研究者
J-GLOBAL ID:200901058295085181   更新日: 2020年09月01日

杉浦 邦征

スギウラ クニトモ | Sugiura Kunitomo
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 京都大学  大学院地球環境学堂 資源循環学廊   教授
ホームページURL (1件): http://strmech.kuciv.kyoto-u.ac.jp/temp/1.home.htm
研究分野 (2件): 構造工学、地震工学 ,  土木材料、施工、建設マネジメント
研究キーワード (6件): 健全性評価・残存性能評価と維持管理 ,  構造材料の非弾性特性 ,  鋼・複合構造物の強度と変形性能 ,  Strength of Composite Structures and Its Design ,  Mechanical Behavior of Structural Steels ,  Strength and Ductility of Steel Structures
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 鋼および複合橋の設計
  • 複合材料の橋梁への適用に関する研究
  • 引張継手の合理的設計法に関する研究
  • ケーブル定着構造に関する研究
  • 鋼製橋脚の耐震設計に関する研究
全件表示
論文 (400件):
  • Ming Li, Yasuo Suzuki, Kunitaro Hashimoto, Kunitomo Sugiura. Experimental Study on Fatigue Resistance of Rib-to-Deck Joint in Orthotropic Steel Bridge Deck. Journal of Bridge Engineering, ASCE, Vol. 23, Issue 2. 2018. 23. 2
  • Sakhiah Abdul Kudus, Yasuo Suzuki, Masahide Matsumura, Kunitomo Sugiura. Damage assessment based on sensitivity of modal parameter in plated structure. Malaysian Construction Research Journal, MCRJ, Vol. 11, No. 2, p.111. 2018. 11. 2. 111
  • Sakhiah Abdul Kudus, Yasuo Suzuki, Masahide Matsumura, Kunitomo Sugiura. Damage assessment based on modal analysis of pipe structure. Journal Teknologi, Vol.8, No.5. 2018. 8. 5
  • Sakhiah Abdul Kudus, Yasuo Suzuki, Masahide Matsumura, Kunitomo Sugiura. Vibration-response due to thickness loss on steel plate excited by resonance frequency. , IOP conference series: Earth and environmental science, Vol.140, No. 1, p. 012123. 2018. 140. 1
  • Chen Xu, Kunitomo Sugiura, Qingtian Su. Fatigue Behavior of the Group Stud Shear Connectors in Steel-Concrete Composite Bridges. Journal of Bridge Engineering, ASCE, Vol.23, Issue 8. 2018. 23. 8
もっと見る
特許 (3件):
書籍 (12件):
  • 土木構造用FRP部材の設計基礎データ(複合構造レポート11)
    土木学会 2014
  • 巨大地震に対する複合構造物の課題と可能性(複合構造レポート8)
    土木学会 2011
  • FRP歩道橋設計・施工指針(案)(複合構造シリーズ14)
    土木学会 2011
  • 事例に基づく複合構造の維持管理技術の現状評価(複合構造レポート4)
    土木学会 2010
  • 腐食した鋼構造物の耐久性能照査マニュアル(鋼構造シリーズ18)
    土木学会 2009
もっと見る
講演・口頭発表等 (7件):
  • 鋼構造物の長期耐久性について
    (土木学会・平成25年度全国大会研究討論会「土木構造物の持続性を考慮した300年プロジェクト」 2013)
  • ニューヨーク州立大学バッファロー校・留学体験談
    (関西道路研究会・道路橋調査研究委員会報告会 2012)
  • 地域における橋梁の現状と課題
    (国土交通省近畿地方整備局「ふるさとの橋を守る」講演会 2010)
  • 橋梁の健全度評価および長寿命化
    (京都工芸繊維大学複合材料長期耐久性評価研究センター第23回講演会 2010)
  • FRP歩道橋設計ガイドライン策定に向けて
    (土木学会・平成20年度全国大会研究討論会「FRPがつくる新たな複合構造」 2008)
もっと見る
Works (13件):
  • Application of FRP to Bridge Structures
    2001 -
  • FRP材料の橋梁構造物への適用
    2001 -
  • Application of FRP to Bridge Structures
    2001 -
  • CFRPによる鋼構造物の補強に関する研究
    1999 -
  • Rehabilitation of Steel Structures by CFRP
    1999 -
もっと見る
学歴 (6件):
  • 1984 - 1988 米国ニューヨーク州立大学バッファロー校 土木工学専攻(Ph.D.課程)
  • - 1988 State University of New York at Buffalo Civil Engineering
  • 1984 - 1984 名古屋大学 土木工学専攻(博士後期課程)
  • 1982 - 1984 名古屋大学 土木工学専攻(博士前期課程)
  • 1978 - 1982 名古屋大学 土木工学科
全件表示
学位 (2件):
  • Ph.D. (ニューヨーク州を大学バッファロー校)
  • 工学修士 (名古屋大学)
経歴 (5件):
  • 2006/10 - 現在 京都大学 工学研究科社会基盤工学専攻 教授
  • 1994/04 - 2006/09 京都大学 工学部土木工学科 助教授
  • 1988/11 - 1994/03 京都大学 工学部土木工学科 助手
  • 1988 - 1994 KYOTO University, Reseaeh Associate
  • 1988/09 - 1988/11 米国ニューヨーク州立大学バッファロー校研究員
受賞 (2件):
  • 2002 - JSCE Paper Award
  • 2001 - 土木学会論文賞
所属学会 (6件):
IABSE ,  日本地震工学会 ,  日本鋼構造協会 ,  日本材料学会 ,  日本建築学会 ,  土木学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る