研究者
J-GLOBAL ID:200901059021533230   更新日: 2020年11月15日

谷口 弘一

タニグチ ヒロカズ | Taniguchi Hirokazu
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): 臨床心理学 ,  社会心理学 ,  教育心理学
研究キーワード (6件): 対人ストレス ,  アタッチメント ,  遺伝子多型 ,  マインドフルネス ,  ソーシャルサポート ,  対人ストレスコーピング
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2011 - 2015 対人ストレスコーピングに関する実践的介入研究
  • 2004 - 2007 教師のエンパワーメント向上のための社会的資源に関する総合的研究
  • 2003 - 2005 サポートの互恵性と精神的健康との関連に対する個人内及び個人間発達の影響
MISC (45件):
もっと見る
書籍 (14件):
  • 学校現場で役立つ教育相談-教師をめざす人のために-
    北大路書房 2020 ISBN:9784762831256
  • 健康心理学事典
    丸善出版 2019 ISBN:9784621303764
  • 教育・学校心理学-子どもの学びを支え,学校の課題に向き合う-
    ミネルヴァ書房 2019 ISBN:9784623086078
  • 児童・生徒のサポートの互恵性と精神的健康
    晃洋書房 2013 ISBN:9784771024137
  • 社会・文化に生きる人間
    新曜社 2012 ISBN:9784788512771
もっと見る
講演・口頭発表等 (79件):
  • マインドフルネス瞑想訓練が自由再生課題の成績に及ぼす影響
    (中国四国心理学会第76回大会 2020)
  • カウンセリングに対する抵抗感を規定する要因の検討(3)-感情経験に対する態度測定尺度を用いた追試研究-
    (日本心理学会第84回大会 2020)
  • 科学教育における21世紀型スキル -大学生を対象にした実態調査-
    (日本パーソナリティ心理学会第29回大会 2020)
  • カウンセリングに対する抵抗感を規定する要因の検討(2)-感情受容度尺度を用いて-
    (日本心理学会第83回大会 2019)
  • カウンセリングに対する抵抗感を規定する要因の検討
    (日本健康心理学会第31回大会/日本ヒューマン・ケア心理学会学術集会第20回大会合同大会 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1996 - 2001 広島大学 環境計画科学専攻
  • 1992 - 1994 学習院大学 心理学専攻
学位 (1件):
  • 博士(学術) (広島大学)
経歴 (4件):
  • 2019/04 - 2020/03 下関市立大学 経済学部 教授
  • 2009/04 - 2019/03 長崎大学 教育学部 准教授
  • 2005/04 - 2009/03 同志社大学 文学部 講師
  • 2003/04 - 2005/03 日本学術振興会 特別研究員(PD)
委員歴 (7件):
  • 2020/07 - 現在 PLOS ONE Editorial Board Member
  • 2016/09 - 2020/09 日本パーソナリティ心理学会 機関誌編集委員会委員
  • 2019/04 - 2020/03 下関市 青少年問題協議会委員
  • 2019/04 - 2020/03 下関市 食育推進会議委員
  • 2019/04 - 2020/03 下関市 地域保健・職域保険連携推進協議会副会長
全件表示
所属学会 (7件):
日本教育心理学会 ,  日本グループ・ダイナミックス学会 ,  日本パーソナリティ心理学会 ,  International Association for Relationship Research ,  Society for Personality and Social Psychology ,  American Psychological Association ,  日本心理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る