研究者
J-GLOBAL ID:200901059228703519   更新日: 2020年05月10日

二上 政夫

フタカミ マサオ | Futakami Masao
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 地球生命科学 ,  科学教育
研究キーワード (4件): 博物館学 ,  層位・古生物学 ,  Museology ,  Stratigraphy ・ Palaeontology
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 東アジアの白亜系の海成層と非海成層の対比と古生物地理学的意義
  • サハリンの白亜系の層序・古生物学的研究と北太平洋地域の白亜紀事変の検討
  • Correlation of the Cretaceous nonmarine & marine formations in East Asia and its palaeobiogeographical condition.
  • Cretaceous in Sakhalin and Cretaceous events in N. Pacific.
MISC (59件):
  • 千葉県白浜町に分布する千倉層群白間津層の含シロウリガイ化石礫状岩-泥ダイアピルの例として-. 地質学雑誌. 2001. 107(10), 611-619
  • 中里効果-科学研究の社会的還元と学校教育・生涯学習の提案-. 地学教育. 2000. 53. 3. 85-95
  • The Nakasato Effect - Social reduction and proposal of school and lifelong education based on geological study-. Education of Earth Science. 2000. 53. 3. 85-95
  • 北海道奔別川に露出する下部白亜系の地質・古生物および古環境学的調査報告-中部蝦夷層群主部層-(共著). 北海道開発局石狩川開発建設部. 1998. 1-69
  • Stratigraphy and Palaeontology of the Lower Cretaceous along the Pombetsu River in Hokkaido, Japan Part2 : Main part of the Middle Yezo Group. The Ishikari River Local Head Office Hokkaido Development Breau. 1998. 1-69
もっと見る
書籍 (5件):
  • 世界の化石大百科
    河出書房新社 2000
  • 原色ワイド図鑑-地球と岩石・化石-(共著)
    学習研究社 1994
  • Distribution of Some Turonian and Coniacian Collignoniceration Ammonites(in Cephalopods-Present and Past)
    Schweizerbart 'sche Verlagsbuchhandlung, Stuttgart 1988
  • 現代総合科学教育大系SOPHIA21
    講談社 1984
  • 恐竜の時代を復元する
    出光書店
Works (6件):
  • 北海道三笠市桂沢地域の白亜系
    2002 -
  • Stratigraphy and Paleontology of the Cretaceous in the Katsurazawa area, Mikasa, Hokkaido
    2002 -
  • 奔別地域に分布する下部白亜系の化石層序
    1993 -
  • サハリン南部に分布する白亜系の層序学的研究
    1993 -
  • Biostratigraphy of the Lower Cretaceaus in the Pombetsu area, Hokkaido.
    1993 -
もっと見る
学位 (1件):
  • 理学博士 (九州大学)
委員歴 (1件):
  • 1995 - 2001 日本地学教育学会 評議員・常務委員
所属学会 (5件):
日本展示学会 ,  全日本博物館学会 ,  日本地学教育学会 ,  日本古生物学会 ,  日本地質学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る