研究者
J-GLOBAL ID:200901059876745847   更新日: 2021年06月12日

荒木 崇

アラキ タカシ | Araki Takashi
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): http://www.lif.kyoto-u.ac.jp/labs/plantdevbio/index.html
研究分野 (3件): 発生生物学 ,  植物分子、生理科学 ,  遺伝学
研究キーワード (13件): 精子形成 ,  光周性 ,  ゼニゴケ ,  シロイヌナズナ ,  配偶子形成 ,  生殖系列 ,  花成 ,  生殖生物学 ,  発生生物学 ,  植物生理学 ,  植物分子遺伝学 ,  Plant Physiology ,  Plant Molecular Genetics
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 分裂組織の機能の分子遺伝学的解析
  • 花葉器官の細胞分化過程の分子遺伝学的解析
  • 花芽誘導過程の分子遺伝学的解析
  • Molecular geuetic analysis of meristem function
  • Molecular Genetic Analysis of terminal Cell Differentiation in Floral Organogenesis
全件表示
論文 (100件):
MISC (85件):
書籍 (25件):
  • 三訂版『植物の科学』
    放送大学教育振興会 2021
  • 環境Eco選書14 『日本のハンミョウ』
    北隆館 2019 ISBN:9784832607644
  • 『テイツ/ザイガー 植物生理学・発生学 原著第6版』
    講談社サイエンティフィク 2017
  • 『新しい植物ホルモンの科学 第3版』
    講談社サイエンティフィク 2016
  • ナボコフへの招待3「パグからブルーへ 鱗翅類学者としてのナボコフ」(秋草 俊一郎(編・訳)『ナボコフの塊』挟み込み付録)
    作品社 2016
もっと見る
講演・口頭発表等 (185件):
  • 栄養素の輸送を介した器官間でのカップリングが概日時計の安定性を高める
    (第62回日本植物生理学会年会 2021)
  • 苔類ゼニゴケの遠赤色光・日長依存的な成長相転換の分子機構の解析
    (第62回日本植物生理学会年会 2021)
  • ゼニゴケにおける植物特異的BZR転写因子の役割
    (第62回日本植物生理学会年会 2021)
  • ゼニゴケの精子形成における精細胞特異的ヒストンH1 バリアントの役割
    (第62回日本植物生理学会年会 2021)
  • Understanding plant sperm cell differentiation using basal land plants and Charophyte algae
    (第43回日本分子生物学会年会(オンライン開催) 2020)
もっと見る
Works (4件):
  • 植物生殖成長のキープロセスを続御する分子機構の解明
    2000 - 2006
  • Molecular mechanisms of key processes in plant reproductire development
    2000 - 2006
  • 植物における栄養・生殖成長切換の分子機構
    1997 - 2001
  • Study of molecular switches for the reproductive development in planits.
    1997 - 2001
学歴 (3件):
  • 1986 - 1992 東京大学 植物学専攻
  • 1984 - 1986 東京大学 生物学科 植物学専攻
  • 1982 - 1984 東京大学
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東京大学)
経歴 (9件):
  • 2007/07 - 現在 放送大学 客員教授/主任講師
  • 2006/05 - 現在 京都大学大学院生命科学研究科 教授
  • 2006/05 - 2007/03 国立遺伝学研究所・応用遺伝研究部門(客員部門) 客員教授
  • 2004/04 - 2006/05 国立遺伝学研究所・応用遺伝研究部門(客員部門) 客員助教授
  • 2001/04 - 2006/05 京都大学大学院理学研究科 助教授
全件表示
委員歴 (11件):
  • 2015/01 - 2020/12 日本発生生物学会 Editorial Board, Development, Growth & Differentiation
  • 2014/01 - 2019/12 日本植物生理学会 代議員
  • 2012/07 - 2018/06 日本植物学会 代議員
  • 2013/01 - 2016/12 日本植物生理学会 Editor, Plant & Cell Physiology
  • 2013/04 - 2016/03 日本植物生理学会 論文賞選考委員
全件表示
受賞 (8件):
  • 2010/09 - 日本植物学会 2010 年度 日本植物学会 JPR 論文賞(共同受賞・代表) Notaguchi, M. et al. (2009) J. Plant Res. 122, 201-214.
  • 2010/03 - 日本園芸学会 平成 22 年度 園芸学会年間優秀論文賞(共同受賞) Endo, T. et al. (2009) J. Japan. Soc. Hort. Sci. 78, 74-83.
  • 2009/05 - 木原記念財団 第 17 回 木原記念財団学術賞 「植物の花成を調整する分子機構」
  • 2007/03 - 日本植物生理学会 第 14 回(2007 年度)日本植物生理学会論文賞(共同受賞・代表) Yamaguchi, A. et al. (2005) Plant Cell Physiol. 46, 1175-1189.
  • 2007/03 - 日本学術振興会 第 3 回(平成 18 年度)日本学術振興会賞 「高等植物の花成の制御機構の研究」
全件表示
所属学会 (6件):
日本植物学会 ,  日本植物生理学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本ナボコフ協会 ,  日本発生生物学会 ,  日本植物形態学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る