研究者
J-GLOBAL ID:200901058946794364   更新日: 2021年04月02日

安井 繁宏

ヤスイ シゲヒロ | Yasui Shigehiro
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (2件): 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする理論 ,  医用システム
研究キーワード (37件): 医療統計 ,  量子コンピューター ,  非可量子換統計 ,  チャーム・ボトム原子核 ,  対称性の自発的破れ ,  ハドロン分子 ,  ペンタクォーク ,  テトラクォーク ,  カイラル対称性 ,  輸送係数 ,  ブージャム ,  クロスオーバー ,  スピン-アイソスピン近藤効果 ,  南部ゴールドストーンモード ,  エキシトン ,  ソリトン ,  カイラル有効理論 ,  重クォーク有効理論 ,  ハドロン生成 ,  量子不純物 ,  量子欠陥 ,  量子渦 ,  フェルミオンゼロモード ,  QCD近藤効果 ,  カイラルカレント ,  ハドロンスペクトロスコピー ,  中性子超流動 ,  マグネター ,  中性子星 ,  近藤効果 ,  高密度物質 ,  クォーク物質 ,  トポロジカル超伝導・超流動 ,  トポロジカル物質 ,  重イオン衝突 ,  チャーム・ボトムエキゾチックハドロン ,  ハイパー核
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2017 - 2020 チャーム・ボトムハドロン分子/原子核の解明に向けた重いハドロン有効相互作用の構築
  • 2015 - 2018 チャームに拡張されたマルチフレーバー原子核構造とヘビークォーク対称性
  • 2010 - 2011 QCD 有効理論による重いフレーバーを含むエキゾチック原子核の研究
論文 (94件):
  • Daiki Suenaga, Yasufumi Araki, Kei Suzuki, Shigehiro Yasui. Chiral separation effect catalyzed by heavy impurities. Physical Review D. 2021. 103. 5. 1-17
  • Yasufumi Araki, Daiki Suenaga, Kei Suzuki, Shigehiro Yasui. Two relativistic Kondo effects: Classification with particle and antiparticle impurities. Physical Review Research. 2021. 3. 1. 1-12
  • Daisuke Inotani, Shigehiro Yasui, Muneto Nitta. Strong-coupling effects of pairing fluctuations, and Anderson-Bogoliubov mode in neutron S01 superfluids in neutron stars. Physical Review C. 2020. 102. 6
  • Daiki Suenaga, Kei Suzuki, Yasufumi Araki, Shigehiro Yasui. Kondo effect driven by chirality imbalance. Physical Review Research. 2020. 2. 2
  • Shigehiro Yasui, Daisuke Inotani, Muneto Nitta. Coexistence phase of 1S0 and 3P2 superfluids in neutron stars. Physical Review C. 2020. 101. 5
もっと見る
講演・口頭発表等 (93件):
  • Aspects of neutron P-wave superfluidity in neutron stars
    (Quarks and Compact Stars 2019 (QCS2019) 2019)
  • Heavy Hadrons in Nuclear Matter
    (Workshop on Chiral and heavy quark symmetries in quark-hadron physics 2019)
  • Heavy Hadrons in Nuclear Matter
    (Korea-Japan Joint Workshop on the Present and the Future in Hadron Physics at J-PARC 2019)
  • The Kondo effects for heavy quarks and hadrons
    (The 50th REIMEI Workshop “Universal Physics in Many-Body Quantum Systems -From Atoms to Quarks-” 2018)
  • Quark-hadron continuity under rotation: vortex continuity or boojum?
    (8th International Conference on Quarks and Nuclear Physics (QNP2018) 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2001 - 2004 大阪大学大学院博士後期後期課程 物理学専攻
  • 1999 - 2001 大阪大学大学院博士前期後期課程 物理学専攻
  • 1995 - 1999 大阪大学 物理学科
経歴 (5件):
  • 2020/08 - 現在 高知大学 医学部 附属医学情報センター 助教
  • 2020/05 - 2020/07 特定国立研究開発法人理化学研究所 数理創造プログラムiTHEMS 研究員
  • 2018/04 - 2020/03 慶應義塾大学 自然科学研究教育センター 特任助教
  • 2014/01 - 2018/03 東京工業大学 基礎物理学専攻 特任助教
  • 高エネルギー加速器研究機構 素粒子原子核研究所 研究員
所属学会 (2件):
日本物理学会 ,  日本医療情報学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る