研究者
J-GLOBAL ID:200901058981703967   更新日: 2020年08月27日

根岸 和雄

ネギシ カズオ | Negishi Kazuo
所属機関・部署:
職名: 助教授
研究分野 (3件): 薬理学 ,  薬系衛生、生物化学 ,  分子生物学
研究キーワード (4件): 酵母DNAの点変異誘導 ,  変異原の作用機構 ,  Induction of point mutations in yeast with oligonucleotides ,  Molecular mechanisms of mutagenesis
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • ヌクレオシドアナログによる突然変異の機構
  • 酵母における種々のDNAアダクトの変異誘起作用
  • 太陽光の変異作用
  • Mechanism of mutations induced by nucleoside analogs
  • mutational specificities of DNA modification in yeast
全件表示
MISC (61件):
書籍 (5件):
  • Mutagenic Nucleoside and Nucleotide Analogues, and a Novel Approach to anti-HIV Drug Therapy in
    Recent Research Developments in Organic and Bioorganic Chemistry. Transworld Reserch Network 2002
  • DNA modification ┣DBin(/)-┫DB ┣DBvitro(/)-┫DB and ┣DBin(/)-┫DB ┣DBvivo(/)-┫DB with heterocyclic amines(共著)
    Mutagens in Food : Detection and Prevention, CRC Press 1991
  • Evaluation of the mutagenicity of 1, N<sup>6</sup>-ethenolamine-and 3, N<sup>4</sup>-ethenocytosine-nucleosides in ┣DBSalmonella(/)-┫DB ┣DBtyphimurium(/)-┫DB(共著)
    The Role of Cyclic Nucleic Acid Adducts in arcinogenesis and Mutagenesis, IARC 1986
  • 核酸のアフィニティーラベル
    蛋白質・核酸・酵素別冊「アフィニティークロマトとアフィニティーラベル」 1980
  • Affinity labeling of nucleic acids
    Protein, nucleic acid and enzyne 1980
学歴 (4件):
  • - 1978 東京大学 薬学
  • - 1978 東京大学
  • - 1973 東京大学 製薬化学
  • - 1973 東京大学
学位 (1件):
  • 薬学博士
所属学会 (6件):
米国遺伝学会 ,  生化学会 ,  環境変異原学会 ,  分子生物学会 ,  がん学会 ,  薬学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る