研究者
J-GLOBAL ID:200901058260078212   更新日: 2020年08月31日

村上 和成

ムラカミ カズナリ | Murakami Kazunari
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 消化器内科学
研究キーワード (2件): 消化器内視鏡学 ,  消化器病学
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2019 - 2022 ピロリ菌による炎症を基盤とした発癌メカニズムの解明
  • 2018 - 2021 網羅的遺伝子解析と組織学的解析によるH. pylori除菌後胃癌高危険群の特定
  • 2017 - 2020 ピロリ菌除菌後健康人を対象とした世界初エピゲノム発がんリスク診断の実用化
  • 2017 - 2020 膵癌の進展に関わる新規がん抑制遺伝子ZNF395の機能解明と臨床応用
  • 2015 - 2018 劇症型アニサキス症の病態形成機構の解明と原因分子の同定
全件表示
論文 (55件):
  • Fukuda M, Ishigaki H, Sugimoto M, Mukaisho KI, Matsubara A, Ishida H, Moritani S, Itoh Y, Sugihara H, Andoh A, Ogasawara K, Murakami K, Kushima R. Histological analysis of fundic gland polyps secondary to PPI therapy. Histopathology. 2019. 75. 4. 537-545
  • Sonoda A, Wada Y, Togo K, Mizukami K, Fuyuno Y, Umeno J, Fujioka S, Fukuda K, Okamoto K, Ogawa R, Okimoto T, Murakami K. Characteristic Facial Appearance Was the Key to Diagnosing Chronic Enteropathy Associated with SLCO2A1-Associated Primary Hypertrophic Osteoarthropathy: A Case Report. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2019
  • Wada K, Ueo T, Yonemasu H, Togo K, Inoue S, Honda H, Katsuta M, Takahashi H, Yao K, Murakami K. Antacids may increase the appearance of white opaque substance in Helicobacter pylori -eradicated gastric epithelial neoplasia. Endoscopy international open. 2019. 7. 9. E1144-E1149
  • Abe T, Kusatsu K, Nagai T, Murakami K. Successful endoscopic retrieval of a toothpick stuck in the small intestine using double-balloon enteroscopy. Endoscopy. 2019
  • Kawahara Y, Kodama M, Mizukami K, Saito T, Hirashita Y, Sonoda A, Fukuda K, Matsunari O, Okamoto K, Ogawa R, Okimoto T, Murakami K. Endoscopic gastric mucosal atrophy as a predictor of colorectal polyps: a large scale case-control study. Journal of clinical biochemistry and nutrition. 2019. 65. 2. 153-159
もっと見る
MISC (112件):
  • 木下 慶亮, 園田 光, 福地 聡士, 梶本 展明, 新関 修, 山下 勉, 岡本 和久, 室 豊吉, 村上 和成. 急性膵炎にて発症した十二指腸原発濾胞性悪性リンパ腫の1例. 日本消化器内視鏡学会雑誌. 2019. 61. 8. 1576-1581
  • 阿部 寿徳, 橋永 正彦, 相馬 渉, 武原 真一, 村上 和成. 症例 便潜血陽性により発見された無症候性大腸魚骨の1例. 内科 = Internal medicine : 臨床雑誌. 2018. 121. 2. 353-355
  • 兒玉 雅明, 沖本 忠義, 小川 竜, 岡本 和久, 水上 一弘, 村上 和成. 世界の類似研究との差異 : 欧米とアジア (特集 日本ヘリコバクター学会主導の全国除菌レジストリー(登録調査)). Helicobacter research : Journal of helicobacter research. 2018. 22. 1. 48-55
  • 井上 晴洋, 小村 伸朗, 村上 和成, 深見 悟生, 藤本 一眞, 田尻 久雄, 塩飽 洋生, 岩切 勝彦, 鬼丸 学, 小林 泰俊, 南 ひとみ, 佐藤 裕樹, 北野 正剛, 岩切 龍一. POEM診療ガイドライン. 日本消化器内視鏡学会雑誌. 2018. 60. 6. 1249-1271
  • 兒玉 雅明, 村上 和成. 除菌後胃癌早期発見のための注意点とフォローアップの方法 (特集 ピロリ総除菌時代における除菌後胃癌の特徴). 日本医事新報. 2017. 4881. 37-44
もっと見る
書籍 (14件):
  • 胃炎の京都分類
    日本メディカルセンター 2018 ISBN:9784888753098
  • 胃炎の京都分類Q and A
    日本メディカルセンター 2017 ISBN:9784888753005
  • 胃炎の京都分類
    日本メディカルセンター 2014 ISBN:9784888752718
  • Helicobacter pylori感染症の現状と展望
    2008
  • 消化器の検査15 ピロリ菌検査(UBT)
    2008
もっと見る
講演・口頭発表等 (25件):
  • 胃癌とピロリ菌感染について
    (第15回日本消化管学会総会学術集会 2019)
  • 大規模診療データ解析によるわが国のH.pylori除菌治療の実態
    (第25回日本消化器関連学会週間 2017)
  • Helicobacter pylori Diagnosis, Eradication, and Gastric cancer risk assessment in Japan
    (KSLM 2017 Spring Symposium 2017)
  • Clinicopathological Characteristics of Gastric Cancer following H. pylori Eradication- from Kyoto Global Consensus Meeting
    (The 3rd China- Japan Medical Exchange ( Gastroenterology ) Forum 2016)
  • H.pylori感染胃炎の診断と治療
    (第23回日本消化器関連学会週間 2015)
もっと見る
Works (1件):
  • H.pylori陽性の胃潰瘍を対象としたE3810,AMPC,およびTE-031の三剤併用によるH.pylori除菌率と安全性の検討
    2003 -
学歴 (2件):
  • - 1990 大分医科大学 医学研究科
  • - 1983 広島大学 医学部 医学科
学位 (1件):
  • 博士(医学) (*大分医科大学*)
経歴 (1件):
  • - 現在 大分大学医学部 教授
委員歴 (10件):
  • - 現在 日本カプセル内視鏡学会 代議員
  • - 現在 日本臨床腫瘍学会 暫定指導医
  • - 現在 日本病院総合診療医学会 評議員
  • - 現在 日本内科学会 評議員、認定内科医
  • - 現在 日本高齢消化器病学会 :理事
全件表示
受賞 (5件):
  • 2001 - 日本ヘリコバクター学会優秀賞
  • 1998 - American Gastroenterological Association(AGA): DDW poster of distinction
  • 1996 - 第8回日本消化器病学会 奨励賞
  • 1995 - 第1回日本ヘリコバクター研究会 最優秀臨床演題賞
  • 1994 - The 1st international AGA/Singapore gastroenterological meeting : Best selected papers
所属学会 (9件):
日本消化管学会 ,  日本化学療法学会 ,  日本感染症学会 ,  日本ヘリコバクター学会 ,  日本胆道学会 ,  日本膵臓学会 ,  日本消化器内視鏡学会 ,  日本消化器病学会 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る