研究者
J-GLOBAL ID:200901059707444811   更新日: 2020年05月27日

川添 美央子

カワゾエ ミオコ | Mioko Kawazoe
所属機関・部署:
職名: 教授
論文 (11件):
  • 川添 美央子. スピノザの寛容論における神学と哲学. 慶應義塾大学日吉紀要 社会科学. 2017. 28. 19-40
  • 川添 美央子. 意志と理性の結託と緊張:ホッブズ政治思想三部作の比較考察. 政治思想研究. 2016. 16. 6-30
  • 川添 美央子. スピノザにおける感情と社会形成. 慶應義塾大学日吉紀要 社会科学. 2015. 25. 15-35
  • 川添 美央子. ホッブズと慈悲深い神--Leo Strauss, Hobbes's Critique of Religion and Related Writingsを読む. 『政治哲学』. 2014. 17. 144-153
  • 川添 美央子. 「国家」と「善い国家」-スピノザはホッブズのアポリアを克服しえたか. 『スピノザーナ』. 2013. 13. 15-37
もっと見る
MISC (4件):
  • 川添 美央子. 書評:武井敬介『国家・教会・個人:ジョン・ロックの世俗社会認識論』(京都大学学術出版会). ピューリタニズム研究. 2018. 12. 58-59
  • 川添 美央子. ホッブズ研究の現在-精神史、哲学史. イギリス哲学研究. 2012. 35. 150-158
  • 川添 美央子. 書評:マイケル・オークショット(中金聡訳)『リヴァイアサン序説』(法政大学出版会)2007年. 『イギリス哲学研究』. 2010. 33. 139-141
  • 川添 美央子. 書評:柴田寿子『リベラル・デモクラシーと神権政治-スピノザからレオ・シュトラウスまで』(東京大学出版会). 『スピノザーナ』. 2010. 10. 81-85
書籍 (3件):
  • ライプニッツ著作集第II期第2巻 法学・神学・歴史学
    工作舎 2016 ISBN:9784875024774
  • 『コミュニティ政策研究の課題』
    三恵社 2010 ISBN:9784883617180
  • 『ホッブズ 人為と自然-自由意志論争から政治思想へ』
    創文社 2010 ISBN:9784423710739
委員歴 (4件):
  • 2016/04/01 - 現在 イギリス哲学会 会計監査
  • 2016/04/01 - 現在 イギリス哲学会 会計監査
  • 2010/04/01 - 2013/03/31 イギリス哲学会 理事
  • 2010/04/01 - 2013/03/31 イギリス哲学会 理事
所属学会 (3件):
政治思想学会 ,  イギリス哲学会 ,  スピノザ協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る