研究者
J-GLOBAL ID:200901058822167990   更新日: 2020年06月01日

福岡 欣治

Yoshiharu Fukuoka
所属機関・部署:
職名: 教授
論文 (59件):
  • 福岡欣治. アンケート調査の留意点-充実した調査のために-. ヒューマンスキル教育研究. 2020. 28. 44-51
  • 福岡 欣治. 日常ストレス経験に伴う友人からのソーシャルサポート受領と自己成長感の関係. 川崎医療福祉学会誌. 2020. 29. 2. 379-383
  • 福岡欣治. 親との関係性および親になることに対する意識が大学生の性に対する態度に及ぼす影響. 川崎医療福祉学会誌. 2019. 29. 1. 147-152
  • Yoshiharu Fukuoka. Mediating effect of perceived social support on the correlation between the past parent-child relationships and psychological well-being in late adolescence. Kawasaki Journal of Medical Welfare. 2019. 25. 1. 11-18
  • 澤井智哉, 福岡欣治. 大学生のインターネット利用動機とインターネット依存傾向の関係-自己制御および孤独感との交互作用を含めて-. 川崎医療福祉学会誌. 2018. 28. 1. 77-87
もっと見る
書籍 (11件):
  • ジャーナリストの惨事ストレス「惨事ストレスとは何か--救援者の心を守るために」
    河出書房新社 2019
  • ソーシャルサポートのアセスメント「健康心理学事典」
    丸善出版 2019
  • 第6章 向社会的行動:援助行動「ポテンシャル社会心理学」
    サイエンス社 2018
  • ソーシャルサポート「学校心理学ハンドブック:「チーム」学校の充実をめざして」
    教育出版 2016
  • 社会的関係「心理学概論[第2版]」
    ナカニシヤ出版 2014
もっと見る
講演・口頭発表等 (109件):
  • 自己没入特性、ソーシャルサポート、抑うつおよび精神的健康度の関係
    (岡山心理学会第67回大会 2019)
  • 大学生の認知する祖父母の機能と自身の心理的発達および高齢者イメージとの関連
    (岡山心理学会第67回大会 2019)
  • 友人関係における信頼/被信頼と援助要請-ソーシャルサポートと孤独感を介した検討-
    (岡山心理学会第67回大会 2019)
  • 大学生におけるボランティア活動経験と共感性の変化
    (岡山心理学会第67回大会 2019)
  • 一般的信頼とソーシャルサポートのストレス緩衝効果
    (中国四国心理学会第75回大会 2019)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(心理学) (同志社大学)
受賞 (4件):
  • 2016/08 - 日本医療秘書実務学会 日本医療秘書実務学会2016年度学会賞 医事課職員における組織風土、情緒的サポートとバーンアウト、患者・家族対応との関連
  • 2015/08 - 日本医療秘書実務学会 日本医療秘書実務学会2015年度奨励賞 医事課職員における職務ストレッサーとバーンアウト傾向-患者接遇への注目を背景として-
  • 2015/02 - 日本医療秘書学会 日野原賞最優秀賞 医事課職員におけるバーンアウト
  • 2013/11 - International Society for Traumatic Stress Studies Frank Ochberg Award for Media and Trauma Study
所属学会 (15件):
日本心理学会 ,  日本教育心理学会 ,  日本社会心理学会 ,  日本健康心理学会 ,  日本感情心理学会 ,  日本パーソナリティ心理学会 ,  日本グループ・ダイナミックス学会 ,  日本応用心理学会 ,  日本産業ストレス学会 ,  日本発達心理学会 ,  日本トラウマティック・ストレス学会 ,  中国四国心理学会 ,  岡山心理学会 ,  日本学生相談学会 ,  日本心理臨床学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る