研究者
J-GLOBAL ID:200901059839547199   更新日: 2020年08月30日

牛島 邦晴

ウシジマ クニハル | Ushijima Kuniharu
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.rs.tus.ac.jp/kuniharu/
研究分野 (1件): 材料力学、機械材料
研究キーワード (1件): 計算力学,
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2002 - 2004 円筒の軸圧壊に関する研究
  • 2002 - 2004 Study on circular tubes under avial leading
論文 (70件):
  • 小池 雄介, 牛島 邦晴, 加藤 準治. グランドストラクチャ法に基づくサンドイッチラティス梁の最適化設計に関する研究. 日本計算工学会論文集. 2019. 2019
  • Ayumi Omachi, Kuniharu Ushijima, Yuta Nagakura, Wesley J Cantwell. The effect of micro-architecture on the failure response of multi-layered lattice sandwich panels under three-point loading. Journal of Sandwich Structures & Materials. 2019
  • Ayumi Omachi, Kuniharu Ushijima, Dai-Heng Chen, Wesley J. Cantwell. Prediction of failure modes and peak loads in lattice sandwich panels under three-point loading. Journal of Sandwich Structures & Materials. 2018
  • Dai-Heng Chen Kuniharu, Ushijima Wesley, J.Cantwell. Brittle failure criteria for components containing U-notches under Mode I loading. Engineering Fracture Mechanics. 2018. 200. 86-103
  • 牛島邦晴, 小野翔. 曲げとねじりを受ける隔壁付き角筒の強度評価. 設計工学. 2018. 53. 2. 185-196
もっと見る
MISC (12件):
  • 牛島邦晴. ラティス構造を利用した材料の機能化. 機能材料. 2016. 36. 12. 35-39
  • 牛島 邦晴. AM技術を応用した金属製三次元セル構造の作成方法. 日本機械学会誌. 2015. 118. 1154. 30-31
  • Taisuke Sakaki, Kanta Aoki Kuniharu, Ushijima Mihoko, Sakuragi Keiichi, MIYANAGA. Robotic Stretcher for Spinal Muscular Atrophy Patient:Preliminary Tests of User Controllability. Proceedings of the 10th International Conference on Ubiquitous Robots and Ambient Intelligence. 2013
  • Taisuke SAKAKI, Takayuki IRIBE Kuniharu, USHIJIMA Kanta, AOKI Mihoko, SAKURAGI Keiichi MIYANAGA. Robotic Stretcher for SMA Patient. Proceedings of SICE Annual Conference 2010. 2010. 1534-1539
  • 陳ダイコウ 牛島邦晴. Estimation of Maximum Compressive Load for Circular Tubes under Axial Impact. Proceedings of the 2nd International Symposium of Digital Manufacturing. 2009. 95-101
もっと見る
特許 (1件):
  • 衝撃吸収部材およびその設計方法
書籍 (1件):
  • 理工系の基礎 工学の基幹数学
    丸善出版 2018 ISBN:462130268X
講演・口頭発表等 (100件):
  • Modified brittle fracture criterion satisfying necessity stress and energy conditions for U-notch components
    (The International Conference on Computational & Experimental Engineering and Sciences 2019)
  • オープンセル構造体の伝熱特性および圧力損失に関する研究
    (日本機械学会第31回計算力学講演会 2018)
  • 積層造形下での制約を考慮したラティス構造の最適化設計
    (日本機械学会第31回計算力学講演会 2018)
  • SYSWELDを用いたマイクロラティス構造の積層造形シミュレーション
    (PUCA 2018-ESI Users' Forum Japan 2018)
  • 選択的レーザ溶融法で造形したマイクロラティス構造の特性評価
    (第26回機械材料・材料加工技術講演会(M&P2018) 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2002 東京理科大学 機械工学
  • - 1997 東京理科大学 機械工学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京理科大学)
委員歴 (6件):
  • 2018/04/01 - 2020/03/31 日本機械学会 材料力学部門 講習会委員長
  • 2018/04/01 - 2020/03/31 日本機械学会 『機能材料と構造の力学研究会』幹事
  • 2015/04/01 - 2019/03/31 日本設計工学会 校閲運営委員会委員
  • 2017/04/01 - 2018/03/31 日本機械学会 関東支部 商議員
  • 2016/04/01 - 2018/03/31 日本機械学会 材料力学部門 講習会副委員長
全件表示
受賞 (2件):
  • 2016/10/25 - 優秀ポスター賞
  • 1999/12/03 - 平成11年度日本機械学会材料力学部門優秀講演表彰
所属学会 (2件):
日本設計工学会 ,  日本機械学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る