研究者
J-GLOBAL ID:200901059451341530   更新日: 2003年12月14日

大村 益夫

オオムラ マスオ | Omura Masuo
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 文学一般 ,  中国文学
研究キーワード (4件): 中国朝鮮族文学 ,  朝鮮文学 ,  Korean Literature in China ,  Korean Literature
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2000 - 2002 日朝文学の関連様相
  • 2000 - 2002 The relations between Japanese literature and Koreans.
  • 尹東柱詩研究
  • 旧「満州」における朝鮮人の文学活動
  • A study of Yun Tongju poem.
全件表示
MISC (10件):
  • 早稲田出身の朝鮮人文学者. 語研フォーラム. 2001. 14. 1-22
  • 共和国における金朝奎の足跡と作品改作. 朝鮮学会『朝鮮学報』176・177輯. 2000. 176・177. 101-134
  • コップ朝鮮協議会と『ウリトンム』. 語研フォーラム11号. 1999. 11. 1-24
  • 対談「韓国文学にとって日本とは何か」(訳題). 季刊文学評論. 1998. 2. 3. 11-37
  • 詩人金龍済研究-訃報と新発見資料. 世界文学. 1994. 80. 27-35
もっと見る
書籍 (25件):
  • 日本文学の中に表われた朝鮮戦争(原文ハングル)
    韓国文学許論豪協会国際シンポジウム記録『世界文学の視角から見た朝鮮戦争』共著 2003
  • 『中国朝鮮核文学の歴史と展開』
    緑蔭書房(単著) 2003
  • 詩集『東方』前後の金朝奎(原文ハングル)共著
    『〈金朝奎詩全集〉出版記念学術報告会論文集』(中国出版) 2002
  • 日本における朝鮮現代文学の研究および翻訳について(原文ハングル)共著
    『東亜細亜叙事文学研究』(韓国出版)、韓国古典文学会 2002
  • 金昌傑研究試論(『朝鮮近代文学者と日本』所収)
    大村研究室(科研費研究成果報告書) 2002
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 1962 東京都立大学 中国文学
  • - 1962 東京都立大学
  • - 1957 早稲田大学
学位 (1件):
  • 文学修士 (東京都立大学)
経歴 (2件):
  • 1972 - 2002 早稲田大学 教授
  • 1972 - 2002 professor, waseda Uni.
委員歴 (2件):
  • 1997 - 2001 朝鮮学会 常任幹事
  • 1995 - 2001 国際高麗学会 評議員
所属学会 (2件):
朝鮮学会 ,  国際高麗学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る