研究者
J-GLOBAL ID:200901059176751080   更新日: 2020年09月01日

松田 靖弘

マツダ ヤスヒロ | Matsuda Yasuhiro
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
  • 静岡大学  工学部 - 化学バイオ工学科 
  • 静岡大学  大学院総合科学技術研究科工学専攻 - 化学バイオ工学コース 
ホームページURL (1件): https://wwp.shizuoka.ac.jp/matsuda-yasuhiro/
研究分野 (1件): 高分子化学
研究キーワード (1件): 高分子物理化学
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2019 - 2022 らせんの巻き戻しを積極的に利用した多重らせん多糖類の構造・物性制御
  • 2019 - 2019 Change of Structure and Viscosity Enhancement of a Double-helical Polysaccharide, Xanthan Induced by Thermal Renaturation
  • 2017 - 2018 食品用増粘多糖類のらせんの巻き戻しの分子レベルでの理解と物性制御
  • 2014 - 2017 溶媒との複合体結晶を用いたポリ乳酸ゲルの構造解析と材料展開
  • 2015 - 2016 食品用増粘多糖類の変性・再性による構造変化が粘性に及ぼす影響
全件表示
論文 (53件):
  • Yasuhiro Matsuda, Takahiro Fukui, Shun-ich Ishima, Atsushi Takahara, Shigeru Tasaka. Elevation of the flow temperature of gels formed by nano fibers of Poly(Llactic acid) by surface crystallization induced by block copolymers. Polymer. 2019. 181. 121768
  • YasuhiroMatsuda, Takuya Oishi, Mohammad Abdul Barique, Shigeru Tasaka. Crystalline Structure and Unusual Dielectric Behavior of Nylon 93. Polymer Journal. 2019. 51. 4. 433-438
  • Yasuhiro Matsuda, Kazuya Okumura, Shigeru Tasaka. Molar mass dependence of structure of xanthan thermally denatured and renatured in dilute solution. Polymer Journal. 2018. 50. 11. 1043-1049
  • 責任著者, 松田 靖弘, 共著者, 松浦 一喜, 田坂 茂. シンジオタクチックポリメタクリル酸メチルの構造に及ぼすテトラヒドロフランとアルミナナノ粒子界面の影響. 高分子論文集. 2018. 75. 3. 275-279
  • Kazuki Matsuura, Yasuhiro Matsuda, Shigeru Tasaka. Metastable interface formation in isotactic poly(methyl methacrylate)/alumina nanoparticle mixtures. Polymer Journal. 2018. 50. 5. 375-380
もっと見る
MISC (7件):
  • 松田靖弘. 二重らせん構造増粘多糖類のキャラクタリゼーション. LSアドバンス. 2018. 17. 2-9
  • 松田靖弘. 溶液中の高分子構造解析はみみずの身体測定?. 生物工学. 2018. 96. 11. 654-654
  • 松田 靖弘. 溶液中、ゲル中における生物由来高分子の構造解析. オレオサイエンス. 2018. 18. 6. 293-295
  • 松田 靖弘. 天然および生体親和性高分子の溶液中での集合体形成とレオロジー特性変化. 日本レオロジー学会誌. 2017. 45. 5. 209-216
  • 松田 靖弘. 微細界面構造を利用したユニバーサルソルベントゲルの構築. 繊維学会誌. 2015. 71. 10. 495-498
もっと見る
書籍 (5件):
  • 構造制御による革新的ソフトマテリアル創成
    化学同人 2018
  • 透明性を損なわないフィルム・コーティング剤への機能性付与
    技術情報協会 2012
  • 感動繊維の独創から共創へ
    静岡学術出版 2011
  • ACS symposium Series Book: 1024 (Controlled/Living Radical Polymerization: Progress in RAFT, DT, NMP & OMRP) (Synthesis and Reaction of Well-defined Copolymers with Thermally Exchangeable Dynamic Covalent Bonds in the Side Chains)
    American Chemical Society 2009
  • Polymer Tribology (Chapter 18 Tribological Behavior of Polymer Brush Prepared by the ''Grafting-from'' Method)
    Imperial College Press 2009
講演・口頭発表等 (269件):
  • 中性および酸性での増粘多糖類キサンタンの熱変性・再性
    (高分子基礎研究会2019 2019)
  • 有機シラン化合物を用いたハードコート液中でのレオロジー特性の経時変化
    (第67回レオロジー討論会 2019)
  • エタノール/水混合溶媒中における ポリホスホリルコリンブラシの共貧溶媒効果
    (第9回CSJ化学フェスタ2019 2019)
  • 増粘多糖類キサンタンの酸性での変性・再性
    (第67回レオロジー討論会 2019)
  • ポリ乳酸ゲルにブロック共重合体を導入することによる粘弾性の変化
    (第67回レオロジー討論会 2019)
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 2006 大阪大学 高分子科学専攻
  • - 2006 大阪大学
  • - 2002 大阪大学 化学科
  • - 2002 大阪大学
学位 (1件):
  • 博士(理学) (大阪大学)
経歴 (4件):
  • 2006 - 2007 九州大学先導物質化学研究所非常勤研究員
  • 2006 - 2007 Research Associate, Institute for Materials Chemistry and Engineering, Kyushu University
  • 2007 - - 静岡大学工学部助教
  • 2007 - - Assistant Professor, Faculty of Engineering, Shizuoka University
委員歴 (4件):
  • 2018/04 - 2019/03 文部科学省 科学技術・学術政策研究所 科学技術予測センター 専門調査員
  • 2011/04 - 2012/03 東海高分子研究会 幹事
  • 2010/04 - 2011/03 繊維学会 東海支部幹事
  • 2010/04 - 日本レオロジー学会 中部支部幹事
受賞 (5件):
  • 2018/07 - 高分子学会関西支部 ヤングサイエンティスト講演賞 ナノファイバー構造によるポリ乳酸ゲルの創製と制御
  • 2017/05 - 高分子学会 Polymer Journal論文賞-日本ゼオン賞
  • 2017/05 - 日本レオロジー学会 日本レオロジー学会奨励賞
  • 2015/06 - 繊維学会 繊維学会奨励賞
  • 2015/05 - 東海化学工業会 東海化学工業会賞
所属学会 (6件):
東海高分子研究会 ,  日本接着学会 ,  高分子学会 ,  日本レオロジー学会 ,  アメリカ化学会 ,  繊維学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る