研究者
J-GLOBAL ID:200901060220561403   更新日: 2020年09月01日

高木 智久

タカギ トモヒサ | Tomohisa Takagi
所属機関・部署:
研究分野 (3件): 消化器内科学 ,  医療管理学、医療系社会学 ,  食品科学
研究キーワード (4件): 炎症性腸疾患 ,  酸化ストレス ,  腸内細菌叢 ,  機能性食品
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2018 - 2019 法施行前より実施中の特定臨床研究に関する調査
  • 2016 - 2019 炎症性腸疾患に対する局所制御型一酸化炭素遊離薬の開発
  • 2013 - 2016 カロテノイ ド類の生体調節機能に着目した抗メタボ食品提供技術の開発とその効果の実証研究
  • 2013 - 2016 HO-1/CO 系を基軸とした抗炎症性マクロファージ誘導と腸管炎症制御機構の解明
  • 2013 - 2014 大腸炎症病態における抗酸化酵素Peroxiredoxin-4 の役割に関する検討
全件表示
論文 (256件):
  • Yasuki Higashimura, Tomohisa Takagi, Yuji Naito, Kazuhiko Uchiyama, Katsura Mizushima, Makoto Tanaka, Masahide Hamaguchi, Yoshito Itoh. Zinc Deficiency Activates the IL-23/Th17 Axis to Aggravate Experimental Colitis in Mice. Journal of Crohn's & colitis. 2020. 14. 6. 856-866
  • Takahiro Nakano, Kazuhiko Uchiyama, Chihiro Ushiroda, Saori Kashiwagi, Yuki Toyokawa, Katsura Mizushima, Ken Inoue, Osamu Dohi, Tetsuya Okayama, Naohisa Yoshida, et al. Promotion of wound healing by acetate in murine colonic epithelial cell via c-Jun N-terminal kinase activation. Journal of gastroenterology and hepatology. 2020
  • Fukui A, Takagi T, Naito Y, Inoue R, Kashiwagi S, Mizushima K, Inada Y, Inoue K, Harusato A, Dohi O, et al. Higher Levels of Streptococcus in Upper Gastrointestinal Mucosa Associated with Symptoms in Patients with Functional Dyspepsia. Digestion. 2020. 101. 1. 38-45
  • Osamu Dohi, Naohisa Yoshida, Yuji Naito, Takuma Yoshida, Tsugitaka Ishida, Yuka Azuma, Hiroaki Kitae, Shinya Matsumura, Shun Takayama, Kazuyuki Ogita, et al. Efficacy and safety of endoscopic submucosal dissection using a scissors-type knife with prophylactic over-the-scope clip closure for superficial non-ampullary duodenal epithelial tumors. Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society. 2019
  • Takeshi Ishikawa, Tomoyo Yasuda, Tetsuya Okayama, Osamu Dohi, Naohisa Yoshida, Kazuhiro Kamada, Kazuhiko Uchiyama, Tomohisa Takagi, Hirotaka Konishi, Atsushi Shiozaki, et al. Early administration of pegfilgrastim for esophageal cancer treated with docetaxel, cisplatin, and fluorouracil: A phase II study. Cancer science. 2019. 110. 12. 3754-3760
もっと見る
MISC (661件):
  • 梶原 真理子, 内山 和彦, 堅田 和弘, 鎌田 和浩, 半田 修, 高木 智久, 内藤 裕二. 潰瘍性大腸炎における生物学的製剤の治療効果予測に関する検討. 潰瘍. 2019. 46. 72-72
  • 内山 和彦, 高木 智久, 堅田 和弘, 鎌田 和浩, 半田 修, 内藤 裕二. 一酸化炭素(CO)による大腸粘膜の炎症抑制、上皮再生に関する検討. 潰瘍. 2019. 46. 73-73
  • 柏木 里織, 内山 和彦, 向井 理英子, 中野 貴博, 堅田 和弘, 鎌田 和浩, 半田 修, 高木 智久, 内藤 裕二. GPR109A受容体は酪酸によるHSP25誘導を介して大腸粘膜上皮保護作用を発揮する. 潰瘍. 2019. 46. 74-74
  • 中野 貴博, 内山 和彦, 柏木 里織, 向井 理英子, 堅田 和弘, 鎌田 和浩, 半田 修, 高木 智久, 内藤 裕二. 酢酸の大腸上皮細胞の創傷治癒はJNKシグナルを介したRhoの活性化により誘導される. 潰瘍. 2019. 46. 80-80
  • 橋本 善隆, 濱口 真英, 鍛冶 亜由美, 井上 亮, 柏木 里織, 水島 かつら, 内山 和彦, 高木 智久, 内藤 裕二, 福井 道明. 日本人2型糖尿病において糖質摂取ではなくショ糖摂取が腸内細菌叢に影響を与える. 糖尿病. 2019. 62. Suppl.1. S-107
もっと見る
特許 (8件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (9件):
  • シンポジウム2「酸化ストレスと疾病メカニズムの新知見」腸管炎症病態におけるHeme oxygenase-1/Carbon monoxide系の新規治療標的分子としての可能性
    (第71回日本酸化ストレス学会・第18回日本NO学会合同学術集会 2018)
  • シンポジウム5「慢性便秘症診療ガイドラインを踏まえた便秘症診療の現状」16S rRNAメタゲノム解析による日本人腸内細菌叢情報:ブリストル便スコアからみた特徴.
    (第104回日本消化器学会総会 2018)
  • シンポジウム(2)消化器と微小循環.The role of heme oxygenase-1 in intestinal ischemia/reperfusion injury in mice.
    (第42回微小循環学会 2017)
  • パネルディスカッション6「大腸炎の内視鏡診断と治療のコツ」新規内視鏡画像強調システムLinked Color Imaging(LCI)を用いた潰瘍性大腸炎の内視鏡的評価の試み
    (第91回日本消化器内視鏡学会総会 2016)
  • パネルディスカッション1「Translational medicineへの展開を目指した腸疾患研究」Carbon monoxideを治療分子とした新規治療法の探索
    (第102回日本消化器病学会総会 2016)
もっと見る
経歴 (18件):
  • 2019/04 - 現在 京都府立医科大学臨床研究推進機構臨床研究推進センター研究マネジメント部門 部門長
  • 2017/04 - 現在 京都府立医科大学 医療フロンティア展開学 准教授
  • 2013/04 - 現在 同志社大学 生命医科学部 連携教授
  • 2013/04 - 現在 京都府立医科大学附属病院内科学教室 消化器内科部門 准教授(併任)
  • 2015/04 - 2017/03 京都府立医科大学附属北部医療センター 消化器内科 医長
全件表示
委員歴 (19件):
  • 2018/07 - 現在 日本消化器病学会 Clinical Journal of Gastroenterology編集委員
  • 2018 - 現在 日本炎症性腸疾患学会 総務委員会
  • 2018 - 現在 日本消化器免疫学会 教育委員会
  • 2017 - 現在 日本酸化ストレス学会 利益相反委員会
  • 2017 - 現在 日本酸化ストレス学会 倫理委員会
全件表示
受賞 (15件):
  • 2019/02 - 日本消化管学会 最優秀サイテーション賞(Review)部門
  • 2015/06 - 日本酸化ストレス学会 学術賞
  • 2015/02 - Japanese Meeting on Digestive Diseases and Free Radicals. Yoshikawa Silver Award
  • 2011/11 - 第4回J-FD研究会 最優秀演題賞
  • 2008/05 - DDW; Digestive disease week, 2008 Distinguished Award
全件表示
所属学会 (11件):
日本微小循環学会 ,  日本抗加齢医学会 ,  日本フードファクター学会 ,  日本小腸学会 ,  日本潰瘍学会 ,  日本酸化ストレス学会 ,  日本消化器免疫学会 ,  日本消化管学会 ,  日本消化器内視鏡学会 ,  日本消化器病学会 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る