) (明星大学)
所属学会 (3件):
日本統計学会 ,  日本応用心理学会 ,  日本パーソナリティ心理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る