研究者
J-GLOBAL ID:200901059027049780   更新日: 2020年09月08日

高橋 徹

タカハシ トオル | Takahashi Toru
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 社会学
研究キーワード (1件): コミュニケーション論、社会システム論
論文 (26件):
  • Toru Takahashi. Governing and societal media for building resilience: A sociocybernetic study of the disaster recovery in Japan. Current Sociology. 2019. 67. 4
  • 高橋徹. オープンメディアのランドスケープ-メディアの境界が融解する時代の視座を求めて-. 社会情報. 2017. 25. 1/2. 278-286
  • 高橋徹. ガバニングとソサエタル・メディア:ソサエタル・ガバナンスにおけるメディアのリエゾン機能. 社会情報学. 2016. 4. 2. 65-75
  • Toru TAKAHASHI. Populism and Moralization of Politics in the Age of Systemic Crisis: A Sociocybernetic Case Study of Japanese Politics. The Chuo Law Review. 2016. 122. 11/12. 1-24
  • Toru TAKAHASHI. Political Crisis and Societal Governance:How Media Can be Societal Media?. Journal of Sociocybernetics. 2016. 13. 2. 84-92
もっと見る
MISC (18件):
  • 高橋徹. 社会観察の視座としてのメディア. 『白門』. 2020. 842. 14-18
  • 高橋徹. 「ニュース」とは何か-ニュース価値論にみるメディア社会の現在. 『白門』. 2018. 70. 2. 17-25
  • 高橋徹. 開かれる社会的メディアの地平-「ソーシャルメディア」の時代を越えて. 『白門』. 2017. 69. 9. 4-5
  • 高橋徹. 北郷裕美『コミュニティFMの可能性-公共性・地域・コミュニケーション-』. 現代社会学研究. 2016. 29. 71-76
  • 高橋徹. 18歳選挙権と選挙情報メディアの多様化. 『白門』. 2015. 67. 5. 6-7
もっと見る
書籍 (14件):
  • 『再帰的=反省的社会学の地平』
    東信堂 2017
  • 『ガバナンスとリスクの社会理論-機能分化論の視点から』
    勁草書房 2017
  • 『社会学理論応用事典』
    丸善出版 2017
  • 『社会理論の再興-社会システム論と再帰的自己組織性を超えて』
    ミネルヴァ書房 2016
  • N.ルーマン『社会構造とゼマンティク3』
    法政大学出版局 2013
もっと見る
講演・口頭発表等 (32件):
  • Journalism and Social Systems Theory: A theoretical and empirical reconsideration.
    (Seminario: Dottorato di Ricerca in Studi Umanistici 2019)
  • News Media and Public Opinion in the Age of Massive Communication: A sociocybernetic reflection
    (15th International Conference of Sociocybernetics 2019)
  • Multilevel Cooperation and Societal Resilience in Disaster Response: A case study of the 2011 disaster in Japan
    (IV Conferencia Internacional de Sociología de las Politícas Públicas y Sociales 2019)
  • 地域社会における市民活動とメディア・アテンション--宮城県所管のNPOに関する新聞報道を事例として
    (第91回日本社会学会 2018)
  • Societal Challenges and Media Ecosystem: Reshaping Media into Societal Media
    (XIX International Sociological Association World Congress of Sociology 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1996 - 2001 東北大学
  • 1994 - 1996 東北大学
  • 1989 - 1993 東北大学
学位 (2件):
  • 博士(文学) (東北大学)
  • Ph.D. (Literature) (Tohoku University)
経歴 (8件):
  • 2015/11 - 2017/10 中央大学法学部長補佐
  • 2012/04 - 中央大学法学部教授
  • 2011/04 - 2012/03 札幌学院大学社会情報学部教授
  • 2010/04 - 2012/03 札幌学院大学社会情報学部社会情報学科長
  • 2007/04 - 2011/03 札幌学院大学社会情報学部准教授
全件表示
所属学会 (6件):
東北社会学研究会 ,  東北社会学会 ,  日本社会学会 ,  社会情報学会 ,  北海道社会学会 ,  International Sociological Association
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る