研究者
J-GLOBAL ID:200901058594142450   更新日: 2021年05月26日

大森 正夫

オオモリ マサオ | Oomori Masao
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.kyoto-saga.ac.jp/teachers/staff.php?name=oo-oomori
研究分野 (4件): 建築史、意匠 ,  建築計画、都市計画 ,  美術史 ,  美学、芸術論
研究キーワード (7件): 建築意匠論 ,  デザイン論 ,  空間論 ,  京都 ,  Architectural History and Design ,  Methods of Design ,  Architectural planning
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2002 - 2010 地域文化における芸術活動の可能性
  • 1991 - 祭礼行事における「しつらい」の空間構成に関する研究
  • 1991 - レイアウト・デザインの方法論に関する調査研究
  • 京都の風景に関する研究
  • A Study on the formation of area with Festival and Ritual
全件表示
MISC (46件):
もっと見る
書籍 (10件):
  • 港で出合う芸術祭 神戸ビエンナーレ2009
    美術出版社 2010 ISBN:9784568504224
  • 京都の空間遺産-社寺に隠された野望のかたち、夢のあと-
    淡交社 2009 ISBN:9784473036049
  • そして、神戸でビエンナーレ! 美術手帖2009年10月増刊
    美術出版社 2009
  • 都市政策第133号 特集:文化創生都市づくりとビエンナーレ
    勁草書房 2008 ISBN:9784326961733
  • 神戸ビエンナーレ2007
    神戸新聞総合出版センター 2008 ISBN:9784343004741
もっと見る
講演・口頭発表等 (12件):
  • 月待ちの十三夜
    (講演「十三夜観月の夕べ」 2010)
  • 銀(しろがね)の風景-銀閣における十三夜の意味 -
    (環境芸術学会第11回大会 研究発表 2010)
  • 環境芸術と持続可能な彩生
    (上勝Earthwork2010 フォーラム 2010)
  • 金閣と光、銀閣の光
    (京都嵯峨芸術大学公開講座「日本の文化と光」 2010)
  • 近代世界における日本美術の意義
    (ホテルオークラ神戸・チャペル 2010)
もっと見る
Works (51件):
  • 展覧会「扇・面・展」
    2003 -
  • シンポジウム「“再び”環境と芸術の共創-“自然”と“地域”との共創から」 平成14年10月27日淡路景観園芸学校(環境芸術学会)
    2002 -
  • CG「紅葉の高山寺表参道」月報私学2002年11月表紙掲載
    2002 -
  • シンポジウム「環境芸術としてのいけばな」 平成14年10月9日ホテルオークラ神戸(華遊倶楽部)
    2002 -
  • CG「観月の銀閣寺」月報私学2002年10月号表紙掲載
    2002 -
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1988 京都大学 建築学
  • - 1988 京都大学
学位 (1件):
  • 工学修士
委員歴 (8件):
  • 2001/04 - 現在 環境芸術学会 理事、副会長、学会誌委員会委員長
  • 1999/04 - 現在 意匠学会 役員、学会賞選考委員会委員長
  • 2014/04 - 2016/03 神戸ビエンナーレ組織委員会 神戸ビエンナーレ2015アーティスティックディレクター
  • 2012/04 - 2014/03 神戸ビエンナーレ組織委員会 神戸ビエンナーレ2013アーティスティックディレクター
  • 2010/04 - 2012/03 神戸ビエンナーレ組織委員会 神戸ビエンナーレ2011エクゼクティブディレクター
全件表示
所属学会 (6件):
美学会 ,  意匠学会 ,  日本都市計画学会 ,  日本建築学会 ,  日本デザイン学会 ,  環境芸術学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る