研究者
J-GLOBAL ID:200901058273705372   更新日: 2020年09月01日

立入 郁

タチイリ カオル | Tachiiri Kaoru
所属機関・部署:
職名: グループリーダー
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
研究分野 (1件): 地理学
研究キーワード (17件): 干ばつ ,  砂漠化 ,  GIS ,  リモートセンシング ,  モニタリング ,  環境情報 ,  不確実性 ,  簡略気候モデル ,  炭素循環 ,  desertification ,  drought ,  Remote sensng ,  GIS ,  modeling ,  Uncertainty ,  EMIC(Earth system model of intermediate complexity) ,  Carbon cycle
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2013 - 2014 伝統知と現代科学の融合による地球温暖化対応策の提言:地域および全球スケールでの試み
  • 2012 - 2014 モンゴル草原地域における放牧圧の推定とその陸域生態系モデルへの導入
  • 2010 - 2012 CMIP3マルチモデルデータセットを用いたモンゴルの将来ゾドリスク評価
  • 2009 - 2010 モンゴルにおける干ばつ・ゾド診断モデルの改良と温暖化影響推定への適用
  • 1999 - 2002 サヘル地域における干ばつ早期警戒システムの評価とその他地域への応用
全件表示
論文 (49件):
  • Watanabe, M., Tatebe, H., Suzuki, T., Tachiiri, K. Control of transient climate response and associated sea level rise by deep-ocean mixing (accepted). Environmental Research Letters. 2020
  • Akitsu, T., Nakaji, T., Kobayashi, H., Okano, T., Honda, Y., Terigele, Hayashi, M., Hiura, T., Ide, R., Kajiwara, K., Kumikawa, S., Matsuoka, Y., Nakano, T., Nakano, T., Okuda, A., Sato, T., Tachiiri, K., Takahashi, Y., Uchida, J., Nasahara, K. Large-scale ecological field data for satellite validation in deciduous forests and grasslands (Data paper) (accepted). Ecological Research. 2020
  • Tachiiri, K, Hajima, T, Kawamiya, M. Increase of the transient climate response to cumulative carbon emissions with decreasing CO2 concentration scenarios. Environmental Research Letters. 2019
  • Tachiiri, K, Silva Herran, D., Su, X, Kawamiya, M. Effect on the Earth system of realizing a 1.5°C warming climate target after overshooting to the 2°C level. Environmental Research Letters. 2019
  • Silva Herran, D, Tachiiri, K, Matsumoto, K. Global energy system transformations in mitigation scenarios considering climate uncertainties. Applied Energy. 2019. 243. 1. 119-131
もっと見る
書籍 (3件):
  • 中国の砂漠化とその対策: 中学校 地図・社会科研究 2001年1月号(3学期)付録 「地理シリーズ・写真資料 中国」No.8
    帝国書院 2001
  • The present status, potential and limits of simulation models of desertification in the world (Tachiiri, K., Takeuchi, K. and Tsunekawa, A.), "Space informatics for sustainable development", Oxford & IBH, New Delhi, 177-184.
    Oxford & IBH 1998
  • 土地荒廃と生物資源の持続的利用(恒川篤史・武内和彦・立入 郁),「生物資源の持続的利用(武内和彦・田中 学編,pp284)」59-95
    岩波書店 1998
学歴 (2件):
  • - 1999 東京大学 生産・環境生物学
  • - 1994 京都大学 地球物理
学位 (1件):
  • 博士(農学) (東京大学)
受賞 (3件):
  • 2018/12 - 鳥取大学乾燥地研究センター 乾燥地科学共同研究発表賞
  • 2001 - 平成12年度日本造園学会研究奨励賞
  • 2001 - 第1回環境情報科学センター賞(学術論文奨励賞)
所属学会 (3件):
日本地理学会 ,  日本気象学会 ,  環境情報科学センター
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る