研究者
J-GLOBAL ID:200901058334045850   更新日: 2021年07月09日

田中 啓文

タナカ ヒロフミ | Tanaka Hirofumi
所属機関・部署:
その他の所属(所属・部署名・職名) (6件):
  • 九州工業大学  ニューロモルフィックAIハードウェア研究センター   センター長
  • 九州工業大学
  • スラナリー工科大学  卓越教授
  • ベトナム国家大学 ホーチミン工科大学  招聘教授
  • Suranaree University of Technology  Distinguished Professor
全件表示
ホームページURL (1件): http://www.brain.kyutech.ac.jp/~tanaka/index.html
研究分野 (1件): ナノ材料科学
研究キーワード (5件): リザバー演算子 ,  ニューロモルフィックAIハードウェア ,  graphene nanoribbon ,  グラフェンナノリボン ,  脳型デバイス カーボンナノチューブ
競争的資金等の研究課題 (23件):
  • 2020 - 2022 次世代人工知能のための海馬機能の集積回路化に向けたナノ構造メモリ素子・回路の研究
  • 2020 - 2021 公益財団法人北九州産業学術推進機構新成長戦略推進研究開発事業 カーボンナノチューブによる偶発的回路構造を利用した触覚センシング
  • 2019 - 2021 銀/硫化銀ナノ粒子によるランダムネットワークを用いた革新的脳型デバイスへの挑戦
  • 2017 - 2020 原子圧縮制御型分子シナプス素子の開発
  • 2017 - 2020 強相関電子材料のドメイン界面における異常配位環境を利用した新奇機能性開拓
全件表示
論文 (106件):
  • Hadiyawarman, Usami Y, Kotooka T, Azhari S, Eguchi M, Tanaka H. Performance of Ag-Ag2S core-shell nanoparticle-based random network reservoir computing device. Japanese Journal of Applied Physics. 2021. 60. SC
  • Budiman F, Silalahi D.K, Muhamad B, Fathurahman M.R, Rozana M, Tanaka H. Wirelessly powered dielectrophoresis of metal oxide particles using spark-gap Tesla coil. Electrophoresis. 2020. 41. 24. 2159-2165
  • Wahyu Waskito Aji, Yuki Usami, Hadiyawarman, Rikuto Oyabu, Hirofumi Tanaka. Frequency dependence dielectrophoresis technique for bridging graphene nanoribbons. Applied Physics Express. 2020
  • D. Banerjee, Y. Xinguang, D. G. O. Hernowo, H. Tanaka, Y. Yamazaki, T. Ogawa. Pulse Generation Behavior of Single-Walled Carbon Nanotube/ Polyoxometalate Complex Random Network. Kalpa Publications in Engineering. 2020. 3. 150-153
  • Winarsih S, Budiman F, Tanaka H, Adachi T, Goto T, Soegijono B, Kurniawan B, Watanabe I. Variable range hopping resistivity in la2-xsrxcuo4 nanoparticles evaluated by four point probe method. Key Engineering Materials. 2020. 860 KEM. 142-147
もっと見る
MISC (1件):
  • ME Anderson, LP Tan, M Mihok, H Tanaka, MW Horn, PS Weiss. Photolithographic structures with precise controllable nanometer-scale spacings created by molecular rulers. ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY. 2003. 226. U378-U378
書籍 (1件):
  • 分子アーキテクトニクス~単分子技術が開く新たな機能~
    日本化学会 2018
講演・口頭発表等 (22件):
  • Reservoir computing device composed by chemical dynamics
    (UCLA Physical Chemistry seminar series 2021)
  • Nanoparticle Network as an Effective In-Materio Reservoir Computing Device
    (ISASE2021 2021)
  • Nanoparticle Network as an Effective In-Materio Reservoir Computing Device
    (ISASE2021 2021)
  • Random network structure of materials developing next generation AI devices for autonomous systems
    (IUMRS-ICA2021 2021)
  • Recent Development of Neuromorphic AI Hardware
    (The 14th International collaboration Symposium on Information, Production and Systems (ISIPS 2020) 2020)
もっと見る
Works (20件):
  • 強相関電子材料のドメイン界面における異常配位環境を利用した新奇機能性開拓
    2017 - 2020
  • 自動トマト収穫ロボット搭載用の熟れ度検出のための革新的触覚センサーと機械学習自動判別システムの開発研究
    2018 - 2019
  • アンジップ単層グラフェンナノリボンの革新的エッジエンジニアリング
    2015 - 2018
  • パルス発生する負性抵抗素子カーボンナノチューブネットワークの脳型情報処理への応用
    2015 - 2017
  • 原子圧縮制御型分子シナプス素子の開発
    2017 -
もっと見る
学位 (2件):
  • 博士(工学) (大阪大学)
  • Doctor of Engineering (Osaka University)
経歴 (13件):
  • 2020/04 - 現在 九州工業大学 ニューロモルフィックAIハードウェア研究センター センター長
  • 2019/11/19 - 現在 スラナリー工科大学 卓越教授
  • 2018/05/01 - 現在 ベトナム国家大学 ホーチミン工科大学 招聘教授
  • 2014/04/01 - 現在 九州工業大学 大学院生命体工学研究科 人間知能システム工学専攻 教授
  • 2018/04/01 - 2020/03/31 九州工業大学 大学院生命体工学研究科 人間知能システム工学専攻 専攻長
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2020/11/01 - 現在 International Microprocesses and Nanotechnology Conference セッションサブヘッド
  • 2019/11/01 - 現在 分子アーキテクトニクス研究会 会長
  • 2017/04/01 - 現在 IMAA Comittee member
  • 2014/04/01 - 2018/03/31 応用物理学会 プログラム編集委員
受賞 (2件):
  • 2019/10/25 - ACSIN-24 & ICSPM26合同国際会議 Student Award
  • 2017/11/16 - SAES2017 ポスター賞
所属学会 (6件):
応用物理学会 ,  日本表面真空学会 ,  応用物理学会 分子バイオエレクトロニクス分科会 ,  アメリカ電子通信学会 ,  ナノ学会 ,  IMAA
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る