研究者
J-GLOBAL ID:200901060110006668   更新日: 2020年09月01日

菊池 有一郎

キクチ ユウイチロウ | YUICHIRO KIKUCHI
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (1件): 常態系口腔科学
研究キーワード (2件): 病原微生物学 ,  Microbiology
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2018 - 2021 歯周病原性菌による宿主細胞のエピジェネティクスな変化の解析による歯周病の病態解明
  • 2018 - 2021 口腔細菌カプノサイトファガをトリガー細菌とする歯周病発症機構の解明
  • 2016 - 2019 Treponema denticolaの上皮細胞侵入機構と病原性惹起機構の解明
  • 2015 - 2018 根尖性歯周組織炎・口腔底蜂窩織炎病巣細菌の網羅的解析による病態-菌種間関係の解明
  • 2014 - 2017 歯周病原細菌のECFシグマ因子を利用した新たな歯周病予防法の開発
全件表示
論文 (28件):
  • Yuichiro Kikuchi, Koji Ishihara. Characterization of the Treponema denticola Virulence Factor Dentilisin. Methods Mol Biol. 2021. 173-184
  • Yuichiro Kikuchi, Ryuta Kimizuka, Tetsuo Kato, Katsuji Okuda, Eitoyo Kokubu, Kazuyuki Ishihara. Treponema denticola Induces Epithelial Barrier Dysfunction in Polarized Epithelial Cells. The Bulletin of Tokyo Dental College. 2018. 59. 4. 265-275
  • Tomohiro Asai, Kazuko Okamoto-Shibayama, Yuichiro Kikuchi, Kazuyuki Ishihara. Characterization of a novel potential peptide import system in Treponema denticola. Microbial pathogenesis. 2018. 123. 467-472
  • Mariko Tanno-Nakanishi, Yuichiro Kikuchi, Eitoyo Kokubu, Satoru Yamada, Kazuyuki Ishihara. Treponema denticola transcriptional profiles in serum-restricted conditions. FEMS microbiology letters. 2018. 365. 16
  • Yoshikawa K, Kikuchi Y, Kokubu E, Imamura K, Saito A, Ishihara K. Identification of a specific domain of Porphyromonas gingivalis Hgp44 responsible for adhesion to Treponema denticola. Pathog Dis. 2018. 76. 1-8
もっと見る
MISC (91件):
  • 菊池 有一郎, 柴山 和子, 国分 栄仁, 石原 和幸. 口腔細菌Capnocytophaga ochracea OxyR変異株の性状解析(Characterization of an OxyR-deficient mutant of Capnocytophaga ochracea). 日本細菌学雑誌. 2020. 75. 1. 81-81
  • 深澤 俊也, 北村 友里恵, 山下 慶子, 菊池 有一郎, 国分 栄仁, 奥山 慶子, 藤本 芳弘, 齋藤 淳, 石原 和幸. Treponema denticolaの環境ストレス応答機構の解明. 日本歯周病学会会誌. 2019. 61. 秋季特別. 140-140
  • 村松 敬, 木村 麻記, 東川 明日香, 大野 建州, 菊池 有一郎, 喜田 大智, 国分 栄仁, 柴山 和子, 櫻井 敦朗, 澁川 義幸, et al. 歯学の進歩・現状 顎骨疾患プロジェクトからの情報発信 根尖部歯周組織の病態生物学. 歯科学報. 2019. 119. 5. 365-370
  • 北村 友里恵, 菊池 有一郎, 国分 栄仁, 齋藤 淳, 石原 和幸. Treponema denticolaにおける表層病原性成分の発現調節機構の解明. Journal of Oral Biosciences Supplement. 2019. 2019. 252-252
  • 菊池 有一郎, 柴山 和子, 国分 栄仁, 石原 和幸. 口腔細菌カプノサイトファガのOxyR変異株作製. Journal of Oral Biosciences Supplement. 2019. 2019. 285-285
もっと見る
講演・口頭発表等 (3件):
  • コア研究部門成果報告 口腔分子シグナル制御研究部門
    (2018年度東京歯科大学口腔科学研究センターワークショップ 2019)
  • 歯周病原細菌の環境ストレス回避機構を標的とした新規治療戦略の開発
    (平成27年度東京歯科大学口腔科学研究センターワークショップ 2016)
  • 歯周病原細菌のバイオフィルム形成因子の探索
    (日本細菌学会 第7回若手研究者育成のためのワークショップ 「若手研究者によるバイオフィルム研究ワークショップ」 2013)
学歴 (4件):
  • - 2005 長崎大学
  • - 2005 長崎大学
  • - 1999 長崎大学 歯学科
  • - 1999 長崎大学
学位 (1件):
  • 博士(歯学) (長崎大学)
経歴 (3件):
  • 2018/04 - 現在 東京歯科大学 微生物学講座 講師
  • 2012/04 - 2018/03 東京歯科大学 微生物学講座 助教
  • 2005/04 - 2012/03 松本歯科大学歯学部 助教
受賞 (1件):
  • 2005 - 長崎大学歯学研究科長賞
所属学会 (6件):
日本分子生物学会 ,  歯科基礎医学会 ,  日本細菌学会 ,  The Molecular Biology Society of Japan ,  Japanese Association for Oral Biology ,  Japanese Society for Bacteriology
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る