研究者
J-GLOBAL ID:200901059101279033   更新日: 2020年08月25日

榎本 雪

エノモト セツ | Nakatani-enomoto Setsu
研究分野 (1件): 神経内科学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2009 - 現在 不均一連発磁気刺激のてんかんに対する臨床応用およびその生理学的検討
論文 (51件):
  • Groiss SJ, Mochizuki H, Hanajima R, Trenado C, Nakatani-Enomoto S, Otani K, Ugawa Y. Impairment of triad conditioned facilitation in amyotrophic lateral sclerosis. Amyotrophic lateral sclerosis & frontotemporal degeneration. 2017. 1-7
  • Nakatani-Enomoto S, Okutsu M, Suzuki S, Suganuma R, Groiss SJ, Kadowaki S, Enomoto H, Fujimori K, Ugawa Y. Effects of 1950 MHz W-CDMA-like signal on human spermatozoa. Bioelectromagnetics. 2016. 37. 6. 373-381
  • 榎本雪, 宇川義一. 2発刺激-抑制機能の評価(SEP-R). Clinical Neuroscience. 2016
  • 榎本 雪, 宇川 義一. 【臨床神経生理で何がわかる?[2]脳波・誘発電位・眼球運動】 誘発電位 2発刺激 抑制機能の評価(SEP-R). Clinical Neuroscience. 2016. 34. 7. 805-807
  • 榎本雪, 宇川義一. 2発刺激-抑制機能の評価(SEP-R). Clinical Neuroscience. 2016
もっと見る
書籍 (3件):
  • 臨床神経生理検査入門
    中山書店 2017
  • てんかんテキスト New Version (アクチュアル 脳・神経疾患の臨床)
    その他の出版機関 2012 ISBN:9784521734408
  • てんかんテキスト New Version (アクチュアル 脳・神経疾患の臨床)
    その他の出版機関 2012 ISBN:9784521734408
講演・口頭発表等 (37件):
  • 接触電流の感覚閾値の周波数依存性に関する定量的検討
    (第46回日本臨床神経生理学会学術大会 2016)
  • 接触電流の感覚閾値の周波数依存性に関する定量的検討
    (第46回日本臨床神経生理学会学術大会 2016)
  • Quadripulse transcranial magnetic stimulation (QPS) - heterotopic effect on somatosensory evoked potential (SEP) after QPS over the primary motor cortex
    (第46回日本臨床神経生理学会学術大会 2016)
  • Effects of 1950 MHz W-CDMA-like signal on human spermatozoa
    (BioEM 2016 2016)
  • Stimulation frequency dependency of current perception threshold in Japanese
    (BioEM 2016 2016)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 2012 福島県立医科大学 その他の学部
学位 (1件):
  • 博士(医学) (福島県立医科大学)
所属学会 (6件):
日本神経学会 ,  日本臨床神経生理学会 ,  日本老年医学会 ,  日本リハビリテーション医学会 ,  日本脳卒中学会 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る