研究者
J-GLOBAL ID:200901058120241296   更新日: 2020年11月16日

伊藤 將弘

イトウ マサヒロ | Ito Masahiro
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究キーワード (1件): 情報生物学
論文 (41件):
  • Muhamad Fahmi, Gen Yasui, Kaito Seki, Syouichi Katayama, Takako Kaneko-Kawano, Tetsuya Inazu, Yukihiko Kubota, Masahiro Ito. In silico study of Rett syndrome treatment-related genes, MECP2, CDKL5, and FOXG1 by evolutionary classification and disordered region assessment. Int. J. Mol. Sci. 2019. 20. 22. 5593
  • Yukihiko Kubota, Kiyoji Nishiwaki, Masahiro Ito, Asako Sugimoto. The role of Tissue Inhibitors of Metalloproteinases in organ development and regulation of ADAMTS family metalloproteinases in Caenorhabditis elegans. Genetics. 2019. 212. 2. 523-535
  • Muhamad Fahmi, Masahiro Ito. Evolutionary Approach of Intrinsically Disordered CIP/KIP Proteins. Scientific Reports. 2019. 9. 1575
  • Yusuke Nomoto, Yukihiro Kubota, Yuto Ohnishi, Kota Kasahara, Aimi Tomita, Takehiro Oshime, Hiroki Yamashita, Muhamad Fahmi, Masahiro Ito. Gene Cascade Finder: A tool for identification of gene cascades and its application in Caenorhabditis elegans. PLOS ONE. 2019. 14. 9. e0215187
  • 中村孝大, 田中純, 小島寿夫, 伊藤將弘. 系統プロファイル法によるヒト糖加水分解酵素の進化的分類. 立命館大学理工学研究所紀要. 2018. 77. 23-34
もっと見る
特許 (1件):
  • 糖鎖構造の予測方法及び予測プログラム
講演・口頭発表等 (125件):
  • 稀少疾患原因タンパク質に対するミスセンス変異解析 / Missense mutation analysis for rare disease-causing proteins
    (稀少疾患カンファランス 2019)
  • データサイエンスによるRett症候群関連タンパク質の体系的解析
    (稀少疾患カンファランス 2019)
  • 線虫 Caenorhabditis elegansを用いたPAF1複合体の機能解析
    (稀少疾患カンファランス 2019)
  • 稀少疾患原因遺伝子における変異解析
    (線虫の未来を創る会 2019)
  • Evolutionary and functional assessment of Rett syndrome-related proteins
    (線虫の未来を創る会 2019)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(情報科学) (北陸先端科学技術大学院大学)
所属学会 (6件):
日本油化学会 ,  日本糖質学会 ,  日本生化学会 ,  日本バイオインフォマティクス学会 ,  日本生物理学会 ,  日本分子生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る