研究者
J-GLOBAL ID:200901058562683263   更新日: 2020年10月12日

中村 修一

ナカムラ シユウイチ | Nakamura Shuichi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.ach.nitech.ac.jp/~organic/nakamura/index.html
研究分野 (8件): 薬系化学、創薬科学 ,  機能物性化学 ,  グリーンサステイナブルケミストリー、環境化学 ,  生体化学 ,  薬系化学、創薬科学 ,  有機合成化学 ,  生物有機化学 ,  構造有機化学、物理有機化学
研究キーワード (5件): 不斉触媒 ,  医薬品合成 ,  キラル ,  光学活性化合物 ,  不斉合成
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2005 - 現在 環境に優しい不斉合成手法の開発
  • 2004 - 現在 医薬品合成をめざす不斉合成手法開発
  • 2002 - 現在 新規不斉触媒合成研究
  • 2000 - 現在 硫黄官能基を用いる新規不斉合成反応の開発
  • 2000 - 2008 α-ヘテロカルボア二オンの立体選択的反応
論文 (112件):
  • Teruaki Fuchigami, Mami Kuroda, Shuichi Nakamura, Masaaki Haneda, Ken-ichi Kakimoto. piky-shaped niobium pentoxide nano-architecture: highly stable and recoverable Lewis acid catalyst. Nanotechnology. 2020. 31. 32. 325705-325705
  • Kengo Hyodo, Shuichi Nakamura. Catalytic enantioselective decarboxylative nucleophilic addition reactions using chiral organocatalysts. Organic & Biomolecular Chemistry. 2020
  • Shuichi Nakamura, Koichi Matsuzaka, Tsubasa Hatanaka, Yasuhiro Funahashi. Enantioselective Vinylogous Mannich Reaction of Acyclic Vinylketene Silyl Acetals with Ketimines Using Chiral Bis(imidazoline)-Cu(II) Catalysts. Organic Letters. 2020
  • Shuichi Nakamura. Enantioselective Reaction of 2H-Azirines. Chemistry An Asian Journal. 2019. 14. 9. 1323-1330
  • Shuichi Nakamura, Akari Tokunaga, Hikari Saito, Masaru Kondo. Enantioselective conjugate addition of an α,α-dithioacetonitrile with nitroalkenes using chiral bis(imidazoline)-Pd complexes. Chemical Communications. 2019. 55. 37. 5391-5394
もっと見る
MISC (19件):
  • 中村修一. 工学部系統 応用化学分野. 2021(平成32)年入試対策用 螢雪時代4月臨時増刊 『全国大学 学部・学科案内号』. 2020
  • 中村修一. 工学部系統 応用化学分野. 2020平成32)年入試対策用 螢雪時代4月臨時増刊 『全国大学 学部・学科案内号』. 2019
  • 中村修一. 工学部系統 応用化学分野. 2019(平成31)年入試対策用 螢雪時代4月臨時増刊 『全国大学 学部・学科案内号』. 2018
  • 中村修一. 工学部系統 応用化学分野. 2019(平成31)年入試対策用 螢雪時代4月臨時増刊 『全国大学 学部・学科案内号』. 2018. 86. 2. 612-616
  • 中村修一. 工学部系統 応用化学分野. 2018(平成30)年入試対策用 螢雪時代4月臨時増刊 『全国大学 学部・学科案内号』. 2017. 87. 2. 616-619
もっと見る
特許 (20件):
  • 光学活性α-アミノケトン類の製造方法とそれを用いるテトラゾール[1,5-a]キノリン化キナアルカロイド触媒
  • ヘテロアレーンスルホニル化キナアルカロイドアミン触媒およびこれを用いるβ-アミノカルボニル化合物の製造方法
  • ヘテロアレーンカルボニル化キナアルカロイド触媒とそれを用いる光学活性β-アミノホスホン酸及びβ-アミノホスフィンの製造方法
  • 光学活性なα,β-ジアミノニトリル類の製造方法
  • 光学活性なα-チオ-β-アミノニトリル類の製造方法
もっと見る
書籍 (7件):
  • The Chemistry of Pincer Compounds; Chapter 10. Chiral NCN pincer-type catalysts having bis(imidazoline)s
    ELSEVIER 2018 ISBN:9780128129319
  • 基礎有機化学演習
    東京化学同人 2009 ISBN:4807907077
  • Organosulfur Chemistry in Asymmetric Synthesis, Asymmetric Reaction of a-Sulfenyl Carbanions
    Wiley 2008 ISBN:3527318542
  • Science of Synthesis, Compounds with Two Carbon-Heteroatom Bonds, Volume 31a Arene-X (X = Hal, O, S, Se, Te). Aryl sulfones and N Derivatives (31.10)
    Thime 2007
  • Science of Synthesis, Compounds with Two Carbon-Heteroatom Bonds, Volume 31a Arene-X (X = Hal, O, S, Se, Te). Arenesulfinic Acids and Derivatives (31.11)
    Thime 2007
もっと見る
講演・口頭発表等 (266件):
  • α-ケトエステルと光学活性イミダゾリン-リン酸触媒を用いたキラル環状アミナールの合成
    (第10回CSJ化学フェスタ2020 2020)
  • Asymmetric Addition of Oxazolones to 2H-Azirines Using Cinchona Alkaloid Sulfonamide Catalyst
    (12th Organocatalyst Symposium 2019)
  • Asymmetric Propargylation of ketones using chiral bis(imidazoline) catalysts on water
    (The 3rd FRIMS International Symposium on Frontier Materials 2019)
  • Enantioselective Vinylogous Mannich Reaction of Ketimines Using Chiral Bis(imidazoline)-Copper(II) Catalyst
    (The 3rd FRIMS International Symposium on Frontier Materials 2019)
  • Development of Organocatalytic Stereoselective Decarboxylative Aldol Reaction ofα-Amido Malonic Acid Half Oxyesters to Isatins
    (The 3rd FRIMS International Symposium on Frontier Materials 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 2001 名古屋工業大学 物質工学専攻
  • - 1998 名古屋工業大学 物質工学専攻
  • - 1996 名古屋工業大学 応用化学科
学位 (4件):
  • 修士(工学) (名古屋工業大学)
  • 博士(工学) (名古屋工業大学)
  • Master (Engineering) (Nagoya Institute of Technology)
  • Doctor (Engineering) (Nagoya Institute of Technology)
経歴 (4件):
  • 2019/04/01 - 現在 名古屋工業大学 大学院 ながれ領域 教授
  • 2008/04/01 - 2018/03/31 名古屋工業大学 准教授
  • 2001/04/01 - 2008/03/31 名古屋工業大学 助教
  • 2003/09/01 - 2004/08/31 University of Pittsburgh (文部科学省在外研究員) 研究員
受賞 (15件):
  • 2020 - 名古屋工業大学 名古屋工業大学教員評価優秀賞
  • 2019/06/04 - 名古屋工業大学 名古屋工業大学教員評価優秀賞
  • 2017/06/05 - 名古屋工業大学 名古屋工業大学教員評価特別優秀賞
  • 2015/11/30 - 名古屋工業大学 名古屋工業大学教員評価優秀賞
  • 2014/11/26 - 名古屋工業大学 名古屋工業大学職員褒章 優秀賞受賞
全件表示
所属学会 (6件):
東海化学工業会 ,  日本薬学会 ,  日本プロセス化学会 ,  有機合成化学協会 ,  アメリカ化学会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る