研究者
J-GLOBAL ID:200901059860830615   更新日: 2021年04月21日

丸岡 照幸

マルオカ テルユキ | Maruoka Teruyuki
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (2件): 環境動態解析 ,  宇宙惑星科学
研究キーワード (7件): 地下水 ,  大量絶滅 ,  質量分析 ,  安定同位体 ,  考古化学 ,  惑星科学 ,  地球化学
論文 (71件):
  • Oyunjargal, Luvsannyam, Hayashi, Ken-ichiro, Maruoka, Teruyuki. Geological, mineralogical, and oxygen isotope studies of the Chandmani Uul iron oxide-copper-gold deposit in Dornogobi Province, Southeastern Mongolia. RESOURCE GEOLOGY. 2020. 70. 3. 233-253
  • Maruoka, Teruyuki, Isozaki, Yukio. Sulfur and carbon isotopic systematics of Guadalupian-Lopingian (Permian) mid-Panthalassa: delta S-34 and delta C-13 profiles in accreted paleo-atoll carbonates in Japan. ISLAND ARC. 2020. 29. 1
  • Sepahi, Ali A, Ghoreishvandi, Hamid, Maanijou, Mohammad, Maruoka, Teruyuki, Vahidpour, Hamed. Geochemical description and sulfur isotope data for Shahrak intrusive body and related Fe-mineralization (east Takab), northwest Iran. ISLAND ARC. 2020. 29. 1
  • Galdenzi, Sandro, Maruoka, Teruyuki. Sulfuric acid caves in Calabria (South Italy): Cave morphology and sulfate deposits. GEOMORPHOLOGY. 2019. 328. 211-221
  • 黒澤, 正紀, 池端 慶, 荒川 洋二, 丸岡 照幸, 笹 公和. 都市鉱山の起源:金属濃集からみた古代都市化. 新学術領域「都市文明の本質:古代西アジアにおける都市の発生と変容の学際研究」2018年度研究成果報告 (山田重郎編). 2019. 131-136
もっと見る
書籍 (9件):
  • 改訂版 地球進化学 (地球学シリー ズ2)
    古今書院 2020
  • Astrobiology: From the Origins of Life to the Search for Extraterrestrial Intelligence
    Springer 2019 ISBN:9789811336386
  • 西アジア文明学への招待
    2014
  • アストロバイオロジー-宇宙に生命の起源を求めて
    化学同人 2013
  • 地球と宇宙の化学事典
    朝倉書店 2012
もっと見る
講演・口頭発表等 (22件):
  • 炭素・硫黄安定同位体組成による古環境変動解析
    (日本質量分析学会同位体比部会研究会 2020)
  • 白亜紀末隕石衝突に伴って何が起きたのか:親銅元素組成をもとにした環境復元
    (日本地球化学会第67回オンライン年会 2020)
  • Cu- or Ag-enriched grains in the K-Pg boundary clays: New evidence for acid rain immediately after the meteorite impact
    (JpGU-AGU Joint Meeting 2020:Virtual 2020)
  • 微量元素組成による古環境変動解析:白亜紀末生物大量絶滅イベントを例として
    (第68回質量分析総合討論会 2020)
  • Origin of chalcophile trace elements in the cretaceous-paleogene boundary clays from Stevns Klint in Denmark
    (Geological Society of America Annual Meeting 2019)
もっと見る
学位 (2件):
  • 博士(理学) (大阪大学)
  • Doctor of Science (Osaka University)
委員歴 (6件):
  • 2018/01 - 2019/09 日本地球化学会 理事、企画幹事
  • 2016/01 - 2017/12 日本地球化学会 評議員
  • 2014/04 - 2017/03 日本質量分析学会 編集委員
  • 2013/04 - 2017/03 日本質量分析学会 委員
  • 2012/01 - 2013/12 日本地球化学会 評議員
全件表示
所属学会 (5件):
Geochemical Society ,  Meteoritical Society ,  日本質量分析学会 ,  日本惑星科学会 ,  日本地球化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る