研究者
J-GLOBAL ID:200901058552135993   更新日: 2020年05月30日

赤林 英夫

アカバヤシ ヒデオ | Hideo Akabayashi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.akabayashi.info/http://www.akabayashi.info/
研究分野 (3件): 理論経済学 ,  理論経済学 ,  理論経済学
研究キーワード (17件): 行動経済学 ,  縦断調査 ,  経済学 ,  教育史 ,  教育バウチャー ,  教育 ,  政策評価 ,  家族 ,  学級規模 ,  学校選択 ,  学校 ,  学力テスト ,  子どもの発達 ,  労働 ,  人的資本 ,  ミクロ計量経済学 ,  パネルデータ
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2016 - 2021 経済格差と教育格差の長期的因果関係の解明:親子の追跡データによる分析と国際比較
  • 2016 - 2019 発達心理学の知見を取り入れた家庭内教育の経済理論のパラダイム転換
  • 2012 - 2013 チャンス・フォー・チルドレン事業評価に関する協定
  • 2010 - 2011 教育施策の費用効果分析業務
  • 2009 - 2010 教育施策の費用効果分析業務
論文 (35件):
  • 赤林英夫, 中村亮介, 直井道生, 敷島千鶴. Toward an International Comparison of Economic and Educational Mobility: Recent Findings from the Japan Child Panel Survey. Educational Studies in Japan: International Yearbook. 2016. 10
  • Hideo Akabayashi, Ryosuke Nakamura. CAN SMALL CLASS POLICY CLOSE THE GAP? AN EMPIRICAL ANALYSIS OF CLASS SIZE EFFECTS IN JAPAN. JAPANESE ECONOMIC REVIEW. 2014. 65. 3. 253-281
  • SunYoun Lee, Hideo Akabayashi, Akiko Kamesaka, Byung-Yeon Kim, Hyeog Ug Kwon, Hyoung-Seok Lim, Masao Ogaki, Fumio Ohtake, Xiangyu Qu. Worldviews and Altruistic Behavior: A Progress Report on Experimental Study. Journal of Behavioral Economics and Finance. 2014. 7. 79-83
  • Hideo Akabayashi, Akiko Kamesaka, Ryosuke Nakamura, Masao Ogaki, Teruyuki Tamura. An Experimental Study of Intergenerational Altruism with Parent-Child Pairs. Keio-IES Discussion Paper Series DP2014-005, Institute for Economic Studies, Keio University. 2014
  • 赤林 英夫. Overview of the Japan Household Panel Survey 2012. JOINT RESEARCH CENTER FOR PANEL STUDIES SERECTED DISCUSSION PAPER SERIES. 2013. SDP2012-001
もっと見る
MISC (3件):
  • 赤林 英夫. 教育関係者はエビデンスと冷静に向き合うべき. 教職研修. 2015. 95-97
  • 赤林 英夫. 少人数学級政策の教育効果の不都合な真実. シノドス. 2015
  • 赤林 英夫. わが国における教育経済データの現状と課題. 経済セミナー. 2005. February/March. 27-33
書籍 (10件):
  • 学力・心理・家庭環境の経済分析
    有斐閣 2016
  • Behavioral Interactions, Markets, and Economic Dynamics: Topics in Behavioral Economics
    Springer 2016 ISBN:9784431555001
  • 公共の経済・経営学-市場と組織からのアプローチ
    慶應義塾大学出版会 2012 ISBN:9784766419634
  • 親子関係と家計行動のダイナミズム-財政危機下の教育・健康・就業
    慶應義塾大学出版会 2012 ISBN:9784766419474
  • 『働き方と幸福感のダイナミズム-家族とライフサイクルの影響』
    慶應義塾大学出版会 2012 ISBN:9784766419474
もっと見る
講演・口頭発表等 (16件):
  • 日本における教育のパネルデータ・実験データの収集経済学の立場からの実践と課題
    (日本教育社会学会第67回大会 2015)
  • Dynamics of Educational Inequality among Children in Japan: Findings from the First Four Years of the Japan Child Panel Survey
    (20th International Panel Data Conference 2014)
  • "Determinants of Cognitive and Non-cognitive Outcomes in Japan: Findings fromJapan Child Panel Survey (JCPS):2010-2012,"
    (Children Youth and Families: Mini-Conference on International Perspectives on Child and Youth Health and Development 2013)
  • "Long-Term Effects of Preschooling on Educational Attainments,"
    (WEAI 2013)
  • 「政策研究のための教育データの現状と日本子どもパネル調査」
    (教育経済・教育政策コンフェレンス 2012)
もっと見る
Works (2件):
  • ジャパン・ウィキデータ 開設・運営責任者
    赤林 英夫 2006 - 現在
  • 少人数ゼミナールにおける教育内容・方法の工夫
    赤林 英夫 1998 - 現在
学歴 (3件):
  • 1996 - シカゴ大学
  • 1988 - 東京大学 広域科学
  • 1986 - 東京大学 基礎科学第二
学位 (2件):
  • Ph.D. (シカゴ大学)
  • Ph.D. (University of Chicago)
経歴 (16件):
  • 2006/04 - 現在 大学院経済学研究科委員
  • 2006/04 - 現在 大学教授(経済学部)
  • 2013/04/01 - 2015/03/31 経済学部附属経済研究所 副所長
  • 2009/10 - 2013/09 大学院経済学研究科学習指導担当
  • 2009/04 - 2011/03 政策研究大学院大学客員教授
全件表示
所属学会 (6件):
ソサエティ・オブ・レイバー・エコノミックス ,  日本教育社会学会 ,  日本家族社会学会 ,  全米経済学会 ,  エコノメトリック・ソサエティ ,  日本経済学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る