研究者
J-GLOBAL ID:200901059804024452   更新日: 2020年10月02日

SKIER ERIC M

エリック スカイヤー | SKIER ERIC M
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 医療薬学
研究キーワード (4件): Global Health Issues ,  薬学英語 ,  教材開発 ,  実践的薬学英語
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2017 - 2020 6年制薬学生のための英語コミュニケーション能力開発研究
  • 2012 - 2014 6年制薬学生のための実用薬学英語教材の研究開発
論文 (1件):
  • Kawano, M, Skier, E.M, Takeuchi, F, Horiuchi, M, Kaneko, T. English Education at Schools of Pharmacy in Japan: Meeting Curricular Needs Through Authentic ESP Materials. Asian EFL Journal. 2013. 27. 551-555
MISC (3件):
  • OSCE とそのカリキュラムとしての役割:米国カリフォルニア大学サンフランシスコ校における試み. ファルマシア. 2011. 12. 1154-1155
  • UCSFにおけるOSCE(客観的臨床能力試験)の印象記. 都薬雑誌. 2011. 10. 30-33
  • アメリカにおけるアカデミック・ライティング教育. インターナショナルナーシングレビュ日本版. 2011. 34. 16-22
書籍 (10件):
  • 実用薬学英語、日本薬学会編
    東京化学同人 2015
  • 薬学生のための実践英語
    東京化学同人 2014
  • 薬学生・薬剤師のための英会話ハンドブック 第2版
    東京化学同人 2014
  • Pharmaceutical English 2.改訂版
    Seibido 2013
  • Pharmaceutical English 1.改訂版
    成美堂 2013
もっと見る
講演・口頭発表等 (14件):
  • 薬局窓口の実用英会話
    (第252回 東京薬科大学卒後教育講座 2015)
  • 6年制薬学生のための「実用薬学英語」教材の研究開発」最終報告
    (日本薬学会 第135年会, 神戸市 2015)
  • Student pharmacists studying abroad: Unexpected issues with language, culture, and manners
    (The Japan Association of College English Teachers (JACET) 53rd International Convention, Hiroshima 2014)
  • UCSF見学から薬系英語教員が学んだこと:教材開発の視点から
    (日本薬学会 第134年会 2014)
  • Results and issues found in a national survey on English education at pharmacy schools under the six-year curriculum
    (第7回 JACET 関東支部大会 2013)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2002 Teachers College, Columbia University
  • - 1991 United States International University International Relations
学位 (1件):
  • M.A. TESOL (Teachers College, Columbia University)
経歴 (1件):
  • 日本大学 (Nihon University) 薬学部 (School of Pharmacy) 准教授 (Associate Professor)
受賞 (1件):
  • 2005/03/01 - 東京薬科大学 Yoshida Nakako Award for Excellence in Education Recipient
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る